読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイプレスに負けるフロンターレ

フロンターレ
アウェイ新潟戦は、1-2で逆転負けを喫してしまいました。

大久保選手の個人技と言える見事なゴールで先制も、後半立て続けに2失点。新潟サポーターさんにとっては、ホームでの逆転勝利で、嬉しさもひとしおでしょう。

逆転負けは、なるべくしてなりましたね。決めるべきところで決めてれば…といつも言いますが、それは新潟も同じ。むしろ西部選手のビッグセーブを考えると、新潟の試合と言っていいと思います。西部選手は、甲府戦に続いてボールを弾いた先の選手に決められましたが、本人は悔しいでしょうが、その後のビッグセーブでプラスマイナスでプラスと言っていいと思います。

それよりも何よりも、やはりハイプレスに弱いですね。もちろん私みたいな素人が思うほど簡単ではないでしょう。それでも、今のフロンターレが目指しているスタイルは、ハイプレスをかわし、ボールをつないでゴールにせまるというものだと思います。風間監督のもと、そのスタイルを突き詰めるのであれば、言い訳はできないです。相手が前半からガンガンプレスにきても、ボールを動かしいなしながらゴールにせまる。相手が疲れてプレスに来れなくなれば、やりたい放題にやる。そのための技術を磨き練習してもらうしかないです。

あと、交代策については、素人には本当にわからないです。自分の無知を前提に言わせていただくと、いつも交代が遅く感じます。ただ、これは風間監督はじめスタッフからみると、まだ選手交代するほどやられてない、疲れてない、か、この後に及んでもベンチの選手よりピッチの選手の方がマシ、ということかもしれません。正直、素人には納得いかないですが、信じるしかありません。

選手コメント、特に大久保選手のコメントに興味があります。何て言うんだろう?

ともあれ、選手・スタッフ・現地へ行かれたみなさん、本当にありがとうございました。幸いにも水曜日にはホームに大宮を迎え撃ちます。しっかり休んで、ホームでの勝利に向かい応援していきます。