90分間頭を使い続けることの難しさ(ギラヴァンツ北九州vsヴァンラーレ八戸)

ぐあぁ〜!90分に追いつかれるとは…。台風が近く強風と雨のミクスタは、悔やしすぎる引き分けでした。今日の私の感想は、主に攻撃に関する2点です。

 

まずは、八戸の守備が強度を強めた後半、途端にボールをつなげなくなったことです。前半はうまくポジションを取りながらボールをつないで相手陣地に入っていけてたのですが、後半はまるで別のチームのようでした。もちろん体力的なものもあると思うし、今日の悪天候の影響もあるでしょう。でもなにより思うのは、頭が疲れてるのではないか、ということです。特にボランチがそう。ギラヴァンツは4-4-2の中盤は両サイドしっかり開いて、相手DFを広げにかかります。そこでボランチ2人が相手の間にポジションを取りながら、中央からサイドに振ってクロス、というのがパターン。でも、後半になると特にボランチが怪しくなる。これは今日に限ったことじゃないですよね。小林監督も内藤選手を入れたりして中盤の運動量を取り戻そうとするのですがうまくいかず、最後にほぼ中央突破されてしまいました。

 

試合途中でボランチを変えるということは少ないかもしれないけど、今日のギラヴァンツでは後半途中から積極的にボランチを入れ替えてもいいのでは?と思いました。負担がかかってるのは事実だけど、やっぱりここが90分間頭を使い続けることができなければ厳しいと思います。もちろんトレーニングで良くなっていくでしょうが、そうならないならば途中交代もありかと思いました。

 

次にレレ選手です。正直私はレレ選手のポストプレーには不満があります。いや、レレ選手を活かすポストプレーができていないのかもしれませんね。こんなにハイボールが収まらないなら、GKはレレ選手をターゲットにするべきじゃないと思います。どうもレレ選手はポストプレーよりも足元のパス交換、ワンツーでの抜け出し、もしくは裏抜けが得意なんじゃないかと思います。ボールキープもポストプレーヤーとしては満足できるものじゃないです。

 

2トップを池元選手と組むときは、池元選手が下がって受けたり、いろいろと器用にプレーしてレレ選手を活かすのですが、佐藤選手が入ってからは2トップの連携は今ひとつでした。レレ選手がさばいて佐藤選手を裏に走らせる、とかできたら面白かったのですが。

 

失点は守備の問題でもあるのですが、ギラヴァンツの場合はやっぱりできてたことができなくなる、なんじゃそのパス?とかが後半にごろごろ出て来たてバンバンインターセプトされる、そういうところから始まってると思います。強度の高いトレーニングをしているそうなので、まだまだ成長途中だと思いますが、勝つべき試合に勝つために、成長のスピードを速めて欲しいと思った今日の試合でした。

鬼木フロンターレの基本に立ち返った完勝(フロンターレvsFC東京)

数年ぶりにアウェイFC東京戦を現地参戦できず…。DAZNでの観戦となりました。結果は3-0とスコアも内容も完勝だったと思います。味スタに行かれたフロンターレサポーターの皆さんはさぞかし気持ちいでしょうね!

 

私なりに今日のメンバー一人一人に対する感想はあるのですが、素人がいろいろ言っても仕方ないので、2つだけ簡単に書いて残しておきたいと思います。

 

まずはサイドの選手の位置関係です。左サイドの斉藤選手と車屋選手、右サイドの阿部選手とノボリ選手、それぞれが中と外というふうになるシーンが多かったと思います。同じサイドが2人とも絞ったり、または開いたり、ではなく、たとえば前の選手が絞ったら後ろの選手が開く、というような。特に攻撃の時にこれは効いてたように思いました。FC東京の守備は8人がコンパクトな2ラインを敷くのですが、フロンターレは両サイドが台形みたいになってて、攻撃の厚みを出してたと思います。

 

もう一つは、ずばり「魂の入れ替え」です。風間監督から鬼木監督になって、一番変えた部分、それはここのところ疎かになっていた部分だと思います。すなわち「勝ちにこだわる」ことであり、そのためには「攻守に圧倒する」ことであり、それを実現するのは「すばやく切り替えて、走る」ことでした。相手より走行距離が少ないとかどうでもいいことだったはず。でも、いつのまにか楽に勝とうとしていなかったか?

 

今日は選手を入れ替えると同時に、知らないうちにフロンターレに巣食っていた「楽して勝つ」という気分を払拭したのではないかと思います。勝つというのは、攻守に圧倒するというのは、こんなにしんどいものなのだということを、もう一度魂に叩き込みたかったのだと思います。そしてそれが成功したのが、今日の多摩川クラシコです。

 

やるべきことを誰よりも実行する選手達が帰ってきました。もちろん今日は出番がなかった選手達も、しっかりとした魂を持っているでしょう。やるべきことをやる選手達の中から、調子のいい選手を出場させる。当たり前のことをやれれば、もう一度フロンターレは上昇していく。そう信じさせてくれる試合だったと思います。

単位はもらえるけど「優」はつかないサッカー(フロンターレvsサガン鳥栖)

またしてもホーム等々力で引き分け。しかもスコアレスドローという結果でした。悔しい引き分けというよりも、残念な引き分けという印象を持ちました。今日一番感じたのは、フロンターレの強みはなんだろう?ということです。

 

攻撃に軸を置いたサッカーというのは変わらないのですが、今シーズンのフロンターレは「どういう攻撃が得意か」というところが今ひとつ見えてこないと思います。数年前だと、ボールを握り倒し、相手をずらしてゴールを奪おうとしてました。(あくまでも私の印象です。ロングボールはだめ、というわけではなかったのでしょうが、こう見えたということです。)

 

鬼木監督になって、攻守の切り替えを速く強くするようになり、失点を減らすことに成功。「止める蹴る」に守備の強さが加わってリーグを連覇しました。今シーズンは悲願のアジアチャンピオンを目指してさらなる進化を目指してきましたが、ご存知の通りの結果に終わってしまいました。

 

さて、このさらなる進化の結果、今シーズンのフロンターレはどういう強みを持ったチームになったのか?私にはまだこれがよくわかりません。大学の授業で言えば、どれも単位はもらえるけど、「優」はひとつももらえないんじゃないか(私が大学生の頃は単位は「優・良・可」だったけど、今は違うのかな?)。そして、勝つためには相手が「可」なら「良」以上が、相手が「良」なら「優」が必要になるんじゃないか。そういうふうに思えてきました。

 

今日のサガン鳥栖は、アウェイで対戦した時とは違い、強力2トップ目がけたロングボールという武器に磨きをかけた、言わばこれを「良」レベルに上げてきたと思います。ところがフロンターレはどうもどれもちぐはぐ。今日は4-2-3-1でボールを繋いで相手を動かそうとしましたが、鳥栖のプレスに判断が追いつかず「良」レベル。さらに大島選手が交代してからは「ギリギリ良」だったと思います。スコアレスドローは妥当だと思いました。

 

チームづくりにおいて正解が何かなんて私にはわかりません。ただ、今のフロンターレはどの戦術も相手を上回るところまで行ってないのだと思います。4-4-2だったり4-2-3-1だったり、選手の組み合わせを変えたり、止める蹴るだったりクロス多目だったり、バリエーションは増えたけど勝てないのは、ひとえに相手を上回れないからです。そうこうしている間にシーズンも半分を過ぎてます。このままだとは思いませんが、そろそろ魅せて欲しいと思います。

勇敢さを逆手に取る川崎の10番(フロンターレvsジュビロ磐田)

フロンターレはアウェイジュビロ磐田戦を3-1と快勝!アディショナルタイムに失点してもやもやしてしまいましたが、快勝なのは間違いないですね!

 

今日は中盤が脇坂選手、碧選手、僚太選手のトライアングルということで、かなり期待しました。だって、脇坂選手はトップ下で出場した時はボールをリズミカルに動かせるし、碧選手はトゥーロン国際大会で3番目に活躍した選手だし、僚太選手は言わずもがな。でもやっぱり違いを見せたのは僚太選手でしたね。

 

この試合、後がない状態だったジュビロは相当強い気持ちで臨んできました。サッカーはボール支配率ではなく、ゴール数を競うスポーツです。それを体現するかのようにシュートを打ってきました。フロンターレはかなりヒヤヒヤの試合運びを余儀なくされました。

 

でも、ここで違いを生み出したのは僚太選手!出てくるジュビロの選手達をパスやボールキープでいなし、ラインが高ければ高い位置のサイドバックにパスを供給するなど、ジュビロの選手達の勇敢さをうまく利用するかのような試合運びを見せました。

 

狭い局面でもボールを受けて、失わない。自陣で多数の相手にコースを切られても、少しずつずらしては味方へのパスコースを作り、相手の包囲網からボールを抜けださせる。相手がラインを上げれば裏を狙い、ラインを下げればじっくりボールを動かして相手を食いつかせ守備のギャップを作り出す。僚太選手は相変わらず1人別格でしたね。

 

一方、ゴールを奪った脇坂選手は悪くはないけど、どこか物足りず。どうしてそう感じたのか?わからないけど、僚太選手を見てるからかもしれません。また、碧選手はどこか重そうで、ボールを受けても前を向けないシーンがあったし、もっとやれるのでは?と思いました。トゥーロン国際大会では別格だった碧選手ですが、フロンターレでは11分の1ですね。

 

僚太選手が今日の勝利を導いたトオmってますが、トライアングルの残り2人、脇坂選手碧選手ももっともっとできる選手だというのはわかってます。僚太選手を見ながら、早く追い越す存在になって欲しいです!

 

今日はどうしても最後失点が余計で…今シーズンはアディショナルタイムの失点で勝利を引き分けに、引き分けを負けにしてます。もう一度、気持ちを仕切り直して、この悪癖をなくしていって欲しいです。

 

なにはともあれ、勝ち続けることでしか優勝には届かないフロンターレ。しっかりゼンマイを巻き直し、次の天皇杯では日本のトップリーグのチャンピオンらしい戦いを披露してください!

このまま信じることを積み上げていけばいい(ギラヴァンツvs岩手グルージャ盛岡)

3-2で勝利しました!取って取られて、また取って取られて。引き分けかと思いきや、町野選手がDF裏に抜け出しGKとの1vs1を決めきってくれました。勝ち点1と3の差は大きいですよ!

 

さて、勝ったとはいえやはり反省点の多い試合となりました。何と言ってもセットプレーの守備。同一選手に2失点は言い訳できません。それから相手ゴール前での崩しの皆無これは開幕から続いてます。今日もゴール前まで運ぶけど、そこからのアイデアは少なく、基本的にはサイドからのクロスしかありません。これは第一に選手が動きを止めてしまうことが原因だと思います。

 

何より今日反省すべきは、ビルドアップ時の見えてなさ、だと思います。この原因もやはり選手の動きだと思います。前半上手くボールをつなげている時と、後半つなげなくなった時。もちろん相手のプレス度合いも違いますが、悪くいえばサボる。そこにいたままボールを受けようとする。周囲を確認しないから簡単にインターセプトされる。そういうことだと思います。

 

もちろん90分間動き続けることはできないので、どこかで省力モードになる必要はあります。でも、ギラヴァンツは最後の最後の一歩まで足を出すことで強くなったチームです。それは守備に関してだけでなく、攻撃についても目指していると思います。

 

そのため今日は小林監督曰く「大味な試合」となってしまいました。それでも交代選手がしっかり仕事をして勝つことができました。ギラヴァンツ北九州と小林監督と選手達が進もうとする方向は間違っていないと思うのです。それは今の順位もそうですが、今シーズンのミクスタの入場者数、そして今日のPVに集まった数が物語っています。面白いサッカー、アクションするサッカー、相手を攻守に圧倒するサッカーはやっぱり見てて楽しい。不安定な部分がまだ多いけど、しっかり基本に立ち返りながら積み上げて行ってほしいと思います。

 

進め、ギラヴァンツ

強いと認められるほど簡単には勝てなくなるもんだ(ギラヴァンツ北九州vs藤枝MYFC)

今日は前半を北側(ビジター側)サイドスタンド、後半を南側(ホーム側)サイドスタンドから観戦しました。もちろん、ギラヴァンツが圧倒する前提で、少しでもボールがあるサイドから見たくて。でも、結果は全く逆で、全体を通してほぼ藤枝がギラヴァンツを圧倒した試合でした。

 

ギラヴァンツがペースを握ることができなかったのは悔しいのですが、そこはやっぱり藤枝の石崎監督のなせる技だったのかなと思います。ギラヴァンツはこのところ内藤選手がリスクをおかしながらも前線に飛び出し攻撃に厚みを加え、川上選手が引き気味に守備面でリスクヘッジする印象でした。ここに両ワイドが開きながら高い位置を取って相手を広げながら攻略するという感じ。でも藤枝は、自陣ゴールから遠い時は強くプレスをかけ、自陣深い位置ではしっかりラインを作って隙を与えない。ギラヴァンツは試合を通じてプレスに苦しみ、相手守備ラインの外でしかボールを回せませんでした。

 

一方の藤枝は守備から攻撃への切り替えが早く見事でした。ボールを奪った次の瞬間には攻撃に向けて各選手がいるべきところにいました。だから面白いようにギラヴァンツの選手の間を抜けてパスを通してましたね。最後の最後でGK含めたギラヴァンツ守備陣の踏ん張りでゴールこそ割らせませんでしたが、何度も冷や汗が出ました…。

 

そうそう、ギラヴァンツは守備も良くなかったと思います。上述の通り踏ん張りでなんとかしたけど、組織的にはめることができませんでした。後半30分くらいまで見たら、0-0だけどギラヴァンツはいいとこなし、と言えたかもしれませんね。

 

ところがところが!藤枝に石崎監督がいるならば、ギラヴァンツには小林監督がいます。小林監督の交代策で最後にギラヴァンツがペースを握り、あわやというところまで追い詰めたけど、結局スコアレスドロー。小林監督と石崎監督という百戦錬磨のベテラン監督対決は、まさに狐と狸の化かし合い(ごめんなさい!)、まあ妥当な結果だと思います。

 

さて、ギラヴァンツはここのところ自分達でペースを握って試合を進めることができましたが、今日はおそらく藤枝がしっかりギラヴァンツを研究して対策を打ってきたのだと思います。そうした時に対策を上回ることができなければ勝つことはできません。今日も相手のプレスや守備ラインを動かすほどのパスワークをするか。相手守備の裏を徹底的に狙ってラインを下げさせるか。カウンターで相手守備が整う前にシュートまでいくか。試合の中でどうするのか、まだまだ引き出しが少ないのかなと思いました。でも、今日も支配されながら負けなかったわけで、まだ新監督になって半年くらいですから、すべて伸び代だと思って期待しています。

 

ギラヴァンツは暫定首位。徐々にいい試合をするようになって、相手から対策されるようになってきました。これは「強い」と思われてるからです。そして、強いと思われるほど相手は対策してくるので、なかなか勝てなくもなります。これをどうやって上回るのか?じっくり練習してギラヴァンツの回答を見つけて欲しいです。

 

進め!ギラヴァンツ

攻守に圧倒しようとするサッカーが面白いのはカテゴリーも代表も関係ない(ギラヴァンツ北九州vs福島ユナイテッド)

f:id:cleanfuture_big:20190616222724j:image

この間の木曜から上京してまして、金曜日は等々力でフロンターレvs北海道コンサドーレを観戦。今日の午後北九州に戻り、その足でミクスタに行きギラヴァンツ北九州vs福島ユナイテッドを観戦しました。個人的に金曜日等々力で猛烈にフラストレーションが溜まったのですが、土曜夜のトゥーロン国際大会決勝、そして今日のミクスタはかなり私の溜飲を下げてくれたと思います。キーワードは「攻守に圧倒する(しようとする)」です。

 

この間までギラヴァンツ北九州で私が気になってたのは、攻撃の迫力不足でした。先週のYSCC戦は前半だけDAZNで観戦できたのですが、今日は久しぶりに生で、攻撃の活性化をチェックできると思ってましたが、特に前半は見事に迫力を持った攻撃をやってました!これは内藤選手の復活というか、川上竜選手と内藤選手がボランチと言いながら、縦関係を取って、内藤選手が積極的に前へ前へとポジションを取っていたからだと思います。以前はボランチがまさに中盤の底でボールを捌くのみで、攻撃は前線の選手って感じでしたが、今日は内藤選手が前に出て川上竜選手はリスクヘッジするというような感じが上手くいってたと思います。

 

ギラヴァンツは自らアクションするサッカーを目指していると思います。つまり出来るだけボールを持ちたいから、いい距離感で選手を配置したい。内藤選手が前に行くことは中盤の選手の距離を埋め、リンクマンとなりながらもフィニッシュも、という、サポーターをワクワクさせるものでした。

 

もちろんこれは攻撃だけでなく、守備でも言えると思います。中盤を支配することで波状攻撃を仕掛けることができました。また、1vs1はもちろんですが、相手ボールホルダーをフリーにさせないように必死に距離を詰めてました。まさに「攻守に圧倒する」ことができていた前半でしたね!

 

一方後半は、守備のところで少し緩くなったと思います。内藤選手の交代は、中盤を埋められなくなったことで相手がフリーでボールを持つようになったので、そこをケアしようとしたのだと思います。結果的には、前半のような守備はできなかったけど、しっかり跳ね返しながら、交代で入った選手達がしっかりかき回して追加点という、まず文句のない結果となりましたね!

 

後半の戦い方、急がなくてもいいところで急ぎすぎてボールを失うなど課題は残りましたが、90分間いいようにやり続けられることはないので、前プレがはまらない中でしっかりDFが跳ね返し続けたのは悪くないと思います。何より前半から見せた、ホームミクスタで4500人のサポーターの前で、相手を攻守に圧倒して勝とうという姿勢がうれしかったです。もちろん気持ちだけでできるものではないので、強度のある練習の賜物だと思います。この姿勢はミクスタのサポーターの気持ちを鷲掴みにしたのは間違いないです。

 

もちろんできていないことがたくさんあるギラヴァンツ北九州。でもこうしてやろうとすることで、勝ち点を積み上げながら反省し修正することができています。J3最下位から、スクラップアンドビルドともいえる状態のギラヴァンツですが、楽しみで仕方ないですね!