読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かすんで消えたカズダンス(FC東京vs川崎フロンターレ)

f:id:cleanfuture_big:20150502181710j:image
写真は1-0のリードで折り返したハーフタイム。入場者数42000人越えた味スタ。多摩川クラシコとしての舞台はよかったですね。雰囲気のいいスタジアム。その中で先制したのはフロンターレでした。

今日はビジターゴール裏1F席の後方から観戦。選手達の動きがよくわかりました。フロンターレはいつもより明らかにボールを左右に大きく動かし、スペースを作ってました。いつも決まったサイドからしつこくいくから、ひたすら中央突破しようとするのに。ほぼ主導権を握り、FKから先制したのはよかったです。

ただ、これはFC東京があまりプレスに来てなかったからできてたことだと、後半わかりました。後半、FC東京は積極的にプレスにきました。とたんにフロンターレはガタガタに。そして、FC東京は奪ったボールをすばやく前線にあずけます。

もう何度見た光景だろう。先制してなお最終ラインからボールをつなごうとするのもいつもと同じ。そしてボールを絡められたり、パスがずれたりしてボールを取られ、そのまま前線に運ばれる。

浦和レッズACLで勝てないことを揶揄する人がいます。一方柏レイソルは結果を残してます。フロンターレがこういう試合で勝てないのは、浦和レッズACLで勝てないのと同じ理由じゃないかと思うんです。

自分達のスタイルにこだわりすぎ。
すなわち、他の戦術がない。

フロンターレはめっきりカウンターが下手になったと思います。今日もそういうチャンスはあったけど、全部失敗。味方を待ってスピード落として囲まれたり、ゴール前空いててもパスしたり。監督はこだわらないと言うけど、選手達は無意識かもしれないけど捉われていると思うんです。

風間監督のヴィジョンはわかった。
では、今年のフロンターレの目標は何か。
目標と現状のギャップは何か。
ギャップを埋める方策は何か。

ビジネスとは違うけど、首を傾げる試合が続いてます。どう立て直すのか。注目しながら、フロンターレを応援します。