読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CBの奮闘〜ミスを引きずるのが最大のミス(ホームvs鹿島)

フロンターレ
連戦の疲れの中、しっかりとチャンスで決めた攻撃陣も素晴らしかったけど、守備陣の身体を張った守備も気迫を感じるものがありました。

ACLvsFCソウルでは失点に直結するミスをしてしまった中澤選手とジェシ選手。試合後風間監督は2人に「ミスを引きずるのが最大のミスだ」と言ったそうです。いい言葉だなと思います。私も後輩が仕事でミスをしたら言ってあげようかな。(その前に、自分のミスに対して自分に言い聞かせることになりそうです。)

ミスを取り返したいという気持ちもあってか、2人の気迫は凄かった!徹底的にボールを弾き返し、サイドの裏を使われたらそこまで食らいつき味方の戻りまで時間をかけさせてました。ちょっと飛び込みすぎなときもありますが、2人だけでなく全員から「絶対勝つ!」「ゴールを割らせない!」という気迫を感じました。

そして小宮山選手の帰還!うれしかったですね。W杯中断前に試合という場でのフロンターレのリズムに触れることができたのは大きいと思います。接触プレーでは、また痛めるんじゃないかとヒヤヒヤしましたが。

まだまだ手放しで褒められる守備ではないかもしれない。でも、昨日の試合を見ていると、フロンターレの守備のこの熱さはいいな〜、って思いました。まずは中断前2試合を怪我なく無失点で行きたいですね!