勝ってホッ・・・ドタバタだったこの一年間の集大成(フロンターレvsコンサドーレ札幌)

2019年のJ1リーグの最終節。フロンターレコンサドーレ札幌とアウェイで戦いました。この試合、かなりの人数のフロンターレサポーターさんが札幌に行かれてましたね!その行動力というか、現地で選手を後押ししたい気持ちというか、素晴らしいと思いました。私はと言うと・・・寒い雨の横浜で自宅に引きこもってDAZN観戦でした。札幌はもっと寒いのに!

 

さて、試合は2-1でフロンターレの勝利!「ああ、ここに落ち着いたんだな」というスタメンで臨みました。フロンターレにしては珍しく(?)、キックオフ後1分足らずで先制点!札幌のキックオフでしたが、ボールを回収後一度も札幌に触らせないままDFを崩し悠選手がゴールを決めました。「お!」と期待を持たせる内容でしたが、その後のありさまはご存知の通り・・・。圧倒的に札幌にボールを持たれ、ビシバシとサイドや裏に通され、まあそれはそれはスリリングな試合になってしまいました。

 

こうなるとセットプレーは大事で、脇坂選手が見事なFKを決め、これが決勝点となりました。このシーンを見ていて思ったのですが、FKを直接決めるってもちろん蹴ったボールのスピードやコースも重要ですが、味方の動き出しも大事なんですね。ファー気味にポジションを取ったフロンターレの選手たちに合わせるかと思いきや、GKの逆を取ってニアに決めた、チームにとってすばらしいFKだったと思います。今まで蹴った選手とボールしか見ていませんでしたが、これからはチーム全体を少しでも見られるようになりたいと思います。

 

ただし、せっかくリードしても試合をいなせないのが今年のフロンターレ。それはひとえに選手たちのスキルが落ちたことと、プレーの選択が遅くなったことが原因だと思います。素人の私が見ていても乱れるトラップ、アクションせずボールが足元に来るまで待つ選手、こんなに余裕ある状況で相手にパスする?とびっくりするようなミスが相次ぎます。これはもはや仕方ないことなんでしょうね。ただ、これらのスキルを失いながらも選択してきたのが今年のサッカーだし、ルヴァンカップを獲得したという結果は残したので、そういうことなんでしょうね。

 

結果的には本当に勝ってホッとしたというのが感想です。「勝てば何でもよし」だったらいいんです。でも「攻守に圧倒して勝つ」のが鬼木監督の目指すフロンターレであったのならば、昨日の試合はやっぱりひどいものだったと思います。「攻守に圧倒されたけど、開始直後の勢いとFKで2点リードしつつも、その後のチャンスは「ことごとく外し、どうにかにか守り通して勝った」試合でした。

 

これで2019のフロンターレの冒険は終わりました。優勝したマリノスにはおめでとう!という気持ちです。マリノスに勝ち点で10も離され、4位は十分すぎる結果だと思わなければなりません。振り返れば、優勝できなくて当たり前な一年でした。私とかの仕事に置き換えると「対外発表した予算未達」のシーズン。KGIは四冠、KPIのひとつが三連覇でした。アクションプランがどういうものだったのかわかりませんが、チームにはしっかり振り返ってほしいと思います。そして来季の戦力構想もすでにできているでしょから、それを踏まえて来年のKGI、KPIを知りたいと思います。

 

文句ばっかりになってしまいましたが、やっぱりこれは上手かったフロンターレを知っているからですね。そして連覇を目の当たりにしたから。チームは人なり。フロンターレも他チームも人でなっている以上、人が変わっていき、チームも変わっていき、チームの絶対的な力も相対的な力も変わっていきます。そんな中やっぱりフロンターレにはいつも期待しているし、その気持ちはきっと変わらないと思います。また来シーズン、フロンターレと共に前進したいと思います。

 

さあ行け!フロンターレ

 

 

祝!J3優勝!J2への課題と、うまくいかないなりになんとかできたこと(ギラヴァンツvsガイナーレ鳥取)

1-1の引き分けでしたが、最終節を待たずにJ3優勝を決めました!いやぁ、なんだかんだでうれしい!!

 

さて、試合に関しては両手をあげて喜べるものではありませんでした。鳥取が豊富な運動量で数的優位を作りながらギラヴァンツのプレスをかわし続け、ギラヴァンツは苦しい展開。ボールを持って繋いで持ち上がりたくても、鳥取の選手に囲まれて奪われたり、コースを切られて難しい選択をせざるを得ない状況となりインターセプトされたり。ってか、鳥取の両ワイドの選手運動量豊富すぎ!スタミナありすぎ!3バックと5バックをあれだけ素早く切り替えられたら、ギラヴァンツとしてはなかなか難しいですね。それでも無失点でしのげば後半鳥取の運動量が落ちるかな、と思ってたけど、持ちこたえられず失点。追いかける展開となるも、状況は変わらないままハーフタイムになりました。

 

そして後半。いきなりギラヴァンツは戦術変更!?と思われる攻撃に出ます。相手より早く攻撃してしまえ!と言わんばかりの速攻が炸裂!ボールを前に前に繋いで町野選手がこれぞFWというゴール!同点に追いつきました!

 

このゴールまでのギラヴァンツの攻撃はお見事でしたね。前半いつものようにボールをつないで相手を押し込みたかったけど、焦れずにやることができずに逆襲を浴びてました。相手のワイドが速いのなら、それ以上のスピードと運動量だ!そして大悟選手のやさしいアシストと町野選手のここしかないコースへのシュート。いやぁ、前後半のこの切り替えは何よ!?と思いました。

 

ただ、有効な速攻がその後もあったかと言うと、そこまでもなく…。後半も鳥取優位で試合を進められてしまいました。高橋卓也選手のスーパーセーブがなければどうなっていたか…でも、スーパーセーブもチームプレーのうちですから!織り込んでいいんです!

 

歓喜の昇優勝とはいえ、来シーズンJ2で戦うのに課題はありますね。(レンタル選手の話は置いといて。)

 

やっぱり今日くらい相手守備が厳しいとプレーが乱れてしまいます。余裕を持ってボールを持てる時はいいのですが、当然相手はそうはさせじとプレスをかけてきたり、網を張ってきたりします。予め先を見ておいて、相手をかわしながらパスをする、さらに動いてパスをもらう、ということを、一段も二段もレベルを上げていかなければ、上位カテゴリーでは苦しいでしょう。そしてゴールを決める力ですが、これはどうしてもレンタル中の選手ともともとギラヴァンツの選手の話になるので、今日はしません。

 

相手をかわす技術もレベルアップして欲しいですね。今日は弘堅選手は結構相手に見られていて、DFからボールを受けても戻してしまうシーンが目立ちました。前を向かせないようにされたのもありますが、その中でもやっぱり前を向いて欲しいですね。そうしたら弘堅選手の広い視野からサイドチェンジだったり相手の裏だったり、ズバッと速いパスだったりと良さがさらに出そうです。もちろんこれはみんなそうなのですが。

 

とはいえ、速攻で同点に追いついたのは高評価だと思います。自分達が積み上げたものが上手くいかない。そこで一気に違うことを仕掛ける。しかも同じイメージを持った選手達が絡んでゴールですから!ハーフタイムに具体的な指示があったのかわかりませんが、苦しい状況をアイデアで打破したのは、積み上げてきたもののひとつだったんでしょうね!

 

ギラヴァンツはここまで19勝9分5敗、得失点差25と、J3チャンピオンふさわしい成績です。ただ、3年かけて作る予定だったチームの土台が1年でできたかというと、私は正直言って不安です。それは、自分達でボールをつないでゴールに迫るサッカーが今日のようにJ3でも機能しないことがあること、そしてやっぱりレンタル中の選手達の能力の高さに支えられた面も大きいと思うからです。

 

でもね、今から来年のこと心配してたら鬼が笑うってもんですよ!小林監督にはそんなこと織り込み済みだろうし。1年で復帰したらしたでなんとかするでしょ!今夜、私達サポーターはJ3チャンピオンという言葉を堪能していいと思います。

 

さあ、あと1試合。有終の美を飾りましょう!進め、ギラヴァンツ

惨敗のホーム最終戦・・・一年間の積み上げに歴然とした差があった(フロンターレvs横浜Fマリノス)

1-4と、見事なまでの惨敗でしたね。一年間ブレずにやり続け、ここまで到達したマリノスに対し、メンバー固定するに至らないまま一年間が経ってしまったフロンターレとの差が、はっきりと出たと思います。

 

マリノスの素晴らしいところは、イチかバチかのサッカーをしないところだと思います。やるべくしてやり、なるべくしてなる。確率が高いとかそういうことでもない。強烈な個性を最大限生かす組織、という感じです。これぞ連動性!と拍手を送りたくなる試合でした。フロンターレとの試合ですから自ずと両チームを比較できましたが、そのレベルの差は歴然でしたね。崩し、速攻、カウンター、どれも完璧でした。優勝に値するチームだと思います。

 

一方、フロンターレの得点は長谷川選手のクロスに対してダミアン選手のヘディングシュートの1発のみ。確かにいいクロスにいいシュートでしたが、マリノスDFを振り切ったダミアン選手の強さに助けられたものだと思います。まさしくイチかバチかの攻撃です。今シーズンのフロンターレは最後の最後が決まらない、という印象がありますが、これはイチかバチかになっているからだと思います。ダミアン選手や悠選手に合えば得点、合わなければ得点できない。当たり前のことです。ピンポイントに近い勝負ですから、うまくいかないことが多いのは必然ですよね。一方、マリノスはそうではなかった。チームとして、組織として熟成されており、フロンターレよりも1枚も2枚も上手でした。

 

残念ですがホーム最終戦を惨敗で終えたフロンターレルヴァンカップを獲ったとはいえ、あれはとっとと終戦したACLによるシードから始まり、決勝は引き分けでした。タイトルではあるけど、強さを見せたものではありませんでした。そして一年間の積み上げが試される今日の試合の体たらくです。ダメなシーズンだったと潔く認め、チャレンジャーとして出直したいと思います。

 

来シーズンは大卒新人が4人だっけ?加入予定です。世代交代を進める意図もありそうです。大丈夫、フロンターレは前進し続けるし、私も(今日の内容にはがっかりだったけど)応援し続けます。

 

その前に、まだ最終節がありますね!絶対勝て!

J2復帰!積上げてきたものを余すことなく出しつくすということ(ギラヴァンツ北九州vsカマタマーレ讃岐)

ギラヴァンツ北九州がJ2復帰を決めました!讃岐を相手に4-0と快勝です。ホームミクスタに集まった8000人弱のサポーター・観客は大いに盛り上がりました。

 

さて、この試合を見ていて思ったことは、タイトルの通りです。この一年間でギラヴァンツは、絶えずプレスをかけ続け動きながらしっかりボールをつなぎ、サイド・センターのバランスよくチャンスを構築しゴールを奪う。こういうことをやってきたと思います。しかし、1試合を通じてこれを遂行できたかというと疑問がありました。特に、前半は上手くいっていても、後半は急に上手くいかない、ということがよくあったと思います。つまり、積上げてきても試合を通じて発揮できていなかったのです。

 

しかし、昨日は違いましたね!選手達の足が止まることはなく、讃岐のGKやDFのミスを誘発しました。先制点はまさに相手のミスを誘い、最後はGKと2vs1または3vs1となり、町野選手がきっちり決めきったものでした。2点目もしっかりペナルティエリア内に人数をかけていたために取ることができたPKだと思います。

 

3点目・4点目は北川選手がしっかりゴール前に詰めていることがすばらしいのですが、その前に全選手が足を止めず、パスをもらっては出しそして動く、ということをやり続けた選手達がすばらしい!小林監督が就任後、継続してハードな練習をやってきたことがここで花開いたと感じました。交代選手を含めて、最後の最後までやりきる、という意識がよく伝わってきました。昨日の試合では本当に悪い選手がいなかったです。ひとりひとり名前を挙げながら、良かったところを挙げることができますよね!

 

さて、J2復帰を決めました。私は「昇格」とは言わないようにしています。J2は元いた場所ですから、そこにようやく戻るのです。そして試されるのはここからです。J2に定着し、上位につけ、そしてJ1昇格を狙う。小林監督にはそこまでのビジョンがあると思います。どう考えているのか、楽しみです。

 

そして、復帰は決めたけどJ3で優勝したわけではありません。12/1にはまたミクスタで試合があります。ここで何としても勝利し、優勝を勝ち取りましょう!そのためにも、昨日8000人弱だった観客をもっともっと増やしたいですね。せめてあと7000人くらいは!一年前は最下位だったチームがここまで来ました。でも、ギラヴァンツはもっともっと進化しなければなりません。その進化を目にすることができて本当に幸せだと思うし、もっとたくさんの人にこの気持ちを感じて欲しいと思います。

 

さあ、次はJ3優勝です。進め、ギラヴァンツ

J2昇格にマジック1!だが、勝ったことで満足してはいけない(ギラヴァンツvsザスパクサツ群馬)

昨日のギラヴァンツvsザスパクサツ群馬DAZNで観戦しました。結果は1-0でギラヴァンツ勝利!これによりギラヴァンツは首位を堅持、2位との差を広げることに成功しました。次節、ホームミクスタで勝利すれば自力でJ2昇格を決定することができます。

 

1-0の点差から想像できるように、本当に厳しい戦いでした。まさしく辛勝です。群馬が4-4のラインでコンパクトに守備してくるため、ギラヴァンツはどうしても最後のパスを通せないさらに群馬はボールホルダーへのチェックも怠らないため、ギラヴァンツはスペースも時間も与えてもらえませんでした。そのため前半途中から相手DFラインの裏を狙ったロングパスを多く入れだしたのですが、これが賭けのようなもので、しかも分の悪い賭けだったためほとんど上手くいかず。小林監督が「もっとボールをつないで前へ運べ!」と叫ぶのがDAZNでも聞こえてきました。

 

そんな中、髙橋大悟選手のすばらしいミドルシュートが決まり、それを守りきりました。しかし、果たしてこの試合、ギラヴァンツは「積上げたもの」を出すことができたのでしょうか?できた、と答えられる選手やサポーターはいないのではないか、と思います。いや、勝ちきったこと、これは「できた」と評価していいですね。

 

ギラヴァンツが目指しているサッカーはJ3随一の面白いサッカーだと思います。ラインを統率し相手へのチェックも怠らない厳しい守備から放たれるのは、自分達がボールを保持し動かしアクションして得点を奪うサッカーです。フロンターレのサッカーが面白い!と言われるのですが、ギラヴァンツがやろうとしていることはほとんど同じではないかと思います。加えて大事にしているのは、昇格して定着できる力をつけることです。

 

昇格して定着する、が目標(もちろんそこで優勝争いをしてさらなる昇格を目指します)である以上、勝ちきったことで満足してはいけないと思います。定着するためには、自分達が勝つ形を磨き上げなければなりません。そういう意味で昨日の群馬の守備はすばらしいものでした。あのレベルの厳しい守備にてこずらないよう、もっと早い打ち手の選択とアクションが求められると思います。

 

以上が全体の印象ですが、もう一つ選手に対しての印象を。ギラヴァンツのCBコンビの安定感はすばらしかったです!高さ、強さ、前に出る判断、自由を与えない寄せ、ほんとうにすばらしいCBコンビだと思いました。J3で最小失点を支えてる柱の一つがこのCBコンビなのは間違いないと思います。是非、さらにさらに磨いてください。

 

もともと私は、実力が無いままの昇格には反対でしたし、今でもそう思っています。小林監督も監督就任時にそういうことをおっしゃっていました。でもチャンスがあるのに逃す手はないですよね!それに今年の小林監督の手腕を見ていると、残り数試合と来年のキャンプで何とかしてくれるんじゃないか。そう思えてきました。だから次節、ホームミクスタでJ2昇格を決めましょう!他チーム結果次第ではJ3優勝も決まるのかな?ワクワクしますよね!

 

さあ、進め!ギラヴァンツ

執念のぶつかり合いが生んだ好ゲーム(ギラヴァンツ北九州vsロアッソ熊本)

一夜明けましたが、昨日J3リーグロアッソ熊本vsギラヴァンツ北九州DAZNで観戦しました。結果は1-1の引き分け。両者の意地が垣間見える好ゲームだったと思います。観客もたくさん入ったようだし、こういういい試合が増えていけばバトルオブ九州も盛り上がりそうですね!

 

さてギラヴァンツ北九州にとっては課題を残す結果となりました。私の思うポイントは3つです。一つ目は、前後半のペース配分というか、強度の維持というか。ご承知の通りかなりの前プレで試合に入った北九州は、申し分のない前半でした。相手を囲みボールを奪う、素早くつないでゴールに迫る。あとは決めるだけ…というところではありましたが、ここは熊本がしっかり守ってゴールを割らせない。そうなると逆に後半このペースが持つのか?と不安になりましたが、案の定というか、後半は圧倒的な熊本ペース。熊本がギラヴァンツのプレスを回避できるようになったことと、ギラヴァンツの足が止まりだしたことの両方だと思います。あのペースで行くのなら前半で勝負を決めなければならなかった…。

 

2つ目は先制点です。またまた高橋大悟選手!相手ゴール前に押し込んでスクランブル状態の中でのゴールは、押され続けていた後半、チームに元気をもたらすものでした。こういう状況で決めてくれる大悟選手には感謝!ですが、どうも大悟選手頼みになっている気がします。夏の補強がドンピシャだったということですが、その他の得点者がいないことはいいことじゃありません。特に昇格が現実味を帯びてきた今、このままではまずいと思います。率直に言って春から所属している選手達のゴール欠乏をなんとかしないと。

 

3つ目はセットプレーで同点にされたこと…。前節でしたか、小林監督がセットプレーの守備の改善をあげていたと思いますが、ここでやられてしまいました…。ぶっちゃっけ後半あれだけ押されてて時間の問題な気もしてたけど、選手達がものすごく頑張ってギリギリで得点を許していなかった。そういう時にセットプレーは相手もしっかり準備できるので怖いですね。あと数分というところでしたので、ギラヴァンツにとっては悔しい失点ですが、熊本は意地を見せた得点でした。

 

ともかくこの試合は、あっという前に90分が過ぎた、見ててすごく充実してた試合でした。4連勝で波に乗り一気に昇格、優勝まで駆け抜けたいギラヴァンツ。ここで負けると昇格争いから後退するし、ホームで首位を叩きたい熊本。前後半で様相は変わりましたが、両者の意地を感じた試合でした。観客も多かったし、3部リーグでこれだけの試合を見せてくれるJリーグってやっぱり楽しいし、素晴らしいと思いました。

 

一方、ギラヴァンツにとっては課題を感じさせました。想定よりも勝ち点を積み上げていますが、果たしてJ2でどうかというと、まだまだ首をかしげる内容だと思います。得点の部分、失点の部分、試合作りの部分。いずれもさらにレベルアップが必要だと思います。残りの試合ではこれらの成長を含めながら勝って、是非とも昇格してほしい。そしてストーブリーグとキャンプでしっかりと伸びてほしい。小林監督と複数年契約を結んでいると思いますし、きっとやってくれると思います!

 

しっかり地力をつけてから昇格すべき、と思ってたけど、ここまできたらやっぱり優勝して昇格したいです!

誰が出ても同じことができるのが強いチームだとは限らない(フロンターレvs鹿島アントラーズ)

2-0でフロンターレの勝利!BSで観戦しました。

 

この試合、結果は2-0だけど内容は2-2でしたね。鹿島は大決定機を外したので。でも、本当にしびれるような、あっという間の90分でした。リーグ終盤にふさわしい試合だったと思うし、お互いの一年間の成長を示したと思います。

 

鹿島はなんといってもフロンターレにミスをさせる守備が素晴らしかったです。パスの受け手の前でインターセプトしたり、コースを塞いだり。距離感も抜群でゆるいパスやコースが甘いパスは何度かインターセプトされてヒヤッとしました。そのせいでフロンターレはミスできない、と萎縮して小さいプレーになってしまう。そんな循環ハマりかけました。

 

ところがそれをしない、させない選手がフロンターレにいましたね!田中碧選手です。試合ごとにたくましくなる碧選手は、今日も存在感を発揮しました。なんていうか、びびってプレーしないですよね。狭くても突っ込んでいくし、そこで奪われないスキルもある。もちろん相手もプロだから、奪われることもあります。でもそれで萎縮しない。そして守備もガツガツ行けます。当たっていけるし、ガツっと奪えるし。まだU22だというのに、頼もしい限りです。

 

今日の試合を見て思ったのは、フロンターレは出る選手によって様々なサッカーをしようとしてたのではないか、ということです。一昨年までフロンターレは、誰が出ても同じことができるチームだったし、それを目指していたと思います。ショートパスをつないで、動きを止めず、相手を動かし崩す。それを全員ができるようにやってきたと思います。その中でも最も上手くできる選手達の組み合わせがガッチリ出来上がった。

 

だけど昨年くらいから、特に今年はそうではなく、選手達の組み合わせでガラッと違うサッカーをする。そして勝つ。そういうのを目指してきたのかな、と思いました。今シーズンスタメンが固定されなかったのは、ケガ人とか最適な組み合わせが見つからなかったのもあるけど、組み合わせることで違う味付けのサッカーをしたかったのではないか。そう思いました。

 

確かに本気で4冠狙うなら、同じサッカーを志向しているだけでは厳しいかもしれません。国内でも、負けても次があるリーグ戦とアマチュア含めたトーナメント一発勝負の天皇杯、そしてホーム&アウェイのあるルヴァン杯では違うだろうし、ACLなんてそもそも相手がデカかったりいろいろある。残念だけどこれまでフロンターレのサッカーはACLで通用したとは言えないと思います。だから、本気で4冠を狙うから、様々なバリエーションを持とうとしたのかなと思うのです。長い目でフロンターレを強くするにはこれだ!と考えたのではないかと思うのです。

 

この挑戦は今シーズンに関しては失敗でした。なぜなら4冠取れなかったから。目標を達成できなかったからです。ただ、このにきて成果を出し始めているのも事実だと思います。ルヴァン杯優勝というタイトルは獲得できたし、何よりこの三連戦を連勝することができているから。ただ、やっぱり時間がかかりすぎました。リーグ戦タイトルが現実的に厳しい状況になってしまいました。

 

もちろん可能性はあるので、選手達が諦めない以上、私も応援し続けます。そして私の想像が合ってるかわからないけど、きっともっと強くなろうとしているフロンターレにわくわくし続けたいと思います。