ベテランがやれることをやり切って引き寄せた勝利(ギラヴァンツvsカマタマーレ讃岐)

 

DAZN観戦でしたが、ミクスタの歓喜が伝わってきました!1-0でギラヴァンツが4月以来の勝利。勝利のキーマンは、前節追いついて引き分けたいわき戦でも存在感があったベテランMFでした。

 

ギラヴァンツがJ3でこの順位にいるのは理由があるわけですが、守備も攻撃もどうにもうまくいかない。その中でも私はボランチの存在感の薄さが一番の原因かなと思ってます。ボールをつなぎたくてもフィールドの中盤を制することができないので、つねに外回りでボールを運ぶしかない。相手もそれがわかってるから、しっかり対応され良いクロスを上げることができない。上げても中でしっかり対応される。サイド攻撃に強みがあったとしても、やっぱり中央を突破する攻撃も織り交ぜなければ効果は半減以下です。そして中盤を制することができないのは、やっぱりボランチの責任だと思います。

 

前節と今節、スタメンに名を連ねたのはベテラン六平選手でした。中盤でボールをつなぐ、ということに関してはすべてうまくいったとは言えませんが、動くエリアの広さと、攻守に走って貢献する姿はすごかった。少なくとも、点を取る・点を取らせないために全力で走ること、チャンスと見たら攻撃に絡むために走る、ピンチにはゴールを守るために走る。ベテランが誰よりもそれをやってみせたのですから、他のメンバーがやらなければ悪目立ちします。

 

やらない選手が目立つ、というのはチームにとってとても大事なことだと思います。強いチームってそういうチームですよね。どこか上手いプレーになりがちだった雰囲気を、そうではなく、全員がやれることを全力でやり切るのがギラヴァンツだ、と六平選手がプレーで示してくれたように感じました。この姿勢が浸透すれば、ギラヴァンツの反撃ののろしは消えることなく、むしろ燃え盛ると思います。ポイントはチーム内に浸透するか、です。

 

ようやくサポーターと喜びを分かち合うことができました。ここからまずは勝ち数と負け数を逆転させること。そのためには、全員がやれることをやり切って勝利を手繰り寄せながら、現時点では拙い攻撃と守備を整理する。上位そしてJ2昇格を目指すのであれば、これを実現するしかない。期待しています!

 

私も早く目の前で勝利をみたい!

 

フロンターレが変わったことを受け入れていなかったのは私自身だった(フロンターレvsジュビロ磐田)

1-1の引き分けとなりました。前後半で一変した展開は、ジュビロが変化したことにフロンターレが変化できなかったからだと思います。もっと言えば、以前だったら変化せずとも対応できたことが今はできない、ということです。

 

前半と後半の違いと言えば、ジュビロのプレス強度です。前半は立ち上がりこそジュビロは前プレを強めたけど、しばらくするとブロック守備に切り替えました。引水タイム後も同様でした。よってフロンターレは苦労せずしてボールを保持することができました。攻めあぐねはしたものの、谷口選手のロブパスに山根選手が反応しワンタッチシュート!CBからSBへのアシストで見事なゴールが生まれ先制することができました。

 

後半、ジュビロは一貫してプレスを強めてきました。湘南戦以降、フロンターレの仮面はすっかりはがれていて、連動してプレスをかけ続けられるとボールキープできない。まんまとその通りとなり、ずっと押し込まれ決壊。CKから失点し、ホームで追いつかれるという、悔しい結果となったのです。

 

このプレス耐性の低さについては、もうどうのこうのいう気持ちにすらなりません。風間前監督時代に仕込んだボール扱いのスキルは、時間の経過と選手の入れ替わりによって消え失せ、ここ数年は強いプレッシングで相手のミスを誘ってからのショートカウンターというのがフロンターレの得点パターンでした。しかしこれも選手の入れ替わりとともにできなくなり、今は守備も耐えられないし得点もできないという、およそ特徴のないチームになってしまったと思います。

 

昨シーズン後半から感じていた停滞感は、旗手選手の移籍からいよいよ度を増し、今シーズンははっきりと停滞していることを感じます。ピンポイント補強も成功したとは言えず、強化と編成の失敗も響いています。昨日交代で出場した選手達が試合に入れず、むしろ足を引っ張ったことが如実にそれを表しています。

 

しかし、それらはとっくに受け入れておかなければいけないことだったのです。守田選手も田中碧選手も三笘選手も旗手選手もいないのです。それに対し成功した補強は橘田選手だけ。日本代表クラスが4人抜け、それに近い力を持った大卒新人1人の補強では、こうなるのは明白ということは分かり切っていた。でも、私自身が過去の、ここ数年のフロンターレをイメージするがあまり、過大な期待を寄せていたのです。実力が伴わないにもかかわらず、できないことを「なぜできない?以前はできたじゃないか!」と言っても仕方がない。できてた人がいなくなって、できない人が残ったのだから。

 

こういう考え方はサポーターとして失格かもしれないけど、これが事実だと思います。シーズン半分すぎてやっているサッカーがこれだということをきちんと認識し、所属するメンバーを正しく理解し、彼我の力の差を認め、過大な期待をせず、フロンターレはどこまで行けるのか。そういう視点で追いかけて行こうと思います。

中身も結果も、「次」もない試合に拍手はできない(天皇杯3回戦フロンターレvs東京ベルディ)

私は天皇杯が好きです。

 

Jリーグは前年実績に基づいてカテゴリー分けされた中で総当たりで戦い、J1の場合は34試合で最も勝ち点の多いチームがチャンピオンになります。試合数は申し分ないけど、前年実績でのカテゴリーという点がちょっとな…と。ルヴァンカップはJ1プラスアルファのごく一部しか参加できないし、レギュレーションも独特。一方、天皇杯は日本中のサッカーチームが目指すことができる。本戦に入ってからはトーナメントのため、一回でも負けたら終わりです。まさしく日本一を決めるタイトルだと思います。だから、優勝チームがACLに出場できるというのは適切な扱いだと思います。

 

フロンターレは2021年1月1日に天皇杯を獲得しましたが、コロナ禍でレギュレーションが特別でした。そもそも天皇杯の価値は全てのチームにタイトルを目指す権利があることだと思うのですが、この時は2020年のJ1の1位・2位、J2の1位、J3の1位の4チームにしか権利が与えられず。よって2連勝すればタイトルを獲得できるというもの。天皇杯の価値を貶めるつもりはないけど、この時のフロンターレ天皇杯獲得はボーナスステージだと思っています。つまり、フロンターレは真の天皇杯王者、真の日本一になったことがないと思います。だからこそ私は毎年、何としても天皇杯を獲って欲しい!と思っています。(2021年1月1日のスタメン、日本人全員が現時点での現役の代表または元代表ですね・・・加えてブラジルと韓国の元代表・・・)

 

さて、昨日の天皇杯3回戦の感想です。振り返るのも嫌になるような内容だったので、簡単に書き残しておきます。

 

残念ながら非常に情けない試合でした。2回戦と同じ中盤構成ですが、悔しいことに大学生には通用してもJ2には通用しないことが明らかにされてしまいました。これまでポイントポイントでサブメンバーが活躍する場面があったの、選手層の底上げが図れているかと思い始めてましたが、勘違いでした。非常に厳しい言い方になるけど、良い点が見当たらない。相手のプレスをいなせず、ガっと来られてボールを失うシーンは、湘南戦や札幌戦の失点と同じ。ちなみに2020年~2021年のフロンターレはこのスタイルでしたね。433に変え、前から猛然と連動したプレスに行くことで相手ゴール近くでミスを誘いボールを奪って、ゴールを陥れる。当時できたことが今はできず、逆にやられてるというわけです。

 

思い出すとまたむしゃくしゃしてくるので、もう終わりにします。なお、この試合で負けたことはリーグ戦の1敗とは全然違うことを再認識しておきたいと思います。「次」はないのです。ここで終わりなのです。だから「切り替えて次!」とはならない。だから私は、ブーイングしなかったけど拍手もしなかった。天皇杯が大好きな、フロンターレ天皇杯を獲得して欲しいと心から願う1サポーターの、小さなブーイングだったつもりです。誰にも届いていないだろうけど。

 

近くの味方にパスしようにも、近くに味方がいないんじゃしょうがない(ギラヴァンツvsいわきFC)

上位のいわきFCに2点差を追いついてのドロー。結果としては良かったと思います。これぞJ3という肉弾戦でしたが、これに勝たなければ昇格できないのです。ギラヴァンツのフィロソフィーがどういうものなのか、私にはわかっていませんが、自分達でボールをつないで相手ゴールに迫るのであれば、肉弾戦だろうが何だろうがいなすだけのスキルと、相手よりも適切なポジショニングする運動量が必要だというだけです。なお、肉弾戦をバカにするつもりは全くありません。ギラヴァンツも小林さんが監督になった1年目は、徹底的にフィジカルを鍛え、相手が走れなくなった後半でも自分達は走る。そうやって相手との優位性を作って1年で昇格しました。もちろんそこには、ボールを扱えるボランチもいたし、得点力のあるアタッカーもいましたが。

 

この試合で気になったのは、監督のハーフタイムコメントです。「近くの味方にパスを」旨を言ったようですが、そのためにどうしなければならないか。もちろんコメントは全部を発表するものじゃないから、そのあたりも具体的な指示があったのだとは思います。今シーズンのギラヴァンツは、縦のコンパクトさが非常に薄いと思います。相手のプレスを嫌がり、コンパクトさがないから、近くに味方がいない、その要因はやっぱりボランチのスキルというか、プレスをいなせないことだと思います。思い切って3ボランチとかいかがでしょうか?ちょっと後ろがかりになってしまうかな。

 

縦のコンパクトさがないから近くに味方がいない。一番近くの味方との間に敵がいて、パスが引っかかってしまう、そうなっていると思います。ギラヴァンツ1点目の髙澤選手のゴールは見事でしたが、スペースを佐藤選手が運び、池高選手(でしたっけ?)のクロスも長いもので、決して「近い味方」ではない。宮崎戦の髙澤選手のゴールも、自陣ゴール前からドリブルとパスをつないでいきましたが、これもカウンターでスペースがあったからですが、「近い味方」ではない。今シーズンの見事なゴールは、自分達で相手を切り崩すのではなく、カウンターから生まれているというのが事実です。今のギラヴァンツは、相手のプレスを頑張って耐え(決壊して失点してますが)、一気にカウンターで少ないチャンスを決めて点を取るチームです。

 

カウンターで得点するチームでもいいんですよ。そうやってタイトルを取ったチームは世界中にたくさんありますし、ワールドカップで活躍した国もある。要はギラヴァンツのフィロソフィーは何か、それに向かってどういう時間軸でやっていくのか、だけです。現時点ではボールを保持したそうなので、思った得点ではないではないのでしょうね。

 

それにしても悔しいのは、この試合結果のとある報道タイトルが「いわきFC痛恨のドロー」ということ。2点差で勝ってたのに追いつかれたのだから「痛恨」というのもあるけど、その前に「ギラヴァンツには勝って当然」という思いが、どこかにあったのではないか。と言うと、私が卑屈になりすぎですかね?それでもギラヴァンツを応援し続けますので、よろしくお願いいたします。

 

魅せたのは両チームのベテランFW(フロンターレvsコンサドーレ札幌)

J1中断明けのホーム等々力。中断前の低調さを拭って成長した姿を見せることができるのか?注目の札幌戦は5-2の快勝!三連敗とならなかったことに、まずはホッとしています。

 

しかしながら、後半途中までは札幌のマンツーマンディフェンスに苦しみました。個人で剥がせるのは、大島選手と家長選手くらいでしょうか。他の選手はまともに前を向かせない。そんな札幌の対応に「憲剛FROだったらこんな時、わざとポジション外してどこまでついてくるかを見るだろうな。その上で、空いたスペースを味方に使わるんだろうなぁ」と思って見てました。

 

それに近かったのが家長選手だと思います。と言っても、家長選手の出張はチームがうまくいかない時にいつもやってますが。この出張に相手がついてくるので、同時に相手の守備バランスも崩れると思うのです。残念ながら家長選手の出張ををうまく使ってというのは、ありませんでした。

 

また、大島選手がアンカーということからか、中央をこじ開けようとする攻撃が多かったですね。今シーズンは外回りからのクロスというのが多かったので、これはこれで面白かったです。足元スキルがないと中央こじ開けはチャレンジできません。大島選手の復帰は大きいですね。

 

色々と感じることの多かった試合ですが、その中から注目選手をピックアップするなら、興梠選手と小林悠選手という、ベテランFW2人の凄みだと思います。興梠選手は本当にオールマイティーだし変幻自在。ポストも上手いし、少し下がってボールを受けてさばいたかと思えば、次の瞬間にはゴール前に入ってたりと、あらゆるプレーをハイレベルで実行できる、日本随一のFWだと思います。組み立てへの参加も下がりっぱなしじゃないから本当に怖かった。興梠選手が絡むことで、フロンターレDFはバランスを崩されまくりでした。よくぞ興梠選手にゴールを割らせなかったな、と思います。

 

そして小林選手については言うがもがな。魂の2得点で逆転し、一気に札幌を突き放すのに大いに活躍しました。特に2得点目は「らしい」ゴールだし、最近のフロンターレのFWに欠けていたところだと思います。あの、こぼれることを想定し、信じて走り込む。かつて三年連続得点王になった大久保嘉人さんも、実際はそういう得点が多かったと思うのです。これが「嗅覚」なんでしょうね。小林悠は死んでいない、を自ら証明して見せたその姿は、本当にかっこよかったです。両チームのベテランFWが凄みを見せましたが、結果は自らゴールした小林選手に、チームも個人も軍配が上がりました。でも、2人ともまだまだトップレベルでやれることを示したと思います。2人に脱帽です。

 

得点力欠乏症だったフロンターレに戻ってきたエースストライカー。リーグ半分を終え、いかに勝ち点1を3にできるか、勝ち点0を1にできるか、が一層重要になっていきます。苦しいときにチームを救うゴールを決めるエースに、諦めるにはまだ早すぎるリーグタイトル獲得に向け、チームを牽引してほしいと思いました。

 

ピッチ上でギラヴァンツを導くのは誰か(ギラヴァンツvs福島ユナイテッドFC)

DAZN観戦しました。1-1の引き分けですが、少しずつ光明が見えている気がします。感想をいくつか書いておきます。

 

高沢選手が累積警告で出場停止となったため、先発FWに狩土名選手が入りました。前節Jリーグ初ゴールの勢いをもって臨んだと思うのですが、今節も狩土名選手のプレー自体はそんなに悪いものではなかったと思います。というか、出場時間も短いためプレー自体もあまり見ていないので、背の高さを生かしたポストプレーが得意なのか、むしろ足下で受けるのが得意なのか、正直よくわかりません。ただ、今節先発メンバーに入ったということは練習から良い面を見せていたからだと思うので、しっかり練習でアピールし、チームに狩土名選手の生かし方を落とし込むと良いのではないか、と思いました。福島の選手達は、めちゃくちゃボール扱いが上手いというわけではなかったし、むしろ特に立ち上がりはミスが多かった。ここに付け込んで一気にゴールに行きたいギラヴァンツでしたが、それもできない間に先述の通り失点です。先制できるよう、攻撃はしっかり形を持ちたいですね。

 

守備面は、まあ、いつもの通りですね。どうにもこうにもペナルティエリアでの守備力が弱い。特に今回も、守備の人数は揃っているのに足が動いてない。行儀よく並んでいるだけなので、守備陣の間のスペースはコーンの隙間と同じで、攻撃側は自由にできています。これは危機察知能力ということになるのですかね。でもそれが低いと守備として致命的ですし・・・。どうしたらいいのかはわからないのですが、監督・コーチはしっかり指摘、練習して改善することが急務だと思います。なにせ先制されるのが当たり前になっているので。守備が先か、攻撃が先か、という議論もあるでしょうが、今のギラヴァンツに関してはやっぱり守備が先だと思います。

 

最後に、佐藤亮選手。チームに勝ち点1をもたらす、ドンピシャのヘディングシュートでした。私、DAZNの前で叫びましたよ!チーム事情からか、サイドで使われることが多いのですが、本来純粋なFWだと思うんですよね。確かに今節で言えば、狩土名選手と前川選手がFWとして縦関係気味になるということだったろうし、そうすると佐藤選手はサイドということになるのは理解できます。器用ですし。ただ、佐藤選手の良さはやっぱりゴール前に入っていってシュートすることだと思うんですよね。

 

また、佐藤選手は熱い!去年も言ってましたが、今節の試合後インタビューでも「このチームは走る、戦うといった、当たり前のことがまだできていない」という旨のことを言っていました。これ、大事だと思うんですよ。選手がこういうことを言うということは、ギラヴァンツにはまだ甘さがあるのではないか?と感じるとともに、選手がこれを言える雰囲気がチーム内にあるというのは良いことだと。もちろん、これで佐藤選手がチーム内で浮いてしまわなければ、ですが。佐藤選手、あの明治大学が大学四冠(でしたっけ?)したときのキャプテンですから。MVPでもあったと思う。そんな選手がギラヴァンツに来るというので、私めっちゃうれしかったですもん。やっぱりキャプテンシーがあります。以前、私はブログで「ギラヴァンツに核が欲しい」と言ったのですが、誰が、と言えば佐藤亮選手だと思っています。長くギラヴァンツで活躍して、早期にJ2昇格し定着させてほしい。心からそう思います。そうした時に、やっぱり佐藤選手にはチームを勝たせるゴールを期待したいですね!これは本人も必要だと言ってますが。本当に期待しています。

 

前節に続けて点が取れた一方、左記に失点してしまうことで試合を難しくしているギラヴァンツ。でも、確実に改善へと向かっていると思います。次節こそ勝利、勝ち点3を。進め、ギラヴァンツ

 

意識についていかない身体(ギラヴァンツvsSC相模原)


f:id:cleanfuture_big:20220605081345j:image

2-3で負け。2点取れたことは収穫ですが、3失点していては勝てません。攻撃の連携の前に、守備の構築が急務なのは間違いないと思います。

 

気になるのは失点の仕方です。立ち上がり早々の失点も、オフサイド取り消しとなったセットプレーも、3失点目も、クロスをニアで逸らしてファーサイドを狙う形。ペナルティエリア内にギラヴァンツの人数はいるのですが、全く対応できずじまいでした。その他にも、全般にセカンドボールを相手に拾われる展開が多いと思います。

 

サポーターカンファレンスを経たからではないでしょうが、この試合は両チームとも球際を厳しく行くことを意識してました。結果として不幸なケガもあったし、ギラヴァンツのPK獲得もあったと思います。ただ、セカンドボールを拾えなかったり、PA内に人数がいても失点しているように、ボールに対する「最初の一歩」が遅いのではないか、と思いました。

 

セットプレーは攻撃側は事前に準備してくるので、もちろん攻撃側が有利。でも、ボールは1つだし、見るべき選手も決まってるので、やっぱり動き出しが遅いのだと思います。

 

ギラヴァンツは恐らく、球際厳しく行こうという話はしているはず。でもこうなるということは、最初の一歩が相手より遅いのだと思います。そしてそれは、体力的な面と頭の回転の速さと両方だと思います。意識を変えつつあるけど、体力がついていかない、判断がついていかない。

 

だとすると、今シーズンは時間をかけてこれらを強化するしかないと思います。でも、そうしている間もシーズンは進むので、勝ち点1でも取るためには守備の整理が必要書類だと思うのです。

 

とはいえ、この試合では2得点しました。目の前でギラヴァンツの得点見たのって、いついらいでしょう?やっぱり嬉しいですよね!サッカーはゴールを奪うスポーツだもの。

 

逆襲を掲げながら返り討ちにあいっぱなしのギラヴァンツ。本当の逆襲に向けて、やるべきことをしっかり準備、構築してほしいです。私は逆襲に立ち会いたいので、応援を続けます。