読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やはり敗戦は悔しい(天皇杯vs鳥栖)

TVでの観戦でした。

最終戦となってしまいました。
最終戦は最初に戻ってしまいました。

今シーズン序盤はこういう試合が多かったと思います。足元へのパスが多い。選手の動きが少ない。プレスに弱い。横パス・バックパスが多い…

選手に気持ちがなかったとは思いません。でも、ここでは力を発揮できなかった。リーグ終盤ではできていたことができなかった。

怪我人が急に増えたためもあります。でも、なぜこんなに急に怪我人が増えたのか?

そのため、両左翼はレナト選手・大島選手ではなく、森谷選手とアラン選手。左SBにヒロキ選手。でも、両サイドの勇躍は見られず、まるで両翼をもがれた鳥でした。センターラインだけでサッカーは勝てるわけないです。

さっきも申しましたが、選手に勝利への強い気持ちがなかったとは思いません。特に憲剛選手とジェシ選手は、天皇杯をとるという強い気持ちを出して戦ってました。

鳥栖に勝てない。これではタイトルを取れないです。鳥栖が弱いということじゃないです。鳥栖の戦い方に勝てないと、勝ち点は積めない。走力があり、ガツガツプレスにくる鳥栖に勝つとき、タイトルに届くのではと思います。

なんだか落ち着いて振り返れない。そんな悔しい悔しい今シーズンが終わりました。でも、確実に進歩したと思いませんか?

一緒に、もっともっと高みに登って行きたいです。

ありがとう。フロンターレ。