読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2バックへの挑戦(2/21TM フロンターレvsアルビレックス)

続けてAチーム臨んだ後半90分についてです。

 

まず目についたのは、右サイドのエウシーニョ選手と左サイドの車屋選手の位置が高い!風間フロンターレは去年までにも増して、圧倒的にボールを持つことに自信があるようです。2バックですもん!普通は右が上がったら左が下がり、左が上がったら右が下がるでしょ?それかボランチ1人がアンカーとして残るでしょ?下がらないもん。残らないもん!ボールを失わないことへの自信があるんでしょうね!

 

とはいえ、本当にそれだけの技術と視野と判断ができているかというと、まだそういうわけではないようです。試合開始早々、確かに選手の距離感も連携も良く、どんどんボールを回して相手を押し込み、決定的チャンスを作り出しました!惜しくもチャンスを外し、だんだんとペースがダウン。そして2バックのスペースを一気に使われて相手に先制を許す・・・。

 

ん?去年までと何が違うんだ?

 

後半になると、車屋選手・エウシーニョ選手の戻りが遅くなり、攻め込まれる時間帯も増えていきます。そうなると、前の方と後ろの方とで距離が開き、パスはなおさらインターセプトされ・・・。

 

んん!去年までと同じでは?

 

最終的には同点にすべく猛攻撃をかけるが、最前線ばかりに選手が密集してノッキングどころか味方同士で被るしぶつかるし・・・。

 

まだ練習試合だから、というわけにはいかないと思いますよ。開幕まであと2週間です。おそらくこの形が今のフロンターレのベストの布陣なんでしょう。であれば、ボールを失わない技術は最低でも持っておかないといけないです。そのくらい高いレベルのものを目指していると思うし、昨日もあえてそれをやりとおそうとしたのだと思います。

 

どうなっていくかわからないけど、私はフロンターレが大好きだし、フロンターレの挑戦にはついていきたい。だからこの「2-4-4」への挑戦も応援します。だから必ずあと2週間でモノにしてくださいね!そして3/7開幕のアウェイF・マリノス戦でそれを余すところなく披露して下さい!お願いしますよ!