読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井の中の蛙になりかけてないか(Jリーグ全チームACLを終えて)

見てませんが、フロンターレアウェイゴール差でACLを敗退しました。広島も同じくアウェイゴール差で敗退。今年のJリーグACL挑戦は終わりました。

フロンターレも広島も、Jリーグにおいて独特のチームです。そして今年も実績を残してます。自分達の強みを出してACLを戦いました。しかし、Jリーグでは通用する戦い方はアジアでは通用しませんでした。

過密日程の影響もあるでしょう。それ以上に、Jリーグは綺麗すぎるのかもしれません。綺麗なピッチ、クリーンなファイト、なんだかんだでフェアな審判。アジアにくらべた時に、Jリーグはそういう綺麗なリーグなのかもしれない。

では、Jリーグをアンフェアなリーグにすべきかというとそうではない。クリーンなJリーグでさらにさらに強さ、したたかさを身につける必要があると思います。強さはサッカーそのものはもちろん、試合運びの妙も含むし、したたかさには「ズル賢さ」も含まざるを得ないかもしれません。

今のままでは、Jリーグチャンピオンはただの国内リーグチャンピオン。外では通用しないと言わざるを得ないのでは?そう思ってしまった今年のACLでした。