読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

守備がはまると絶対勝てるという安心感がある

f:id:cleanfuture_big:20130915093131j:plain

おはようございます。台風からの湿った風のせいで、雨がすごいですね。

昨夜は録画しておいたBS1のゲームを見てから寝ました。今シーズンはA指定席で観戦しているのですが、ハーフタイム映像でTVカメラがバックスタンドを映した時に、小さく映ってました。誰が見ても気付かないでしょうが、ちょっと嬉しかったです。

 

さて、昨夜の広島戦。守備陣の集中した守りが無失点勝利の原動力なのは間違いないと思います。広島の1トップ+2シャドーの連動した動きと破壊力は抜群ですよね。昨年は強固な3バック&5バックとこの攻撃の破壊力でリーグ優勝しました。しかもフロンターレは寿人選手にコテンパンにやられてますからね。面白いように裏を取られたりして。

 

でも、さすがに昨夜は違いました。何といってもCB2人とSB2人の連携がすばらしかった!リーグ浦和戦では3バックがはまりましたが、ナビスコ浦和戦とこの試合は3バックの相手に対して4バックでいきました。そして、相手の前線3人に対してCBを1人ずつつけなくても、いつもの4バックでしっかり連携して集中すれば、そうそうやられるものではない、ということがわかりました。

 

しかもフロンターレの前線はJ最強!相手のDFに対して1人足りなくても、十分やってくれますから!

 

DF陣の頑張りは守備だけではなかったですよね!田中選手・ノボリ選手の攻撃参加は当たり前。まあ、見慣れた光景ですよ。昨夜は何といっても、そう!ジェシ選手!ドリブルで持ち上がるは、パス出して最前線まで走りこむは、もうやりたい放題!?そしてサポーターを煽る!あのジェシ選手を見せられたら、盛り上がらないサポーターはいないですよね!なんだかジェシ選手からは「まだリーグ優勝をあきらめていない!タイトルを獲るんだ!」という思いが溢れているように感じました。本当に素晴らしい選手ですよね。

 

そのあおり(?)を一番くったのが200試合出場の井川選手でした。ジェシ選手が上がる分、井川選手は最終ラインでのカバーに集中!いつもとは役割が逆でした。これは事前に打ち合わせたのかな?それで広島も混乱したりしたのかも。