読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイトルに値しないチームなのか?(ホームvs清水エスパルス)

フロンターレ
1シーズン制の今年。一年でもっとも勝ち点が多いチームが優勝。わかりやすいですね。勝つべき時に勝ち、チームの調子が悪い時もいかに勝ち点を取るか。一年間ずっと調子がいいチームなんてないですし、主力が怪我で離脱することもある。優勝にはそういう地力みたいなのが必要だと思います。

今のフロンターレはどうもその両方とも少し足りないようです。勝つべき試合での決定力。うまくいかない試合で勝ち点を取る底力。

そして、勝つ!という執念。

執念はあると思います。これがないなら入場料返さないと!ただ、執念が迫力に出ず、萎縮する方向に出てるんじゃないか?「勝つ」じゃなく「負けちゃいけない」って感じです。そう思うと、なんとなく合点がいってしまうのです。

リードすると途端に走らなくなる。走らないじゃない。動かないんです。昨日もそうでした。見ててびっくりです。よく言えば試合をコントロールしてるのでしょうが、ボールを相手サイドに運んでも、相手のブロック前で選手が並んで立ってボールを回してるだけ。そしてトラップが乱れたところを奪われてカウンターでドン!です。

動かないのはなんなんでしょう?一撃必殺でも狙ってるの?それには決定力が落ちすぎてますよね。

ここにきて、悪い時のフロンターレになってしまってます。監督・コーチやスタッフ陣がどう選手達を導くか。注目したいと思います。(やれるならとっくにやってるとも思いますが。)