読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僚太はフロンターレを救うことができる男になった(フロンターレvsアルビレックス新潟)

f:id:cleanfuture_big:20170505200004j:image

 よっしゃーっ!3-0で勝った〜っ!

 

今日は2つ思ったことを書こうと思います。まずはタイトルの大島選手のことです。ネット選手と大島選手のボランチ組み合わせは去年から培っているだけあって、熟成されてるなぁと思いました。2人は基本的に、ネット選手が下がり気味に、大島選手が前気味にポジションを取ることが多いかな?2人は常に近い距離を保ちながら、お互いの場所を意識しているようでした。今日の前半のネット選手は、非常にミスが少なかったと思います。これはやはり、大島選手が戻ってきたことでネット選手の負担が減ったからだと思います。マークが分散することで、ネット選手は余裕を持ってボールに触れてたと思います。大島選手はもちろん、ボール扱いが上手く、決定的なチャンスを演出するのですが、今日の大島選手出場の最大の効果は、このネット選手が生き返ったことだと思います。後半、大島選手と森谷選手が代わった後は、中盤でのボール扱いがぎこちなくなってしまいました。この辺りからも、大島選手の効果の大きさがわかると思います。

 

2つ目は、ハイネル選手の先制ゴールです。すばらしいゴールでした!ソンリョン選手から、パスを縦に縦につなぎ、あっという間に相手ゴール前に運び、そしてハイネル選手の加入後初ゴール!縦に早い攻撃というと、相手DF裏にロングボールを出すとか、走るスピードを生かしたカウンターなどがあるけど、今日の先制ゴールはそれらと違う、早い攻撃でした。これは、フロンターレの選手が次々と相手選手の間間に顔を出し続けたからだと思います。縦に早いショートパスを繋いであっという間にゴールを陥れる。裏へのパスも、ドリブルの高速カウンターもいいけど、今日の先制ゴールはフロンターレの新しい技として磨いてほしいと思います。

 

後半相手に主導権を握られるなど、まだまだなフロンターレですが、今日は全員が今やれることをしっかりやりきりました。怪我人もまだいるけど、少しずつ戻ってきたし、それよりも何よりも、全員がやりきればフロンターレは勝てることがわかりました。これは大きいですよ!

 

f:id:cleanfuture_big:20170505200024j:image

今日は違うタオマフ持っていきました〜。私も何かを変えなければと思って。