読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屈辱の多摩川クラシコ。我々はまだこのレベルなのだ。(アウェイvsFC東京)

f:id:cleanfuture_big:20170318213007j:image

言い訳だけど、疲れはあったと思います。なぜなら、選手達が動けてたのは前半開始後の15分くらいと後半開始後の10分くらいだったから。その時間は面白いようにボールが回ってFC東京を切り裂いてた。だからこそその時間に点を取りたかったな〜。

 

でも、点が取れないのも理由があると思います。まず、攻撃が単発だったと思う。ピンポイントで合えば得点できるけど、合わなければそのターンは終わり。そんな感じで波状攻撃があまりなかった。

 

あと、FC東京の林選手くらいの高いレベルのGKに対して、あまりにも安易なクロスばかりだった。クロスについてはフロンターレはお世辞にも上手いとは言えないと思います。片っ端から林選手にキャッチされたのも当然だな〜。

 

阿部選手やネット選手が代わってから立て続けに失点したのも、この2人特に阿部選手は守備で効いてるってことなんでしょうね。とは言え勝つためにどういう手を打つべきだったか私にはわからないです。鬼木監督が今日の交代策と結果をどう総括するか、コメントを楽しみにしておきます。

 

まあ、ここまで負けなしで私もちょっと勘違いしてました。フロンターレは鬼木監督のもと新たなフロンターレを構築中。今年は簡単な年にならないってわかってるつもりだった。目を覚まして、あらためてフロンターレと一緒に立ち上がりますよ!

 

(勝って中断期間を迎えたかったなぁ〜)