ベテランがやれることをやり切って引き寄せた勝利(ギラヴァンツvsカマタマーレ讃岐)

DAZN観戦でしたが、ミクスタの歓喜が伝わってきました!1-0でギラヴァンツが4月以来の勝利。勝利のキーマンは、前節追いついて引き分けたいわき戦でも存在感があったベテランMFでした。 ギラヴァンツがJ3でこの順位にいるのは理由があるわけです…

フロンターレが変わったことを受け入れていなかったのは私自身だった(フロンターレvsジュビロ磐田)

1-1の引き分けとなりました。前後半で一変した展開は、ジュビロが変化したことにフロンターレが変化できなかったからだと思います。もっと言えば、以前だったら変化せずとも対応できたことが今はできない、ということです。 前半と後半の違いと言えば、ジ…

中身も結果も、「次」もない試合に拍手はできない(天皇杯3回戦フロンターレvs東京ベルディ)

私は天皇杯が好きです。 Jリーグは前年実績に基づいてカテゴリー分けされた中で総当たりで戦い、J1の場合は34試合で最も勝ち点の多いチームがチャンピオンになります。試合数は申し分ないけど、前年実績でのカテゴリーという点がちょっとな…と。ルヴァ…

近くの味方にパスしようにも、近くに味方がいないんじゃしょうがない(ギラヴァンツvsいわきFC)

上位のいわきFCに2点差を追いついてのドロー。結果としては良かったと思います。これぞJ3という肉弾戦でしたが、これに勝たなければ昇格できないのです。ギラヴァンツのフィロソフィーがどういうものなのか、私にはわかっていませんが、自分達でボール…

魅せたのは両チームのベテランFW(フロンターレvsコンサドーレ札幌)

J1中断明けのホーム等々力。中断前の低調さを拭って成長した姿を見せることができるのか?注目の札幌戦は5-2の快勝!三連敗とならなかったことに、まずはホッとしています。 しかしながら、後半途中までは札幌のマンツーマンディフェンスに苦しみました…

ピッチ上でギラヴァンツを導くのは誰か(ギラヴァンツvs福島ユナイテッドFC)

DAZN観戦しました。1-1の引き分けですが、少しずつ光明が見えている気がします。感想をいくつか書いておきます。 高沢選手が累積警告で出場停止となったため、先発FWに狩土名選手が入りました。前節Jリーグ初ゴールの勢いをもって臨んだと思うので…

意識についていかない身体(ギラヴァンツvsSC相模原)

2-3で負け。2点取れたことは収穫ですが、3失点していては勝てません。攻撃の連携の前に、守備の構築が急務なのは間違いないと思います。 気になるのは失点の仕方です。立ち上がり早々の失点も、オフサイド取り消しとなったセットプレーも、3失点目も、クロス…

選手達は全員が少しずつ強度を上げる、強化担当は監督に丸投げしないこと(フロンターレvs京都サンガFC)

オウンゴールで失点し、0-1の敗戦。5連戦は調子を取り戻せないまま、中断期間へと入ることになってしまいました。 タイトルのように、ピッチ上とピッチ外と、両面で課題が浮き彫りになっていると思います。まずはピッチ上。誰かが特別に悪くて足を引っ張…

気持ちの問題じゃないのは確かだと思う(ギラヴァンツvsYSCC横浜)

DAZN観戦なのがもどかしくなる。不甲斐ない内容が続くギラヴァンツに対して、サポーターの気持ちが離れてても仕方ない。でも、待ちするシーンをツイッターで見て、まだそうではないと感じたし、選手の奮起という意味ではこれ以上のものはないと思った。しか…

賞味期限切れのチームを生き返らせるのは監督だと思う(フロンターレvs湘南ベルマーレ)

神戸戦では「たまたま」と書きました。 鳥栖戦ではブログ書き忘れてましたが、「引き分け御の字」とツイートしました。 そして湘南戦。ご存じの通りホームで惨敗を喫してしまいました。 これもずっと言ってることですが、フロンターレは攻撃で相手を圧倒する…

勝利を手繰り寄せたのは、強さか?運か?(フロンターレvsヴィッセル神戸)

DAZN観戦しました。アウェイでの神戸戦は終了間際のゴールで1-0勝利!勝ち点3を積み上げ、首位に立ちました。 フロンターレがまあまあ長い期間、監督を変えていないのに比べ、神戸は頻繁に監督が変わります。そしてその度に戦い方も変わります。かつてはフロ…

「核」が欲しい(ギラヴァンツvsヴァンラーレ八戸)

DAZNで応援しましたが、0-1で悔しい敗戦となりました。チーム内の不協和音がないことを祈ってます。そうなったら瓦解すると思うし、そんなチームを応援したいと思う人は少ないと思うから。 ギラヴァンツをどうしたらいいのか?なんて、私みたいな素人にはわか…

相手の想定を超えろ!(フロンターレvsアビスパ福岡)

久しぶりの等々力のゲーム。やっぱりワクワクしますよね!武蔵小杉のバス乗り場は長蛇の列だし、フロンパーク人出もすごかった。ところが、メイン2Fに着席して見たバックスタンドは空席だらけ…。ええっ!?と思ってたら、入場者数は16000人とのこと。う〜ん…日…

ACL2022を終えて 〜成果が見出だせないフロンターレ

今年のフロンターレのACLは予選リーグ敗退となりました。3勝2分1敗。勝利のうち2勝は明らかに格下の広州からのもので、それを除くと1勝2分1敗と、勝率5割。グループステージ敗退に納得する成績だと思います。 中2日の6連戦、劣悪とも言えそうなピッチ、地元…

悔しさよりチームの無力さを感じる(ギラヴァンツ北九州vs藤枝MYFC)

DAZN観戦しました。ホームで0-1の敗戦。残念と思うと同時に、悔しいと思えなくらいチームとしての無力さを感じさせられましたね。 チーム内にコロナ感染者が発生し、メンバーが入れ替わったとはいえ、完成度が低すぎると思います。来年上位カテゴリーで戦い…

練習。とにかく練習!(ギラヴァンツvs愛媛FC)

先週、目の前で0-4と玉砕した沼津戦から1週間。ギラヴァンツはホームミクスタに愛媛FCを迎え、勝利を目指しましたが、スコアレスドロー。DAZN観戦の感想を簡単に残しておきます。 沼津戦では相手のプレスを交わせず、まともに受け続けた結果、いいところなく…

今シーズン初観戦はいいところなしの惨敗(ギラヴァンツ北九州vsアスルクラロ沼津)

あまりの天気のよさと、横浜から沼津は意外と近いことに気がつき、休日出勤の予定を同僚に押し付け(ごめん!)、初めて沼津のホーム、愛鷹広域公園多目的競技場に参戦しました。残念ながら0−4と、内容も結果も惨敗となりました。 ゴール裏から応援したので…

カウンター対策であり、ACL仕様でもあったと思う(フロンターレvs柏レイソル)

1-0で3試合ぶりの勝利!攻守にバランスよく、特に守備が機能し、好調の柏に対しグリーンシートで勝利です。 まずは勝ったこと。これが大事だと思います。勝ちグセってあると思うんですよね。苦しいんだけど、押し込まてるんだけど、結果は勝つ。勝たなければ…

これから「今年最強」のフロンターレはくるのか、もう来たのか(フロンターレvsジュビロ磐田)

DAZN観戦しました。1-1の引き分けは、今年のフロンターレからしたら妥当な結果なのかもしれません。そのくらい開幕から低調なチームです。 正直、ジュビロが良かったわけじゃないし、むしろプレスも弱く、フロンターレとしては久しぶりにゆったりボールキー…

剝れた化けの皮、残留争いの始まりか?(フロンターレvsセレッソ大阪)

いやぁ、お見事な惨敗ですよ。不思議の勝ちが続いたフロンターレですが、とうとう化けの皮が剥がれました。低調かつミスの多い内容で、前半で0-3、最終的に1-4と、ここホームですけど? 反省点を挙げればきりがないのですが、それよりも何よりも、今シ…

ACLを獲るために知念は帰ってきた(フロンターレvsサンフレッチェ広島)

2-0と、終わってみたら快勝の得点差。全く、あの内容でよく勝てたな…と思います。 前半。まあ、一週間休暇だったんですか?というようなレベルの内容でした。厳しく言えば「本当にプロ?」というレベル。まあ、イージーなパスミスは多いし動こうとしないし。そ…

積み上げを感じられない完敗。(ギラヴァンツvs長野パルセイロ)

2022シーズン、ギラヴァンツ北九州の開幕戦は0-2と、内容・結果とも完敗となりました。DAZN観戦でしたが、簡単に感想を残しておきます。 天野監督になって1年目、基本的には去年の継承だったと思います。もちろん違う面を出そうとしたのかもしれません。しか…

勝てば暫定首位というプレッシャーの中での価値ある勝利(フロンターレvs名古屋グランパス)

1-0で勝利!勝てば暫定首位に立てるプレッシャーのかかる試合で、きっちり勝利したことは価値がありますね! 一方で、まだまだ手放しで喜ぶことができないのは、名古屋のチームづくりが遅れている様子が感じられたから。去年の名古屋とは別チームになりつつあ…

小塚が見せたシンプルな攻略方法(フロンターレvsガンバオオ)

フロンターレはアウェイでガンバ大阪と2-2の引き分け。開幕5連戦を3勝1分1敗と上々の結果でした。ただ、それでも釈然としないのは、ひとえに内容の悪さに尽きると思います。 この日もガンバを強度で上回ることができませんでした。ずっと受ける展開続きで、…

塚川選手が前所属チームで人気だった理由の一端(フロンターレvs浦和レッズ)

2-1で逆転勝利!冷や冷やする試合が続きますね。ほぼ浦和ペースだったけど、逆転した2分はフロンターレ時間。中でも山根選手がゴール決めたことは、やや出遅れ気味だった山根選手のコンディションが上がってきたのだと思います。少しずつ選手達が上がってきた…

90分ずっとは支配できないとの割り切り(フロンターレvs鹿島アントラーズ)

DAZN観戦。アウェイマリノス戦での惨敗からわずか中2日。フロンターレはアウェイで鹿島アントラーズに2-0で勝利!連敗を免れました。ホッとしましたね… この試合のポイントは、「割り切り」だと思います。鹿島は中6日でホーム。一方フロンターレは中2日でアウ…

この惨敗は予想できたかも(フロンターレvs横浜Fマリノス)

2-4。まあまあのひどい内容でした。振り返るのも嫌になるような試合内容ですが、ずるずると時間がたってしまったし、簡単に感想を残しておきます。 案の定、押されっぱなしの展開。その中で点を取るならワンチャンス!と思ってたら、まさにそんな感じでチ…

「開幕戦だから」は通用しない。みんな開幕戦だもん。(フロンターレvsFC東京)

2022Jリーグ開幕節。等々力での多摩川クラシコは1-0でフロンターレが辛勝しました。自分達の強みを効果的に発揮し、昨年からバージョンアップしている印象のFC東京にくらべ、フロンターレの停滞ぶりがまざまざと感じられました。今シーズンが苦難…

慢心を捨てることから始めるべき(富士フィルムスーパーカップ vs浦和レッズ)

2022Jリーグの幕開けを告げるスーパーカップ。他チームよりも1週間早く公式戦を経験することができるのは、昨年のJリーグ王者と天皇杯覇者のみ。応援するチームが出場するとなれば、寒くても駆けつけたくなりますね。私も先行抽選に応募し当選したの…

カップウィナーになれなかったのは偶然じゃない(フロンターレvs大分トリニータ)

1-1ですが、PK戦の結果、今年の天皇杯はベスト4で敗退となりました。これでACL、ルヴァンカップに続き、トーナメントで最後まで勝ち上がることはできませんでした。 トーナメントを勝てないということには理由があるはずです。リーグ戦は負けても次…