勇敢に戦うも、わずかに足りなかったパフォーマンス(ボルクバレットvs立川アスレティックFC)

f:id:cleanfuture_big:20221219112647j:image
悔しい0-1の敗戦・・・。

ただ、試合そのものは緊迫した良い内容でした。全体的にボールを握る時間が長かったのは立川。特に前半、ボルクバレットは守備の時間帯が長く続きましたが、集中力をもって無失点でしのぎました。体を張ってシュートブロックしたりGKがスーパーな反応をしたり。相手がボール保持しているときでも、相手陣内ではうまく守備をはめることができてました。

 

しかし、まさしく一瞬の隙をつかれました。ボルクバレットの守備が整う前に立川のCKをクイックリスタートされ、この試合唯一のゴールを奪われてしまいました。サッカーと違い、フットサルはピッチが狭いため、CK時のボールの滞空時間というか、ボールが動いてくる時間はわずか。とっさのことに反応するというのは不可能に近いですね。だけどこれもフットサルの魅力。やはり一瞬隙があったと言うしかないですね。

 

一方、攻撃面。私はアウェイYSCC戦も現地観戦したのですが、この時よりパフォーマンスがほんの少し落ちていたような気がしました。具体的にはうまく言えないし、あくまでもなんとなくそう感じたということです。1vs1で相手守備者に奪われたり、引いた相手のFP4人の中へパスが撃ち込めない。ほんの少しの連携のずれもあったかと思います。そんな中、GKがボールを持ちあがることで相手のマークがずれ、ビッグチャンスを作ることができましたが、惜しくもゴールならず。終了間際のパワープレーも相手の集中した守備に屈してしまいました。(そもそもパワープレーしなくてよい展開にしたいですね・・・)

 

負けも悔しいけど、それより何より無得点が悔しいっ!!!フットサルの大きな魅力の一つはゴールです。ピッチが狭く、守備から攻撃への切り替えの速さとゴールへの近さは、サッカーよりも多くのゴールを生む可能性があります。そしてボルクバレットは相手よりたくさんのゴールを奪って勝つチームだと思います。それを体現できなかったのが悔しくて悔しくて。私自身、アウェイ町田戦の先制ゴールしか見てない!

 

f:id:cleanfuture_big:20221219123002j:image

2022年、現地でボルクバレットとギラヴァンツの勝利を味わうことはできませんでした。さすがにちょっとこたえるなぁ・・・。選手達にとって私一人の有無は勝敗に関係ないでしょうが、このままだと本当に疫病神なのでそんなのいやだから、勝つまで応援しに行こうと思いました。でも、現地観戦したことに全く後悔はないです。週末のヒーロー達は、いつも私にたくさんの元気や勇気、モチベーションを与えてくれます。気持ちもリフレッシュし、こうして月曜日からまたお仕事に勤しむことができるのも、週末のヒーロー達のおかげです。でもやっぱりゴールを見て、勝ちたいです!

 

次はクリスマス、ホームに町田を迎えますね。前回対戦は逆転負けでした。ホームでは何としても勝って、現地の大勢のサポーターにクリスマスプレゼントを贈ってあげてください。私もエアでクリスマスプレゼントをもらいますよ!


f:id:cleanfuture_big:20221219112554j:image

試合開始前に、町田市立総合体育館の近くの成瀬杉山神社にボルクバレットの勝利を祈願。でも、相手チームから近い神様は願いを聞いてくれなかったようです・・・。

 

私の体に流れる赤い血(ボルクバレット北九州vsY.S.C.C横浜)

f:id:cleanfuture_big:20221127171138j:image
横浜に住んでから、だいぶ長くなります。途中で北九州市に単身赴任したり、少し離れた時期はあるけど、ほぼずっと横浜在住でした。そんな私ですが、同じ神奈川県の横須賀市に行った記憶があまりありません。今回、フットサル1部リーグのボルクバレットのアウェイ戦が横須賀アリーナで開催されるとのことで、多分初めての横須賀訪問となりました。天気が良ければレンタサイクルして、久里浜から海岸線を走って横須賀中央に戻ってくるルートを検討していたのですが、あいにくの雨模様。横須賀らしさについては、横須賀カレーと横須賀ビールをいただいたのみ。ゆっくり観光は次回に取っておきます。

 

さて、フットサルの魅力といえば、なんといっても1vs1の応酬とゴールの多さだと思います。狭いコートで5人で行うため、全員攻撃全員守備。攻守の入れ替わりは激しく、そこで一瞬でも遅れたら即大ピンチ。そしてお互いのゴールが近いので、サッカーに比べるとゴール数が多い。素人の私から見るとそんなところかな。

Fリーグの結果しか見てませんが、ここのところボルクバレットは複数得点ができてて調子良いようです。そういう意味ではフットサルの醍醐味を体験させてくれます。今節、私はもちろん複数得点で勝つつもり!横須賀アリーナに駆けつけました。といっても、横浜駅から横須賀中央駅は30分くらいなんですけどね。

 

そして結果は…0-3。完敗です。振り返ると、ポールポゼッションはボルクバレットが勝っていたと思うし、プレーエリアも相手陣内の時間が長かったと思います。それだけ試合自体は優位に運ぶことができたのですが、YSCCの緻密な守備を打ち破ることができませんでした。そして逆の意味で私はフットサルの醍醐味を経験させられました。

 

両チームは守備に特徴があったと思います。ボルクバレットは前から行く守備。FPが積極的に相手のFPを捕まえに行き、何度かそこからチャンスも作り、シュートまでいきました。一方、YSCCはもちろんマンマークがベースではあるのですが、押し込まれたときにしっかりポジションを取ってゴール前にスペースを与えない。シュートコースにしっかり身体を入れてきます。試合後インタビューでYSCCのGKが「FPがしっかりコースを切ってくれたので楽に止められた」と言ってたのは、その通りだと思いました。ボルクバレットのパワープレーに対しても緻密な守備はほころばず、40分間やり通したことには、悔しいけど脱帽です。

そしてボルクバレットがボールを失った瞬間の盤面転回。基本的にはここから3失点してしまいました。守備が整う前にシュートまで持ってこられては、いくら俊敏性に長けたフットサルのGKもノーチャンスに近い。このチャンスから一転して大ピンチというのもフットサルの魅力なのですが、やっぱり勝って魅力を感じたかったですね。

 

これで今シーズン私が観戦したボルクバレットの試合は、アウェイ町田戦とこのYSCC戦で2敗…。ホームで勝利ももちろんいいけど、アウェイで勝利すると格別なんですよね。でもやっぱり難しいですね。サッカーもフットサルも経験ありませんが、応援するのが楽しいし、選手達から「力になる」と言ってもらえると、「私みたいなのでも後押しできるかも」と調子に乗って思うタイプなので、アウェイ立川戦もできるだけ都合つけて応援に駆け付けたいと思いました。

 

ところでタイトルについて。

私には趣味と言えるものがなく、ふとしたきっかけで等々力でフロンターレを観戦することがあり、そこから等々力に通い続けてきました。横浜在住と言っても家から一番近いスタジアムは等々力だし。

その後、故郷のニューウェーブ北九州がJリーグ昇格しギラヴァンツ北九州と改称。初年度は日立台レイソル戦を応援しに行きましたね。当時のギラヴァンツ事務所に電話して「有楽町の北九州市出張所でグッズは売ってないのか?」って聞いたなぁ。このころからは「趣味はJリーグ観戦です」と言えるようになりました。

そんな中、ボルクバレット北九州を知りました。北九州市に単身赴任している時は、頻度は少なかったけど北九州市総合体育館や戸畑の浅生体育館に何度か行きました。だから私の血の色はもともと水色で、そこに黄色が加わり、今は薄いかもしれないけど赤が流れていると勝手に思ってます。私が持っている服はフロンターレ起因で青系が多いのですが、唯一の赤い服がボルクバレットのTシャツです。偉そうに言っても、今年はギラヴァンツ3試合、ボルクバレット2試合しか現地応援してませんけどね。

 

余談が長くなりましたが、今節は何よりも無得点が残念。でもボールを圧倒的に保持して攻撃する姿勢はワクワクさせてくれました。チームはそんなつもりじゃないのかもしれないけど、私としてはボルクバレットには1-0じゃなくて3-2、4-3、5-4といった風に、ゴール数で圧倒して勝つ!そんな姿を見たいので、やっぱりまた行きますね!
f:id:cleanfuture_big:20221127171159j:image

家長の涙の訳(フロンターレvsFC東京)

2022シーズン最終節の多摩川クラシコ。1人少ない60分間を耐え、3-2で勝利!しかも10人の状態から2得点して勝ち切りました。

 

冷静に考えたら、無駄に劇的な展開だったと思います。警戒していた外国人FWにジェジエウ選手の裏を取られ、スペースに出てきたところをソンリョン選手が接触してストップ、DOGSO。先制点も獲り、それまで良い状態で試合も進められていただけに、独り相撲で劇的にしただけかもしれません。ただ、勝つしかない。その状況で監督・選手達が見せた気迫は、今シーズン見たことがないくらいの鬼気迫るものだったのは事実だと思います。

 

もちろん今シーズン、選手達に気迫が足りなかったと言うつもりはありません。ただ、本当に「この試合を絶対に勝つ」という気迫が一年間あったのか?ちょっと疑問に思ったのは、公式サイトに掲載された家長選手のコメントを読んだからです。

 

>この試合だけを見たら、みんな勝点3をとるために頑張ったと思う。ただ、それは今日の試合だけの話かなと。

 

試合終了後の家長選手の涙のわけはわかりません。ただ、家長選手は憲剛選手からフロンターレを託された身。フロンターレにタイトルをもたらすことができなかった悔しさが一番でしょうが、もしかしたらこのコメントにあることも涙のわけなのかもしれません。

 

今シーズン、どうしてこんなに「取りこぼし」が多かったのか?もちろん主力選手の移籍とそれに見合わない補強が直接の原因だと思います。これは今シーズン中、私は一貫して言ってきました。編成の大失敗を現場がなんとかしている、と。ただ、それでもなんとかできたのではないか?ということを家長選手が感じていたとしたら、これはチームとしての大問題です。

 

思えば2020と2021シーズンは、勝っても喜ばないのがフロンターレでした。勝つのが当たり前だからではなく、どうやって勝つのか、もっとできたのではないか。常に矢印を自分たちに向けてやってきました。ところが今シーズンはどうか?コロナ禍や他チームとの問題もあったとはいえ、自分たちに対してそこまでの厳しさがあったのか?そこが足りていなかったのではないか、と家長選手が感じていたのかもしれません。つまり、タイトルという結果だけではなく、フロンターレの中にあった自分達への厳しさを継承させられなかったことを悔やんでいるのではないか?

 

シーズンが終わった今、アジアツアーがあるとはいえ一旦リセットです。選手も入れ替わりがあるでしょう。その中でフロンターレアイデンティティ、つまり地域密着+攻撃的そして常に自分たちに厳しく。これらを紡いでいくことができれば、来シーズン巻き返しもできる。ただ、これができなかった時、ここ数年の様相とは違う結果が突きつけられると思います。自分達への厳しさを、もう一度突き詰める風土を醸成してほしいと思います。

 

日程もコロナ禍も編成も散々だった2022シーズン。現場には休養を、フロントには反省と分析と課題解決策を真剣に練ってほしいと思います。そのためにはもう一度、妥当なKGIを設定してほしい。やみくもに「4冠!」とか叫んでサポーターを盛り上げるのではなく、彼我の力を分析し、日程も考慮したうえで、どこを目指すのか。そしてKPIを設定し、そこに向けて進捗をチェックする。一般企業ではオーソドックスなことがフロンターレのフロントではできていないのではないか?そう思える一年でした。アジアツアーが終わった後、会議室でお茶でも飲みながら談笑し、一杯飲みに行く、なんてことになってないよね?

 

最後までスッキリしないシーズンでしたが、それでも現場の頑張りでここまで来れました。最終節まで消化試合がなかったというのは、サポーターにとって本当にありがたいこと。来シーズンも期待できるフロンターレになりますように。

最終節まで消化試合なしは、サポーターにとってうれしいこと(フロンターレvsヴィッセル神戸)

2-1。辛勝でした。「勝ち続けるしかない」と、だいぶ前から言ってた割には負けたりして、ようやくここにきて「勝ち続けるしかない」という戦いができるようになってきました。今シーズンはとにかく編成がマーケティングに寄ったことで、ピンポイント補強するしかなくなり、主力が複数人抜けた昨年までのメンバーで一年間を戦わざるを得なくなりました。そんな中、監督・スタッフ・選手による現場力でここまでやってきました。敬服します。

 

そうして考えると今節も含めた今シーズンの全体的な様相も納得かもしれません。前半は試合をコントロールできても、後半は失速する。そして試合終盤には出力ゼロ。すべて主力が複数人ん受けた昨年までのメンバーで試合をせざるを得ないからです。長期手にに見て、マーケティングに予算を振ったこと自体は否定しないけど、だったら公約を見直すべきです。

 

愚痴が長くなりましたので、試合の感想を簡単に。選手達が良くやった、結局これにつきます。神戸の強力な前線はさすがで、大迫選手はさすが日本代表の1トップを任されるだけのことはある。谷口選手は常に劣勢でしたし、大チャンスも何度も作られた。ただ、流れから得点を許さなかったことは大事だと思います。逆にFKの失点シーンですが、ソンリョン選手の反応が一瞬遅かったような気がしました。気のせいかな?それでも見事なコースに決められたので、FKがうまかったということですね。

 

後半は相変わらず相手のペース。若干マンマーク気味に入ってきた神戸に、フロンターレはアップアップ。こういう時に相手を見て自分たちの戦い方を変える、ということができなくなりましたね。ベンチメンバーも出力を上げるだけの選手、すなわちスタメン脅かす選手がいないので、どうにか逃げ切るためのメンバー。大島選手に試合のペースを戻すことを期待しましたが、そこまでは行き着かなかったと思います。

 

それでも逆転できたのは、屈強な相手CBに90分間挑み続けた悠選手の奮闘が実った形でした。何度も挑み、弾き飛ばされ、それでも挑み続けた。正直、ダミアン選手だったらもっとCBとの勝負に勝ってたかも・・・と思って見てました。それを裏切って魅せた悠選手に、素直に脱帽です。あとはゴールだけでしたね!

 

一方でパフォーマンスが気になるのはノボリ選手。ボールを逃がす場がなく相手に当ててスローインにしているのでしょうが、そうなる前にボールを動かせないのか?それ以外にも足元にボールを置いてるときに相手が寄せてきて、対峙した状態から相手の逆を突いたパスを出そうとしてるのだろうが、ちょいちょい相手に引っ掛けてる。怠慢プレーじゃないだろうけど、決してよいプレーとは思いません。ベストイレブンの時のパフォーマンスには戻ってないと感じました。

 

「勝ちながら修正」ができないままですが、ともかく最終節まで消化試合なしで来ることができました。サポーターとして本当に幸せです。最終節はアウェイでの多摩川クラシコ。勝つこと。それだけのために監督・スタッフ・選手達は最後の力を振り絞って、勝ち点3をゲットしてください!最後まで応援します。(途中であきらめてたけど・・・。ごめん。)

「俺がボールを持ったら?」「裏っす!」(フロンターレvs京都サンガFC)

 

ホームに京都を迎えたナイトゲームは、3-1で勝利!首位に2差まで迫りました。だけど優勝に向け優位なのはもちろん首位マリノス。残り試合でフロンターレと同じ勝ち点を稼げばいいのですから。一方フロンターレは残り2試合で勝ち点6が必須と言っていいでしょう。つまり相手はマリノスではなく、目の前の敵。まずはヴィッセル神戸に勝つことが目標ですね。

 

試合の感想ですが、まず気になったことを1つ。前半効いてたプレスが後半まったく効かなくなったことです。スタメンとベンチメンバーの実力差が大きいフロンターレにとって、後半に出力を上げることは困難です。今節は前半で2得点という、理想的な展開に持ち込むことができたのが勝因だと思うのですが、それにしてもなぜ後半はあんなに苦戦したのか?京都のフォーメーション変更のせいなのでしょうが、それにピッチ上でどう対応するのか?毎度毎度このような状況なので、何とかして欲しと思います。「相手を見てサッカーする」ができていないということです。

 

では、良いと思った点をいくつか。まず、チャナティップ選手が効果的なのを久しぶりに見たと思う。いてほしい場所にいるし、プレスにもいくし、ドリブルで相手を動かすし、クロスは上手い。インサイドハーフの一番手は、前節ゴールしたにもかかわらず途中交代し、今節はスタメンから外れた遠野選手ではなく、チャナティップ選手なんだとわかりましたね。おかげで左サイドで崩すシーンも増えたし、この活躍を最低限としてさらに強みを発揮していけば、ここまでうまくいっていなかった左サイドからml相手を崩せるようになります。遅すぎるくらいですが、チャナティップ選手の本領発揮に期待です。

 

次に、表題のお話です。日本代表における憲剛FRO(当時はもちろん選手)と岡崎選手の会話だったと思います。憲剛FROが中盤でボールを持ったら、岡崎選手はDFの裏に動き出す。そこに憲剛選手からスルーパスを送る、というもの。まさしくこれを再現したのが、脇坂選手とマルシーニョ選手でした!マルシーニョ選手のスピードを生かす戦術と言えば、アンカーのシミッチ選手の左足からインスイングで放たれる大きなパスが有名ですが、滞空時間の長いアンカーからのパスと違い、脇坂選手はより近い位置からのパス。だからスピードも速いので、相手はマルシーニョ選手についていくのが精いっぱいなのではないでしょうか。多分、何度も練習で実現させてきた動きなんでしょうね!よりゴールに近い場所から繰り出されるこの攻撃は、ゴールに直結するため相手にとってより脅威だと思いました。

 

ここからしばらく試合間隔が開きます。リフレッシュしてまたコンディションを上げ、ホーム最終戦で勝利して欲しいと思います。時間があるのは相手も一緒。分析と落とし込みの差が出るでしょうし、いかにその裏をかけるか、さらにはピッチ上で素早く修正できるかが大事になります。絶対に消化試合を作らない!1戦必勝を2回、続けましょう!

 

奇跡を起こすしかないから、奇跡を信じるしかない(フロンターレvs清水エスパルス)

「自ら取りこぼさないこと」という監督の言葉に反し、自ら取りこぼし続けたフロンターレ。後半著しく出力が落ちるため、相手チームはフロンターレに先制されてもあわてる必要がない。じっくり後半に巻き返せば十分逆転できる。すっかりそう思われていると思うし、その通りだと思います。

昨日の清水戦も、まさしくそのような内容でした。清水は乾選手とピカチュウ選手がベンチスタート。後半出力を上げるときに投入することが見受けられましたし、試合展開もそうなりましたね。さらに、シーズン終盤にきてパフォーマンスが落ちている選手達がいるのも気になります。

 

先制したのはフロンターレ。ただそれは相手を崩したものではなく、セットプレーから相手のクリアボールを拾った遠野選手が左足で正確に決めたものでした。このゴールは見事で、遠野選手がシュートに行ける場所にボールを一発で置いたこと、これが決め手だったと思います。ただ、個人的には遠野選手が良かったのはこのシーンのみで、インサイドハーフとしての動きは今一つ。途中交代も納得のできたったと思います。

 

また、シミッチ選手は足元にボールを置く時間が長く、何度も狙われてボールロスト。シミッチ選手がベンチ入りできなかった時期が長かったのはこのプレーが要因だと思うのですが、コロナクラスター後にスタメン奪取してからはこの気配がなくなってました。ところがここにきてまた元に戻ってしまった。守備で効いたり大きくサイドを変えるのは上手いので、ここで悪い癖が戻ったのはかなり厳しいと思います。

 

さらにさらにノボリ選手。今シーズンのパフォーマンスの低さは目を覆うこともあるほどで、昨夜もそう。自信があるのかわかりませんが、相手が寄せるぎりぎりを狙ったり、苦しい状況でも味方へのパスを選択しようとしてインターセプトされたり。2失点ともノボリ選手が絡んでしまっていたと思います。ベストイレブンのころのクレバーなノボリ選手には相当遠い状況です。

 

このようなすっとこどっこいな状況にもかかわらず、フロンターレが逆転できた理由はズバリ、家長選手と知念選手だと思います。今フロンターレで相手と肉体で戦えるのはこの2人だけ。試合をクローズするためにはこの2人は欠かせないと思います。ただ、家長選手は攻撃の組み立てを一身に引き受けているため、試合終盤や連戦ではさすがに身体が動かなくなる。だけど交代させると逃げ切れない。これはひとえに他の選手達、特にスタメン外選手が悪いのであって、家長選手のせいじゃないとおもう。要は、いつもの編成の大失敗と底上げの大失敗につながるのですが。

 

残り3試合で首都の勝ち点差は5。逆転可能と言えば聞こえはいいが、あくまでもマリノスが負けることが前提で、ボールはマリノスが握っていることに変わりはありません。ここまで何度も言ってきてすっかり「オオカミが来た少年」ですが、フロンターレは残り連勝するしかない。昨夜のようにすっとこどっこいな状況でも、勝ち点3を獲るしかない。奇跡でしかないのですが、選手達が奇跡を信じている以上、サポーターも一緒に信じることしかできないのです。(だからこそすっとこどっこいはやめていただきたい。)

 

まずは、消化試合をなくしましょうよ。

うまいチームだったのではない。チームにいた選手がうまかったのだ。(フロンターレvsコンサドーレ札幌)

地上波で全国放送するには、よく言えばエンターテイメント性抜群、悪く言えばJリーグはレベルが低いと国民に知らせようとしているかのような試合となりました。私はDAZNで観戦したのですが、正直主審のホイッスルのレベルの一貫性のなさも含め、選手のパフォーマンスも采配もため息ばかりの試合。こんな試合、全国放送すべきじゃないと、心から思います。最低の目標である勝ち点3獲得も、真逆の結果となりました。

 

はちゃめちゃな試合となった原因の多くは、フロンターレにあると思います。そして敗戦の主要因は今シーズンは常に編成の大失敗にあるのですが、この試合に関しては監督にも大きな責任があると思う。これだけ試合間隔が開き、お互いに準備する時間があったにもかかわらず負けたということは、札幌に比べフロンターレの準備のレベルが低かったということです。準備力の差です。ずっと編成の大失敗の尻拭いをさせられていた現場がとうとう決壊した、ということかもしれません。

 

私はこの試合、すごく期待していました。固定され疲弊した選手達は休養できただろうし、練習もこの試合に向けた準備をしっかりしてきただろう、と。それは広島戦の高パフォーマンスがあったから。でも、見事に期待は裏切られましたね・・・。まさかこれほどの低パフォーマンスとは。「5連勝しかない」「自ら崩れないこと」といった言葉が、もはやお笑いでしかなくなりました。

 

もちろんタイトルの可能性がゼロではないですが、自らそれを手放そう手放そうとしているのですから、個人的には今シーズンはもう期待をもって観戦はできません。選手達の去就もほぼ決まってるのでしょうから、それを見極めながら1試合1試合をかみしめたいと思います。

 

それにしても今シーズンよくわかったのは、「フロンターレがうまかったのではない。フロンターレにいた選手がうまかったのだ。」ということです。もう何度も言ってきたけど、止める蹴るといったスキルはとっくにどこかに行ってしまってます。強引に相手をこじ開けることのできる攻撃性を持った選手も海外へ。昨年後半、どうにかタイトルをもたらしたのは全員が守備をさぼらないということでしたが、今シーズンの失点ぶりを見てもこの通り。得点できない・失点するチームがそもそも優勝できるわけなかったのです。後出しジャンケンで言ってますが。

 

さあ、フロンターレの正念場がやってきましたよ!一時期の黄金時代を経て、フロンターレはタイトルの取り方を忘れてしまうのか?それとも大きな変革をもって急回復するのか。すでに来シーズンを思いながら、のんびりと残り試合を見ていこうと思います。