読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2つの心臓(ホームvsガンバ大阪)

明日はもう仙台戦です。短い間隔で試合が続きます。しっかり体を休めながら、連携は高めて欲しいです。

さて、フロンターレには2つの心臓があります。憲剛選手と大島選手です。今シーズンは2人がボランチに入る試合が多いです。

ボランチは「舵取り」という意味だそうです。2人はまさにボランチですね。どちらも試合をつくり、決定的なパスを出します。時にはCBの間に入って守備をし、時には最前線でパスを受けシュートします。

2人が前後の関係を取ることで、中盤のスペースを埋め、かつパスを交換して相手をいなせます。一人にマークがついても、もう一人が試合を組み立てます。

もっと2人の連携が増し、うまく相手をおびき寄せてもう一人が試合を組み立てる。それが普通にできるようになったら、見てて楽しいだろうな。

そのためには大島選手のさらなる成長が不可欠ですね。そういえば、鹿島アントラーズの柴崎選手が若手ボランチとして注目されますが、大島選手もかなりのもんですよね。テクニックも視野(を広げようとする動き)も、決して引けを取らないと思うフロンターレサポーターは多いと思います。代表合宿で見て欲しいですね!