シーズン初戦は上々の内容で勝利!最後にちょっとFROへ苦言!?(ゼロックススーパーカップフロンターレvsガンバ大阪)

2021サッカーシーズンが幕を開けました!ゼロックススーパーカップフロンターレvsガンバ大阪。チケットは5000人分の早い者勝ちということで入手できず、北九州市からTV観戦でした。緊急事態宣言でリーグ戦もしばらく上限5000人だから、今シーズンはいつ生観戦できるんだろう…

 

試合は3-2でフロンターレの勝利!アンカーシミッチ選手を据えたほかは昨年のメンバーで固めたフロンターレでしたが、公式戦初戦としては良い動きだったと思います。ということで、今年も懲りずに素人の私なりの感想を書いて残しておこうと思います。今回はダミアン選手とシミッチ選手についてです。

 

まずダミアン選手ですが、昨シーズンガッチリ把握したフロンターレでの立ち位置とプレースタイルが、さらに強化されていたと思います。ゴールこそ奪えなかったけど、ポストプレーでの他メンバーと噛み合い方がすごく良かったです。尤も昨シーズン終盤にかけて、ここはグングン良くなった点でしたが。そこからさらに積み上がったいくとしたら、今シーズンのスターターとしてダミアン選手への期待値はグンと上がりますよね!副キャプテン就任のおかげもあってか、昨日はイライラするシーンも少なかったと思います。

 

次にシミッチ選手。立ち上がりからしばらくはちょっと不安定な印象を受けましたが、ボール触り始めてからはさすが風間グランパスで中盤を担った選手!私はあまりシミッチ選手のことを知らないのですが、「ボールを持ちすぎない」印象を受けました。だから相手から捕まりにくいのかな。左利きということで、正面を向いた時の左ウィングへの配給は、コントロール、スピードとも一級品ですね!三笘選手がやりやすそう。シミッチ選手本人も「今やれることはやれた」と言ってます。と言うことは、まだまだできていないことがあるということ。ここからどんどんやれることを増やしてください!

 

そんなシミッチ選手ですが、やりにくそうだった序盤から自由にやれるようになったのは、やっぱり碧選手のおかげだと思うんですよね。ガンバにボールを握られた時間帯、碧選手の鬼のようなポジションの動きが守備の決壊を防いだし、降りてシミッチ選手をフォローしたり、逆にシミッチ選手を前に押し出したりと、それはそれはすばらしい働きでした。ガンバの猛烈プレスを耐えきり、相手が前に出て来れなくなった時には、シミッチ選手は自分のペースでボールを操り、碧選手はどんどん前に出ていくという、フロンターレの強さをピッチに表現できたと思います。今シーズンのフロンターレの大黒柱は碧選手ですね!

 

ということで、シーズン初戦としてはフロンターレは良かったと思いました。もちろん、受けてしまったときに2失点したとか、新規加入選手で試合を作るにはもうちょっとかな、とか課題はあるけど、まだ公式戦1戦目。ここが伸び代ということで、シーズンこなしながら成長していって欲しいと思いました。

 

最後に、憲剛さんの解説は同時にフロンターレの弱点説明でもありましたね。えっと、FROとしてその辺はどうかオブラートに包んでいただければ…。でもわかりやすい見事な解説でした。さすがです。

掲げた念願の天皇杯!そして憲剛選手への感謝(天皇杯フロンターレvsガンバ大阪)


f:id:cleanfuture_big:20210102162626j:image

2021年元日

今まで手が届かなかった天皇杯をとうとう掲げることができました!気が小さい私不安を他所に、口約通りの複数タイトル獲得です。

 

ガンバ大阪とは等々力で優勝を決めて以来の対戦。5-0と完勝していたことと、リーグ戦では2位だったガンバに勝ち点18もの差をつけていたことから、天皇杯は「勝って当たり前」という世評だったと思います。でも、サッカーは何があるかわからない上に、この「勝って当たり前」という雰囲気は往々にして試合を難しくします。

 

試合は案の定、フロンターレにとって難しいものでした。5バック+東口選手がフロンターレの3FWと飛び出してくるIHまたはSBをしっかり監視し、シュートは撃たせてくれるもののコースが限定され、すべてGK正面または枠外。フロンターレもガンバも、両チームとも「思惑通り」のスコアレスドローで前半を折り返しました。いや、フロンターレは善はで得点したかったので、スコアレスドローはむしろガンバペースと言えたかもしれません。

 

後半、フロンターレはパス交換の中央突破でとうとう東口選手の牙城を崩し先制!右に左に中央に、いろんな角度から攻撃したけど、最後は最短居で仕留めましたね。向こう側のゴールだったけど、選手の動きがよくわかりましたし、現地にいて良かった〜。

 

ただ、これですんなり行かないのが一発勝負の難しさ。選手とフォーメーションを変え、一気にガンバがボールキープしだすと防戦一方でした。どんな形であれ1点取れば同点だし、もう1点取れば逆てできます。過去の対戦成績なんて関係ない。勝てばタイトルですから。ガンバの圧力は凄まじかった…。これはこっち側のゴール前だったので、目の前でずっとヒヤヒヤしてましたが、試合終了とともに歓喜がピッチを包んでくれました。

 

この試合で感じたことを2つ書いておきます。1つ目は、チームの成長です。ガンバは明白なフロンターレ対策をしてきました。5-4-1でスペースを消すと同時にフロンターレの前線にマンマーク気味に付く守備、小柄なSB旗手選手方にパトリック選手が流れてハイボールを受ける、などなど。リーグ戦のフロンターレは対策を打たれるとおっとっととなってしまうことしばしばでしたが、この試合では中盤でボールを保持できるメリットを最大活用しました。前述した右左真ん中だけでなく、ショートパス交換、サイドチェンジ、裏へのパスなど、様々な攻撃バリエーションでした。後半途中まで宇佐美選手を自陣に閉じ込めたのは、勝利の大きな要因だったと思います。対策を打ってきた相手に対し、ルヴァンカップ準決勝のように同じ攻撃でノッキングするのではなく、あの手この手で相手の目先を変えさせ、じわじわとズレを生み出し、相手を上回ったことでゴールを奪うことができました。

 

2つ目は、鬼木監督がリアリストだったことです。つまり、憲剛選手を出場させずに勝利したことです。天皇杯準決勝と同じく、点差をつけて憲剛選手を投入して、引退の花道を作りたかったでしょう。でも、フロンターレの目標は天皇杯を獲ること。そのために憲剛選手が必要だったら投入したでしょうが、昨日の展開では投入できなかったと思います。これは、鬼木監督のリアリストぶりに感嘆するとともに、他のチームメイトはもっとしっかりしなくちゃ!終盤ガンバが前に出てきてからのカウンターのチャンス、あれを決めてれば憲剛選手は出場できたんだよ!

 

さて、フロンターレとそのサポーターにとっての2020シーズンは、こうして最高の終わり方となりました。同時に、勝利を告げるホイッスルは憲剛選手とのお別れの瞬間も告げました。私がフロンターレに興味を持ったときにはすでに憲剛選手はフロンターレの中心選手でした。横浜市民の私ですが、たまたま自宅から一番近いスタジアムが等々力で、偶然通りかかった時に試合やってて、今度見に来ようかな〜と思って試合を見たら、バカスカ点を取る(同時にバカスカ失点するw)、素人にはエンターテイメント性抜群のサッカーがあり、その中心にいたのが憲剛選手でした。そこからサッカー素人の私はフロンターレにのめり込んで今に至ってます。

 

ユニフォームを買うのはタイトル獲得して胸に星がついてから、もちろん14番と決めてました。随分待ちましたし、タイトル取れないのかなと思ったりしたけど、憲剛選手とフロンターレのおかげで星付き14番ユニフォームを手にすることができました。そこから4年でこんなに星が増えるとは…。

 

書けばきりがないし、もうずいぶんと長くなったので、これで2020年シーズンのブログはおしまいにします。天皇杯の感想だか憲剛選手への感謝だか、いつも以上に支離滅裂なブログになってしまい、すみません。

 

憲剛選手ありがとうございました!

フロンターレありがとうございました!

あなたが、あなたたちがJリーグにいてくれてよかった。

圧倒し続けたからこそ、もっとゴールが欲しかったなぁ(天皇杯フロンターレvsブラウブリッツ秋田)

2-0でフロンターレが勝利!内容もほぼ危なげなく秋田を押し込み続け、天皇杯決勝へと駒を進めました。

 

この試合のポイントは、秋田がプレスをかけることを早々にやめて、撤退守備に移行したことだと思います。フロンターレは楽にボールを保持できることから、最後の仕上げのところと、ボールを奪われた後のカウンター対策に意識を割くことができました。秋田がなぜプレスをやめたのか?私にはわかりません。もっとガツガツ来たほうが嫌だなと思ってたので、これはやりやすくなったと思いました。

 

一方で、しっかり引いて守る秋田の守備はさすがの固さで、こじ開けるのに本当に苦労しましたね。でも、三笘選手の先制点につながるパス回しは素晴らしかった!パス交換で真ん中を切り裂いて、僚太選手がサイドから入ってきた三笘選手にパス。三笘選手がしっかり決めてくれました。真ん中に寄せておいて、しかもそこでボールを奪われずに空いたサイドからズドン!という、惚れ惚れとするする攻撃でした。

 

後半に入ってペースダウンしてしまい、受ける時間も作ってしまったのは反省点だと思います。今日の展開であれば、もっと押し込んでシュートの雨あられを降らせるべきだと思います。碧選手のFK弾には救われましたね。あれでようやく楽になりました。

 

私は秋田が弱かったと言っているわけではありません。先述したように、秋田はフロンターレにボールを持たせてくれました。それならば、秋田の守備が素晴らしかったことを差し引いても、もっと圧倒しなければならないと思うのです。

 

でも、今日の試合1失点でもしていたら「万全の試合運び」と言えなくなっていたと思います。数は少なかったけど、ピンチはありました。それを防いで無失点だったことは、すごく良かったと思います。

 

さあ、これで元日の決勝に新国立競技場に行く権利を手に入れました。まだ手にしたことがない天皇杯を掲げるため、応援したいと思います。私も新国立競技場に行く予定です。

勝って終わりたかったけど…。たくさんのワクワクをありがとう!(ギラヴァンツvsジェフユナイテッド市原・千葉)

ギラヴァンツ北九州が小林監督を擁して臨んだJ2の1年目最終節は、ジェフ千葉に対して1-2の逆転負けを喫してしまいました。

 

この試合では、ギラヴァンツはいわゆるアタッキングサードの手前まではボールを運べても、そこから先に良いボールを供給できませんでした。前半3バック、後半4バックとシステムを動かして千葉とのギャップを作ろうとしましたが、チャレンジするパスが悉くと言っていいほど引っかけられ、そこからカウンターでフィニッシュまで行かれてしまう。千葉としては狙い通りでしたし、ギラヴァンツとしてはそうなる前にフィニッシュにいきたかったところ。小林監督が試合後に「少しボールを運べば違った景色があったはず」ということをおっしゃっていましたが、まさしくそんな感じでした。とにかく選手たちの距離感が悪く、アンカーやボランチは前線にチャレンジなパスを送るしかない、という感じでした。

 

もともとギラヴァンツは、豊富な運動量で良いポジショニングを続けながらパスを動かし、相手ゴールに迫るスタイル。良いポジショニングを続けることができなければ、狙ったサッカーはできません。J3では通用したスタイルですが、J2では一通り対戦した後は通用しなかった、ということだと思います。今節は後半のギラヴァンツが集約されたかのような内容と結果だったと思います。もっともっと精度を上げる必要がある、ということです。まだまだ伸ばせるぞ!と。最後は勝って終わりたかったですね~残念!

 

一年間を簡単に振り返ります。思えばコロナ中断から再開する直前に、北九州市でコロナのクラスターが発生して、ギラヴァンツは練習を中断せざるを得ませんでした。正直、どうなることかと思いました・・・。でも蓋を開けたら、序盤はJ2の先輩チームに苦戦しましたが、早々に主力選手にチーム戦術がフィット!彼らが躍動し、一時期は首位に立ったのです。(「主力選手」というのがポイントだったのですが。)

 

「今シーズンは勝ち星先行で行ければ良し」と思ってた私も、この快進撃は痛快でワクワクしました。そして、DAZNの桑原さんとか、蹴球メガネースとか、多くの人がギラヴァンツのサッカーを魅力的と言ってくれ、一人のファンにすぎない私もうれしかったです。この貯金があったから、後半苦戦しながらも19勝を挙げての5位という、すばらしい結果を迎えることができました。勝ち点は4位タイですよ。

 

さて、J2一年目の冒険は終わりました。思ったよりできたこともあったし、できなかったこともありました。来年に向け監督は続投すると信じてますが、ギラヴァンツでスキルを磨いて活躍したたくさんの選手たちには、良いお誘いがたくさんきてるようです…。来年はどういう布陣になるのか皆目わかりませんが、今はこんなに北九州をワクワクさせてくれた選手達、監督とスタッフ、経営陣に感謝したいです。そしてまた来年、ミクスタでさらに大きなひまわりを咲かせてくれることを期待せずにいられません。ありがとう!

 

でも本当、ストーブリーグが怖い・・・

 

ネルシーニョプランをぶっ壊したフロンターレの誇る両WG(フロンターレVS柏令)

3-2でリーグ戦を勝利で終えることができました!最終節にしては両チームともすっとこどっこいな内容でしたが…。もっと両チーム練度が上がってるかと思ったけどなぁ。でも、勝ち点3は変わりませんからね!

 

さて、今日の試合でインパクトを残したのは、後半から投入された家長選手・三笘選手の両ウイングですね!0-2から3-2にひっくり返したのは、この2人がピッチで見せた「別格感」だったと思います。

 

柏レイソルと言えばネルシーニョ監督と大谷選手です。この二人が揃うとフロンターレはいつも苦しい戦いを強いられている気がします。フロンターレの良さを消すのはもちろん、レイソルの良さも出してくるんです…。

 

今日もやっぱり苦しい試合になりました。それは試合開始早々のオルンガ選手とソンリョン選手の交錯にも現れてたと想います。こういうシーンが何度も出てくるんだろうなぁ…と思ってたら、やっぱりそうでしたね。さらに2失点目に関しては、レッズ戦の失点と同じで、ゴール前で相手の選手が出てくる圧力にやられたと思いました。なかなか萎える失点シーンでした。

 

でも、そこから家長選手と三笘選手が躍動!この2人だけが今年の優勝チームの名に恥じないプレーでした。ネルシーニョ監督のプランを真っ向からぶっ壊すような、両チームの選手全員の中で違うオーラを出してました。

 

やっぱりボールを失わない、というのは正義ですね。そして、三笘選手に加えて家長選手も走りました!この間走ったときはハットトリック。今日は2得点ですから。ということは家長選手!いつも走ってください!

 

逆に言うと、今日はWGの差が出てしまったと思います。先発した長谷川選手と齋藤選手はハツラツとした良いプレーもありましたがはっきりとした爪痕は残せませんでした。でも、試合は90分をマネジメントするもの。交代選手が活躍するには、先発選手が仕事をしてたからです。決してマイナスな印象はないと思います。

 

これでリーグは終了。今日もゆるい失点があり、安心できる内容ではありませんでした。天皇杯獲得に向け、まずは準決勝に最高のパフォーマンスを魅せてください!あらためて、優勝おめでとうございます!

 

天皇杯のチケット買えるかなぁ…

低調でも好調時と同じプレーを無理矢理やることで打開する!(フロンターレvs浦和レッズ)


3-1の快勝!憲剛選手のリーグ戦等々力ラストマッチを勝利で飾ることができました。

 

この試合、正直言って躍動感あふれていたかと言うと、特に前半、私はそうでもないと感じていました。リーグ終盤にきて感じている低調なイメージは、今節もそんなに好転したように思いませんでした。正直言って、浦和がガツガツとプレスにこなかったことで余裕があったんだと。浦和は4-4-2のラインをしっかりスライドさせながら守ってきたと思います。フロンターレにボールを持たせる作戦だったと思います。

 

フロンターレは自由にボールを持つことができたので、ゴール前にはボールを運びやすかったのですが、相変わらず最後のところでアイデアがつながらない。一方、昨日はセットプレーで優位に立つことができてたので、ジェジエウ選手が2回本当に惜しいシーンを迎えてました。だから、私は後半得点するならセットプレーかな、と思っていました。

 

ところが、フロンターレは後半、違う形でギアを上げてきたと思います。それが「低調でも好調時と同じプレーを無理矢理やることで打開する!」作戦です。もちろん鬼木監督がそんなこと言ってないと思うし、そんなふうに誰も考えていないでしょうが、私はそう感じました!逆に言うと、自分たちの強みは何なのか、それをとにかく徹底的にやれ、を徹底する、ということかもしれません。

 

この試合も、パスはずれたし、トラップも大きくなったり、攻撃の連動性もシーズン前半~中盤の強さはなかった。だからといってプレーのレベルが一緒に下がっては、並みの強さ以下に落ちてしまう。リーグ終盤はそうだったのかも。そこを無理矢理好調時と同じレベルでやろうとさせ続けることで打開した、と思います。悪く例えるなら、「少々体調が悪いくらいなら、今までと同じペースで働け!気が付けば体調も戻ってるはずだ!」という…これはブラック企業の発想ですね。このタトエは内緒にしといてください。
※注 私はこのような仕事の仕方を推奨しているわけではありませんよ!「悪いたとえ」です。ご容赦を。

 

最後に、憲剛選手について触れないわけいかないですね。3点目、悠選手へのアシスト、ノールックで体をひねりながら出すパス。「これ、前にも見た!」と思ったら、初優勝した2017年のホーム等々力、これまた浦和戦でした。この時は後ろから来たパスを思いっきり腰をひねりながらノールックで阿部浩之選手に出し、ゴールを演出しました。昨日の試合で憲剛選手が先発だったのは決して忖度ではないことを証明してみせましたね。

 

さあ、いよいよ最終節。そしてまだ獲得していない天皇杯を目指して、2020シーズンのラストスパートです。無理矢理作戦が功を奏し、本当の好調に戻すことができたのか?次節の最終節はアウェイ柏戦。ネルシーニョ監督+大谷秀明選手となれば、フロンターレにとっては天敵。ここを乗り越えて、2020リーグの有終の美を飾りましょう。

 

憲剛選手と大谷秀明選手のバチバチのマッチアップ、見たいなぁ。中2日だから厳しいかな・・・

複数タイトルに向けて看過できない状況だと思う(フロンターレvsサガン鳥栖)

1-1の引き分けでした。私は前節の清水戦を全く見てないのですが、前節と比較してどうでした?上昇のきっかけが見えましたか?もしそうだったらいいのですが…

 

サガン鳥栖と言えば強固な守備、と勝手に思ってました。今シーズン初戦で対戦した時は、攻めるフロンターレ、守る鳥栖の構図でした。でも今回はそうではなく、「攻める鳥栖」でした。フロンターレにとって願ったりの展開となるべきでした。だけど、良くない内容で引き分け。これが今のフロンターレの立ち位置です。

 

やっぱりこの終盤、フロンターレは落ちてきていると思います。FWは鳥栖DFとのライン攻防で勝てず、高いラインを取られ続けました。MFは厳しいチャージにボールを保つことができませんでした。左SBの旗手選手やソンリョン選手含め、DF陣が踏ん張ったけど、原川選手にいい状態でボールを持たれ続け、最後に決壊してしまいました。

 

DF陣を責めることはできないと思います。むしろFWとMFが攻守に効かせることができなかったのが、問題だったかなと。なにせ試合が落ち着かず、せわしない印象でした。

 

シーズン後半、DFとのパス交換で試合のリズムを作る守田選手と碧選手へのマークが厳しさを増しています。これに対して2人とも落ち着くことができない。もちろん2人がもっともっとスキルアップすればいいのですが、やっぱり周りのサポートに課題があるのではないかと思います。

 

ノボリ選手や僚太選手は、そういう部分も長けていたのかも、と思いました。

 

前にも言いましたが、リーグ戦は1年間で最も勝ち点を積み上げたチームが優勝するので、先行逃げ切りでも最後に捲くっても優勝の価値は同じ。でもカップ戦は違ってて、その試合で相手より強いチームが勝ち上がります。ルヴァンカップは見事にそれで落としました。複数タイトルを狙うなら、天皇杯獲得は必須です。

 

退団とか獲得とか、裏ではさまざまな事情が動いてて難しいでしょうが、それはどのチームも同じ。リーグの残り試合も含めて、監督はチームを、選手は自分自身をどうマネジメントして上昇するのか。ワクワクよりも心配が先立つ試合内容でした。