読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フロンターレは新体制一年目のチームということを忘れてはいけない(ホームvsヴァンフォーレ甲府)

フロンターレ

f:id:cleanfuture_big:20170408232827j:image

 1-1の引き分け。でもこの引き分けは負けに等しいと思います。甲府の守備の固さは織り込み済みのはず。どうやってそこをこじ開けるのか?楽しみにしてました。

 

が、その期待はほぼ裏切られました…

 

どうもやっぱり、ショートパスをつなぐのが今ひとつになってきてないか?雨だったから、すべりやすかったのはあるだろうけど、なんだか普通のサッカーをしてるって感じでした。まるで、崩すイメージを持っていないような。

 

もしかして、この原因のひとつは大島選手と森谷選手の違い?

 

私は森谷選手が大好きです。理由は、上手いから。ボールを受ける、パスを出す、シュートする、どれも上手いと思います。だから、試合に出るときはほぼいつも「森谷選手に期待!」とツイートします。だけど今日は、ボランチとして試合をコントロールすることも、攻撃に違いを生み出すこともあまりできていなかったと思います。

 

前節、森谷選手は途中出場して得点しました。森谷選手はまさに「ジョーカー」なのかもしれません。もちろん全てのサッカー選手は、先発して90分プレーしたいと思ってるでしょう。でも、今日の森谷選手はやっぱり試合途中で入ってきて、リズムを変えて得点に結びつけるのがいいのかな、と思いました。

 

でも私は森谷選手が大好きです。もっとできる選手だと思います。これからも期待し続けると思います。

f:id:cleanfuture_big:20170408232852j:image

今日思ったのは、フロンターレは普通のサッカーチームになったなぁ、ということ。セオリー通りにやろうとしてると言えばそうかもしれないけど。ちょっと今は向かう方向が見えにくいです。つまり、再構築途中のチームだということです。一度勝つとそのことをすぐに忘れてしまいますが、私は新体制で臨む一年目チームだということを忘れずにいたいと思います。

 

こういう試合をしないに越したことはない。でも、こういう試合もやりながら再構築していくということも、しっかり自分の腹に落としてこれからも応援していこうと思います。