「鬼木フロンターレ」の前半、「鬼木フロンターレ」の後半(フロンターレvsジュビロ磐田)

f:id:cleanfuture_big:20190915111014j:image

昨夜は等々力でフロンターレvsジュビロ磐田を観戦。フロンターレが2-0と久しぶりのリーグ戦勝利となりました!反省点が多い試合でしたが、勝ちながら修正できるという方がいいので、勝利の余韻は味わいたいと思います。

 

とは言え反省は大事。私のツイッターのTLにも、反省の声がたくさん流れてきました。私も概ね同意見です。いくつか書いておきます。

 

まずはいきなり立ち上がり。ゆるゆるな守備からほぼフリーでシュートを撃たれました…。これはポストに当たって冷や汗もの。守備全体のゆるさと全く反応できなかった新井選手に「マジか!?」と思いました。これ入ってたらヤバかった〜。でもポストに当たるところが、この試合の新井選手が「持ってる」部分だったんだと思います。

 

守備も攻撃も「前半は」よかったです。前半だけね。気温が若干下がったせいもあってか、フロンターレジュビロのボールを前で奪おうという姿勢がありました。ボランチもボールを狩りに行くし、CBも控えてるだけじゃなく、前に出て行く。ジュビロの外国人選手達はやっかいな存在でしたが、フロンターレは自分達が動くことで主導権を握ることができてたと思います。

 

ただし、ここにあったのはいわゆる「風間前監督のサッカー」ではありません。止める・蹴る、や目を揃える、と言った、三年前まで当たり前化していた要素はほぼ消えていましたね。トラップも流れるしパスもズレるシーンは結構ありました。でも、この前半でやろうとしたのが鬼木監督のサッカーなのかな、と思いました。たえず動きながらポジションを取り、相手にプレッシャーをかける守備からできるだけ速い攻撃を仕掛ける。選手がポジションを動かしながらサッカーをするためには、複数のポジションを高いレベルでやれる選手が必要で、その1人が山村選手なのかな、と思います。

 

とは言え、良かったのは前半だけ。後半はわざと省エネにしたのかと思うくらいの立ちんぼサッカーでした…。前半で今のフロンターレの方向性が見えた気がしたのに、後半元に戻ってしまう。勝利にもかかわらずもやもやしたのは私だけじゃないみたいですね。

 

これ、もちろん選手達の問題もあるけど、やっぱり監督の責任もあると思います。サッカーは相手があるスポーツだから、常に相対的です。ハーフタイム、ジュビロが施してきた修正に対し、フロンターレはどうだったのか。同じことを続けていたら、ハーフタイムに変化をつけられて上回られてしまう。これがフロンターレだと思います。その後に交代選手を入れましたが、どうも4-4の守備ラインを敷きにいったのかな?これが機能せずずっとジュビロのターンとなってしまいました。

 

一昨年と昨年に対し、今年のフロンターレは「変化」をつけられなかった。でも他チームは変化してきた。相対的な優位性がなくなったにもかかわらず、むしろ「止める・蹴る」も「目を揃える」も劣化しているけど、昨年までと同じことをやろうとしてうまくいかないのが今年のフロンターレだと思います。そうこうしているうちにもうシーズンも終わりが近づいてきました。白旗を揚げるなんてとんでもない。最後まで変化をつけられるのか?変化しながら前進できるのか?注目しながら応援します。

補強組が結果を出せるのは、全員が動き続けてるから(ギラヴァンツvsFC東京U23)

DAZN観戦でしたが、國分選手と北川選手のゴールで2-0の快勝でした!

 

國分選手の、相手ゴール前で横にドリブルしDFを崩してからのゴールは見事でしたね。また、夏の補強組の椿選手の突破から北川選手へのスルーパスからの北川選手の落ち着いたゴールも素晴らしい!2ゴールとも本当にいいゴールでした。

 

前節そして今節と、夏の補強組がポテンシャルの高さと結果を見せつけています。高橋大悟選手は前節ゴールはもちろん、ゲームの組み立てへの関与から積極的にゴール前に入ってシュートまで行きます。北川選手はきっちりボールを引き出してきっちりゴールを奪い、椿選手は鋭い突破と剥がしでチャンスを構築しています。今シーズンのギラヴァンツで引き分けが多い要因の一つだった攻撃面の活性化、2列目からのシュート、精度の高いフィニッシュなどを見事にやる抜いてくれてます。ありがたいですね!

 

ただ、これらは3人だけでしできることではないのは当たり前です。特に昨日は、何よりチーム全員が動き続けることができていたと思います。今シーズンは、前半動けていたのに後半動かなくなったり、もっとひどい時には前半10分まで動いていたけどそのあとは動かない、ということすらありました。DFを中心に身体を張って守備することで、どうにか勝ったり引き分けたり、だったと思います。自らアクションすることをサボることで相手に流れを渡してしまうことがありました。

 

昨日はそうではなかったですね。飲水タイムが取られる過酷なコンディションながら、いいポジションを取り続けることをやめなかったと思います。それがあって、さらにゴールに向けてチャレンジした結果の快勝だったと思います。

 

シーズンは終盤に入っていきます。アクションをサボらないこと。身体的に厳しくなってきますが、やり続けて欲しいです。その先にこそ、目指す場所があると思います。

 

進め、ギラヴァンツ

強みがないから、誰でも出られる、いいことじゃないよね…(フロンターレvsC大阪@長居)

ああ、こんなんだった気がする、私がフロンターレを身始めた頃。とにかく簡単に失点して…。でもボランチ憲剛選手から鬼のようなスルーパスが相手DF裏に出て、それをジュニーニョ選手が決めて逆転するんだ…。そして四冠狙う!と意気揚々と臨んで、結局…。

 

いや、全然違う。あの頃は、「憲剛からジュニーニョへのスルーパス」という強みがあった。わかってても止められない強みが。それを最大限に生かすサッカーをして、「はつのり」もしたし、タイトルは取れなかったけど、何度もシルバーコレクターにもなった。しかし今は、私は何度も言ってきたけど「強み」がないのです。全てを強化するつもりが、全てを弱くしてしまった。そういう状況だと思います。

 

強みのないサッカーだから、誰が出ても一緒です。強みがあれば、それを最大化するメンバーで臨むから、おのずとメンバーが固定されるでしょう。今のフロンターレは「練習で調子のいい選手を使う」ことができるのは、悪い意味で強みがないから・形がないからだと思います。

 

DAZN観戦してたのですが、とうとう解説者から恐ろしいコメントが出ました。「交代すればするほどダメになる」旨のコメントのことではありません。「選手達の気持ちが切れている」という発言です。これ、おそらくあの8連敗のころ以来だと思います。これに「監督と選手間の溝」が聞こえてきたら、全く同じです。そうではない、と信じてるけど。

 

どうすればいいのか、なんて私にはわかりません。だけど応援し続けます。リーグタイトルは限りなく赤信号に近い黄色信号だと思います。厳しいけどゼロじゃないし、天皇杯ルヴァン杯もあるし。フロンターレが前進し続ける限り、私も歩みたいと思います。

 

最後にひとつ。「ふわっと試合入る」のは、絶対的なものじゃなく、相手との相対的なものだと思います。清水に比べ、セレッソに比べ、フロンターレは「ふわっと」入ったのです。だからどのチームもフロンターレに対しては「最初の数分は全員でガンガン行って出鼻を挫け!」となってると思うし、まんまとやられてると思います。「攻守に圧倒する」を思い出して欲しいです。

 

勝てないどころか負けてしまい、私もちょっとイライラしてしまってるみたいです。失礼なブログになってしまいすみません。ただ、今の正直な気持ちとして残させてください。

 

立ち上がり、しっかり前を見て進みましょう!フロンターレ

 

アピールした新戦力!これからが大事、と兜の緒を締めよう(ギラヴァンツ北九州vsヴァンラーレ八戸)

DAZN観戦でしたが、アウェイでギラヴァンツが3-0と快勝しました!とてもとても気分が良い勝利でしたね。一方で根深い課題もあるので、簡単に感想を書いておきます。

 

中断期間にギラヴァンツが獲得したのは攻撃に妙のある3人。今日は全員が帯同しました。私は練習を見てないのですが、高橋大悟選手はスタメン、北川選手と椿選手がベンチと、3人の評価の高さがうかがえます。そして今日いきなり大悟選手と北川選手が、もっとも期待されている役割、すなわちゴールを奪ってみせました!

 

今日のギラヴァンツ、攻撃に関してはまあまあだったと思います。相手がパスコースを巧みに切るため、ロングボールをFWに送るシーンが目立ちました。これを町野選手がよくおさめたと思います。町野選手は前プレもやり通し、相手GKのミスキックを誘うなど、攻守に渡って光ってましたね。身体が強いのでマークを背負っても勝負できる、本当に頼りになる選手でした。

 

ただ、ギラヴァンツが今日本当にやりたかったことは実はキックオフ10分くらいしかできていないのも事実だと思います。自分達が適切に動いてパスコースを作りながら相手ゴールに迫ったシーンはわずかでした。八戸がギラヴァンツの攻撃に慣れ、パスコースを切ってくるともうそれ以上がない。つまりそれ以上動きがないので、パスコース切られっぱなし。ここはもうひと動きして相手を上回る必要がありますね。

 

また、動きの悪さは「守→攻の切り替えの遅さ」もあると思います。こういうと「今日はカウンターで2得点したじゃないか?どうして守備から攻撃の切り替えが遅いと言うのか?」と言われるでしょうね。確かにカウンターは重要だし、これが決まったのは素早く攻撃できたからです。

 

でもよく見てください。高橋拓也選手の奮迅の働きでいざ攻撃に移るときや、自陣ゴール前で相手ボールを奪った後、ボールの出しどころがなく、苦し紛れに前に蹴って相手に拾われるシーンがどれだけ多かったか。私は「速攻しろ」と言っているのではありませんよ。問題は、ボールの出しどころがない、すなわち守備から攻撃に移った時に適切な場所に選手がいない、ということです。結局この連鎖だと思うのです。

 

サッカーは相手があるスポーツだから、全てが思うようになりません。でも、ピッチに立っている選手達が自ら頭を早く動かして、次の位置次の位置と移動することで、相手を少し上回ることができると思います。もちろん難しいことだし、毎日の練習でやってると思う。これが試合でできるようになる時、ギラヴァンツ北九州は本当にブレない強いチームになっていると思います。私はそうなるためにあと2年かかっても、とてもリーズナブルなことだと思います。

 

とは言え、やっぱり勝つのは大事!勝ちながら、足りなかった点や、やりたかったけどできなかった点を、選手とスタッフが一丸となって反省し取り組むのは、ホームタウンの雰囲気にも重要です!この調子で、地に足をつけ、めいっぱい背伸びするギラヴァンツを、私は応援し続けたいと思います。

 

さあ進め!ギラヴァンツ北九州

強みのないフロンターレは各駅停車のまま(フロンターレvs清水エスパルス)

アウェイ仙台戦と同じではないけど、近い感覚を持ってしまったホームでの清水エスパルス戦。結果はまたもやドロー。しかも2得点して勝てない、という状況です。敢えて一晩たってから、少し落ち着いて昨日の感想を書きたいと思います。

 

まずはポジティブな点を。ダミアン選手の先制ゴールは素晴らしかったと思います。ダミアン選手が出場した時というのは、どうしてもダミアン選手の強さに期待したパワープレーが多くなっていました。もしくはゴール前で一人でキープからのシュート、といったシーンが印象に残っています。でも、昨日のゴールは素早いパスワークから最後にゴール前に走りこんで合わせてのゴール!これはダミアン選手1トップが本格的に花開くな!と感じました。実際、そうなると思います。出場させてもらえれば。

 

ところが、実際はそうでもなく・・・。ここからはネガティブなことを書きますが、敢えて個人の攻撃はしません。しないようにします。

 

試合中にもツイートしましたが、やはりカウンター攻撃は重要だと思います。ボールを保持したまま相手を崩すということに対しては、さすがに相手がしっかりと対策を打ってきています。そういう状況を打破し、よりボールを保持した攻撃を生かすためには、精度の高いカウンター攻撃が必要だと思うのです。金曜日に鳥栖vs神戸をDAZN観戦しましたが、この時の神戸はまさにボールを保持した攻撃とカウンター攻撃を両立させていました。こうなると手を付けられません。そして仙台戦も清水戦も、カウンターによってフロンターレは勝ち点1しか獲得できなかった。フロンターレはカウンターのチャンスを生かすことができなかった(確かに相手のほうが最後は人数が多かった)けど、清水はそれを決めた、ということです。カウンターは相手の守備陣形がそろっていないので、得点につながる可能性が高いと思います。もっと大事にしてほしいです。

 

また、試合終了時間が近づくと今シーズンの恒例の放り込み作戦が発動されたのですが、これが決まりそうな気配がしないのも問題です。これやるならクロスの精度の高さが必要で、GKが出てきづらい位置にクロスを放り込む必要があります。にもかかわらずあっさりGKにキャッチされるクロスになってしまってるので、逆に易々と相手に攻撃チャンスを与えることになっている。この攻撃をするなら最後のクロス要員として太田宏介選手を獲得したかった・・・。また、思い切って最前線に、例えばニアに知念選手、センターにダミアン選手、ファーに悠選手を配置して絶対被るなよ!ってやってから放り込むとか、どうですか?ど素人考えですけど。

 

さらに、もはや「目がそろっている」のが憲剛選手、阿部選手、僚太選手だけな気がします。このあたりは以前から思ってるのですが、もはやこのチームは風間前監督の遺産は限りなく薄まっているということだと思います。ただ、風間前監督の遺産が薄まっているのがいけないということではないと思います。鬼木監督は今フロンターレをどういうチームにしていこうとしているのか?チームの強みを何だと考えているのか?聞きたいと思うのですがそういう機会もないので、私の勝手な想像を。

 

鬼木監督は、何かが尖ったチームを作るのではなく、すべてに秀でたチームを作りたいのではないか?攻撃も、守備も、攻撃の内容も、守備の内容も。先発メンバーも、控えのメンバーも、ベンチ外のメンバーも。フロンターレの選手全員でそういうチームにしたインドはないかと思うのです。それをもっとも象徴しているというか、体現しているのが山村選手なのではないか。攻撃も守備も、いろんなやり方をそつなくこなして実現することができる、ものすごく能力のある選手ですよね!でも、逆に言うとこれを強みとするには、すべてを95点以上取れるくらいにならないといけない。今のフロンターレは全部が80点(もしくはもっと低いものもあるかも)。つまり、傍から見たら「強みがない」と見えるのではないでしょうか。これは短期間で実現できるものではないと思いますが、実現したらものすごいこと。クラブはシーズン前半で実現させるつもりだったのかもしれませんね。「四冠」と息巻いていたのですから。でも現実はACL予選敗退であり、リーグ戦の今の状況です。

 

上位チームが足踏みするのに付き合い、現在4位。勝ち点差は詰められていません。私もあきらめはしないけど、このまま勝てるとも思えません。どんどん他力本願の度合いが強くなっていきます。三連覇は黄色信号を越え「オレンジ信号」です。応援はやめないけど、正直不安のほうが大きいです。

 

「なにかひとつ取りましょう!」阿部選手のこの肩の力の抜けた言葉が今、必要なのかもしれません。

取り戻したかに見えた前半、相変わらずの後半(フロンターレvsベガルタ仙台)

2-2で引き分け。DAZN観戦でした。感想を簡単に…。なお、CBについては触れません〜

 

前半は仙台の守備がスカスカで、フロンターレは相手の間に入ってボールを受けることができてました。阿部選手の先制点はそんな繋ぎから久しぶりに生まれたゴールでしたね!DFの間でうまくスペースを作りながらボールを受けて、振り向きざまに、GKが寄せる前にシュート!ほんと久しぶりの気持ちいいゴールでした。これは行ける!そう思いましたよね…

 

ところが後半、仙台がバラバラだった守備を整理して、スペースを消すともうダメでした…。見事にあっさりと逆転され…。2失点目なんてみんなライン揃えるのに夢中?ってくらい足が止まってるし。長谷川選手のファーからの見事なヘディングシュートでどうにか追いつきました。このゴールも良かったですね!

 

でも、正直今日の仙台は強いチームじゃなかったです。特に前半は、あれで1点しか取れないフロンターレの攻撃ってなんなの?って感じです。交代投入が長谷川選手、斎藤選手、ダミアン選手って、もう個人個人で何とかしてくれ!って感じです。

 

追いついたとはいえ、前半から後半へと尻すぼみだったフロンターレ。リーグ戦の3分の2が過ぎてもなお自分達の強みは見つかっていないようです。三連覇にはとっくに黄色信号が灯ってます。一緒に頑張ります、それしかないので。

「強み」のないチームは「強み」のあるチームに惨敗して当たり前(フロンターレvs名古屋グランパス)

0-3。いいところなく敗れました。惨敗です。

 

はっきりしたのは、先週の連戦でうまくいかなかったのは、疲れでは答えにならないと思っていましたが、それでも少しは疲れのせいもあると感じていました。でも今日、疲れが要因ではないとはっきりしました。

 

今シーズンのフロンターレの「強み」は何でしょうか?昨シーズンや一昨年じゃないですよ。今シーズン、フロンターレは「ここがすごい!」というのは何でしょう?わかる方、本当に教えてください。

 

とっくに「止める蹴る」は薄まってしまってます。技術が弱い上に運動量もないので「ボールを握り倒す」こともできません。だからこんなに勝てなかった。でも負けなかったのは、ひとえに「個」でなんとかしてきたからだと思います。攻撃も「個」、守備なんてずっと「個」。ときおり見せるコンビネーションでサポーターを沸かしてきましたが、それも年を追うごとに減っているのはみんな気づいているはずです。

 

つまり、今年のフロンターレは典型的な「弱いチーム」になっています。ただ、一人一人の奮闘だけでどうにか勝ち点を積み上げてきたのです。うすうす感じていたのですが、はっきりと言えるようになってしまいました。

 

一方の名古屋は見事でしたね!フロンターレと真っ向から戦い、完膚無きまでに叩きのめしました。今日の名古屋を見て懐かしかったフロンターレサポーターは多かったと思います。フロンターレJリーグ随一の面白いサッカーをしていたのですが、今日、それをやれるのは名古屋だと明確になりました。悔しいけど、認めます。

 

さあ、どうしましょう?こんな体たらくのフロンターレ。サポーターやめますか?

 

もちろん、やめませんよ!ここから何かを起こすかもしれません。こんな時もそんな時も、この目で見届けたいと思います。だって、万年2位、準優勝だったけど、今年こそ!と思って応援してきたんです。そしてそうやって一昨年の優勝にも等々力で立ち会ったんですから!長居での連覇にも立ち会ったんですから!

 

とはいえ、いいとは言えないフロンターレ。「強み」を真剣に思い出して欲しい。もしないなら作って欲しい。切実に思います。