読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チーム内のレベル差をなくすのは難しいんだなぁ(天皇杯vsジェフ千葉)

f:id:cleanfuture_big:20160922210721j:image

4-1で勝利しました!1-1のまま90分を終了し延長戦にもつれ込む、とてもしんどい試合となりましたが、延長戦でジェフ千葉を突き放すことができました。これで天皇杯は16強に進出です!よかった~。(キックオフが20:00でよかった・・・)

f:id:cleanfuture_big:20160922210703j:image

あれ?フロンターレは1+2=4点?ジェフ千葉は0+0=1点?ああ!これは延長戦の前後半の得点ですね!90分で各1点ずつあったのでした。

ということではなく、これは試合終了時のメンバーです。前半45分をいわゆる控えメンバーで戦ったフロンターレ。ミスもあったけど、ボールを動かして結構わくわくさせてくれました。攻撃面はいけるんじゃない?と。でも、そうではなかった・・・。

後半45分。千葉にやりたいようにやられ始めます。攻撃面で効いてたフロンターレの右サイド。長谷川選手が高い位置取りをする裏をかくように、千葉は右サイドを攻略。フロンターレの攻撃は右サイドに偏ってましたよね。今日は左サイドの攻撃はおとなしいなぁ、と思ってました。

選手交代するまではね。

f:id:cleanfuture_big:20160922210736j:image

今日は、やっぱりリーグ戦の先発と控えメンバーの間にはレベル差があるんだなぁ、と感じてしまいました。今日の先発メンバーの中で違いを見せていたのは、ネット選手・大久保選手・森谷選手ですかね。板倉選手もよかったと思いますが、この3人は抜きんでていたと思います。何が違うって、トラップが他の選手たちと全然違うと思いました。

今日はメインスタンドから観戦してたので、前半はフロンターレの右サイドを目の前で見ていました。長谷川選手がRSBだったのでそのプレーを目の前で見ていました。ドリブルで仕掛ける長谷川選手にはわくわくしましたね~。でも気になったのはそこじゃないです。

f:id:cleanfuture_big:20160922210746j:image

目の前で長谷川選手と森谷選手がパス交換するシーンが結構あったのですが、この2人のトラップが全然違うのです。森谷選手はピタッと止めるのですが、長谷川選手はボールが浮いてしまう。そのため長谷川選手のリターンパスは少しタイミングが遅くなり、森谷選手とちょっとですがズレが出てたと思うのです。なるほど~と思いながら見てました。やっぱり森谷選手はうまいな、長谷川選手はまだまだ伸びる余地があるんだなぁ、と。同じようにピタッとトラップしていたのは大久保選手でしたね。そしてほとんどの先発メンバーはそこが少し差があるのかな、と思いました。あ、ネット選手は神トラップするので例外ということで。

f:id:cleanfuture_big:20160922210802j:image

 そして、試合を決めたのが交代出場した三好選手・エウシーニョ選手・車屋選手だったのも気になる点です。途中交代で入ってきたのだから他の選手たちよりもフレッシュだったのはあると思う。でもそれを差し引いても、今日のメンバーとは明らかに差がありました。トップ下のスペースも両サイドも制圧。三好選手はテクニックと強引さと両方使って真ん中をこじ開け、エウシーニョ選手はあいかわらず神出鬼没に相手をほんろうし、車屋選手はもうレベルの違いを見せつけるプレーでした!3人がガラッと流れを変えてしまったのです。うれしいけど、今日のスタメンにとっては相当な危機感を持たないといけないのでは?と思いました。

 

天皇杯って夏の終わりから始まるので、普段サブメンバーの選手たちにとっては来年の契約に向けたアピールの場でもあると思うんです。私は大好きなフロンターレの選手が、中でも普段なかなかサッカーの試合をしている姿を見ることができない選手たちを応援できるので本当にうれしいと思う。でも、彼らがいいプレーをできなかったときにものすごく切なくなるんです。

 

でも、今日で終わったわけじゃない。練習や試合を通じて何度でもアピールしてほしい。そして正真正銘のレベル差のないチームになってほしいと思います。勝ったけど、そんなことを考えさせられた今日の試合でした。