久しぶりに北九州に戻って感じたことをつらつらと(ギラヴァンツ北九州について)

私は北九州・小倉で生まれ育ちました。とはいえ高校から社会人まで、時々戻ってはいたけど、ほぼ北九州にはいませんでした。そんな私が今年4月に転勤となり、北九州に単身赴任して9ヶ月。東京と行ったり来たりでじっくり北九州を観察したわけじゃないですが、感じたことを備忘としてメモしておきます。

 

サッカー観戦が好きなので、まずはギラヴァンツ北九州から。本当はもっともっとミクスタ に足を運びたかったのですが、結局数試合しか観戦できず…。(その分フロンターレを見ることができたけど。)2019シーズンはもっと行きたいですね。

 

ギラヴァンツに関してはただ、残念なシーズンだったと思います。J3で最下位というのは、事実上プロクラブで一番弱い、と言い換えられると思います。JFLとの入れ替えがあったら、来シーズンはJFLで戦うべき成績でした。プロ選手、プロクラブとして屈辱的です。

 

私が見てて感じたのは、ちぐはぐさと冷めやすさです。ちぐはぐというのは、攻守に渡り感じ続けました。攻撃したいけど味方がいない。守備したいけど味方がいない。そんな感じ。3バック1アンカー(私は「弘堅システム」と勝手に読んでました)で臨んだシーズン前半は特にちぐはぐさが際立ってましたね。結局このシステムは熟成されることなく、監督交代とともに終わりました。

 

監督交代して以降は「冷めやすさ」を感じました。監督交代というカンフル剤が一旦は効くんだけど、長続きしない。4-4-2にシステムを変え、守備を整理したことで守備の連動性は以前より良かった気がします。でも、監督の檄が飛んだら動きが良くなるけど、しばらくすると(率直に言うと)怠ける。選手達は必死にやってるんだろうけど、やっぱりちょっと違う。印象に残ってるのは、柱谷監督が移動中の服装に言及したことです。メンタルよりももっと根本のところで、このチームには問題があったんじゃないか?そう感じました。

 

ギラヴァンツはこのシーズンオフに、結構な選手の入れ替えがありそうです。契約更改してくれた選手達のコメントについて、本当に信じていいのか?そう思わせてはいないか?ギラヴァンツサポーターの皆さんには申し訳ないけど、少なくとも私はそう思ってしまってます。

 

以上選手についての感想ですが、今シーズンの成績の責任はやっぱりクラブによる部分が大きいと思います。目標は妥当だったか?目標を本気で達成したいと思っていたか?そのために打つべき手を事前にしっかり検討したか?それを実行したか?うまくいかない時の原因分析をしたか?打ち手は妥当だったか?少ない人員だとは思いますが、サッカーチームである以上、サッカーを見てもらわないと話になりません。J有数の素晴らしいスタジアム、イベントやコラボでの必死の集客、これらを頑張ってもサッカーをあくびされてたら…。

 

上述したような、当たり前の検討や分析を、もちろんクラブはしたでしょう。でも結果はこれです。どこが間違っていたのか?小林新監督のコメントを聞くと、まず目標については実現可能性をしっかり考えてると感じました。3年でJ2に上がる。妥当な目標です。だったら3年で上がれる選手とスタッフを集めて、J2に上がった時に定着できる戦術を浸透させましょう。

 

さて、その時にサポーターはどうしますか?3年ということは、来シーズンはまた最下位かもしれない。それでもついてきてくれるでしょうか?ついてくるやつだけついてくればいい!というのもひとつの考えですね。でも現実的にはこれ以上スタンドの観客が減るのはビジネスとしてだめだと思う。ついて来させるには、目に見える結果を出すことです。私はこれは、ギラヴァンツがやろうとしているサッカーをブレずにやることだと思います。何をやろうとしているのか、を観客にわからせるには、監督と選手、クラブが三位一体でないとできないです。さらに私を含めてサッカー経験のない観客は、監督や選手の試合前後のコメントからそれを理解します。そしてだんだん「ああ、今日はうまくいってるな」「今日ははまってないな」と思うのだと思います。監督と選手は、しんどいでしょうが言葉で発信して欲しいし、クラブはそれを伝えて欲しい、そしてライターさん達にも、それらと試合や練習の模様を分析して発信して欲しいと思います。

 

素人が偉そうに書かせていただきました。気分を害された方には申し訳ないです。でも、ギラヴァンツはこの3年は正念場だと思います。イベント、コラボ企画、地域貢献と共生、そしてサッカーを、選手、監督、クラブが三位一体となって実行し、必死になってサポーターをついて来させるのを期待するし、私もそういうギラヴァンツのサポーターでありたいと思います。

 

3年、です。

来シーズンに向けてチャレンジした試合(フロンターレvsジュビロ磐田)

2019J1リーグ最終節。フロンターレはホーム等々力にジュビロ磐田を迎えました。前々節アウェイC大阪戦で優勝を決めて以降、ようやくホームの試合ということで、もちろん全席完売でした。ホームの大観衆の前でチャンピオンらしい試合を見せたかったのですが、ジュビロ磐田もJ2との入れ替えプレーオフにまわることを避けるべく、高いモチベーションで臨むのは当たり前で、やはり簡単な試合にはなりませんでした。結果的には2-1で逆転勝利し、有終の美を飾ることができたのですが、大久保嘉人選手にゴールを許し先制されるという、苦い試合となりました。

 

さて、今日は2つほど感じたことを書きたいと思います。まずは今日の試合の位置づけについて。今日見てて思ったのですが、今日の試合と先週のFC東京戦はセットだなと。もちろんスタメンを変えなかった、というところなんですが、戦い方にそれまでと変化があったと思います。ボールを大きく左右に動かすことで相手を動かして、ギャップを作ろうとしていたようでした。具体的には、右CBから左ワイドへ、左CBから右ワイドへ、というふうにです。FC東京にはそれなりに効果があったようですが、今日はそうでもなかったかな。試した回数も少なかったですね。同サイドでボールをつなぎ倒すだけではノッキングを起こしてしまうことがあった攻撃を、逆サイドに展開することで相手を動かすというのはすごくいいと思います。それもSBからSBではなく、CBが行うところが、なんだかいいですね!家長選手なんかは難しそうなボールも簡単にトラップしてるように見えて、さすが!と思いました。こうして攻撃のバリエーションを増やすチャレンジができるのも、2節を残して優勝できたからですね。

 

次に、今日も先発した田中碧選手について。今日はミスが目立った、とも思いますが、それは碧選手だけじゃなかったと思いますよ。今日のフロンターレは全体的にミスが多くて、ボールをつなぎ倒せませんでした。横パスなんてゆるゆるだったりしたし。ちなみに前節もそうでしたが。で、碧選手。私が感じたのはボールの手離れの良さです。通常だとボールを受けてパスを出すのが「トン・トン」というリズムだとすると、碧選手は「ト・トン」と出すんです。ワンタッチパスは誰もが「トン」、2タッチだと「トン・トン」、FC東京戦でもちょっと思ったのですが、碧選手は「ト・トン」と出せる。これは中盤のリズムを変える点でも面白いんじゃないかと思います。まだちょっと判断が遅れるところがあるようだけど、今日も厳しくプレスにいってたしガッツもあるみたい。来シーズンに大いに期待したくなりましたよ。

 

こういうことに気が付いたのも、2節を残して優勝できたおかげだと思います。前節も今日も、攻撃のオプションを中心に試したのでしょうが、そのため守備は危うくなりましたね。鬼木監督は攻撃も守備も高度なバランスを取ろうとしています。来シーズンに向けて長いオフに入りますが、まだまだ進化するフロンターレを楽しみにしたいと思います。

若手を育てるベテラン(フロンターレvsFC東京)

多摩川クラシコのアウェイFC東京戦は2-0でフロンターレの勝利となりました!見てた方は感じたと思うのですが、点差ほど楽なゲームではなかった…。FC東京ACL出場権獲得に向け、しかもホーム最終戦で、チャンピオンのフロンターレを倒すモチベーションは高かったと思います。一方フロンターレは前節優勝を決めて、モチベーションをどうもってくるのか?興味深い対戦でした。

FC東京のうまい守備と前線に長いボールを入れる攻撃に苦しんだけど、知念選手と長谷川選手のゴールで、どうにか勝ちきりましたね。後半はほぼFC東京の試合だったので、ずっとヒヤヒヤしてました。でもこういう試合を勝つのがチャンピオンですね!

 

さて、今日の試合で私が感じたことを2つ書きたいと思います。田中碧選手のことと長谷川選手&ノボリ選手についてです。

 

田中碧選手は怪我の大島選手に代わってボランチに入りました。立ち上がりちょっとあたふたしたように見えましたが、試合が進むにつれ安定してきましたね。そんな立ち上がり、田中碧選手のまわりには守田選手、憲剛選手、家長選手がいて、田中碧選手にボールを渡しては代わる代わる田中碧選手に近づいてフォローしているように見えました。その様子に、鬼木監督は試合を通して若手をベテランの力で育てているのだと感じました。(守田選手は新人ですが。)徐々に田中碧選手も力を発揮しだしたのは、これらベテランのフォローのおかげだと思います。ただ気になったのは、一歩目の反応が遅く感じたことです。周りの選手に比べて、ボールの動きに対する反応がちょっと遅いと思いました。でも、練習と試合をこなすことでこのあたりはどんどん良くなっていくでしょう。

 

次に長谷川選手とノボリ選手について。長谷川選手は久しぶりの出場でしたが、ゴールという結果を出しました!うれしいゴールでしたね!だけどその後ノボリ選手と交代に。これは後半FC東京にボールを握られ、フロンターレがボールを持ってもうまく運べなくなってきたことから、よりボールをつなげるノボリ選手を入れたんだと思います。アタッカーとしての長谷川選手の力は疑いないのですが、ポリバレントさにおいてはノボリ選手の方が上だと思います。ノボリ選手は交代で入ってすぐにポジションを中に絞ってボールを受けてはたいて、をやってましたね。戦略的な交代でした。

 

今日負けたら、チャンピオンになって連敗とカッコ悪かったですよ。でも、後半に課題はあったもののクリーンシート且つ複数得点で勝ちました。今シーズン前半は本当に勝ちきれなくて、どうなることかと思いましたが、しっかりチーム力を上げてきました。次は最終節。最後にどういう試合を魅せてくれるのか?楽しみです。

 

選手自身が「いつも通り」を大いに勘違いしているのではないか(フロンターレvsセレッソ大阪)

1-2の完敗でした。2位サンフレッチェ広島も負けたため、フロンターレの二連覇となりました。でも、優勝したことで今日の敗戦がなくなるわけじゃないので、今日はあくまで試合の感想を書きたいと思います。

 

「いつも通りにやるだけ」多くの選手が試合前にそう言ってました。もちろんそれでいいと思います。いつも通りにやれるならね。でも、今日試合は私から見たらとても「いつも通り」とは思えませんでした。

 

例えば一人一人のプレー精度が…ということではありません。もちろん緊張からボールが足につきにくいとかあったでしょう。でも、今日の試合の入りはそういうのを自分達で吹き飛ばそうとするかのような、いい入りでした。積極的にシュートを打つことで、過去セレッソにやられたような入りで主導権を握られることはなかったと思います。ところがそこからが問題でした。

 

セレッソフロンターレを研究して、守備時には5-4のブロックでゴール前のスペースを徹底的に消しました。さらにボールホルダーに対してしつこくプレスをかけ、距離を詰め自由を奪いました。それに対してフロンターレは、なぜか愚直に短いパスを繰り返しました。あたかもそれがいつも通りであるかのように。

 

私は違うと思います。これは悪い時のフロンターレです。意地になってるのかわからないけど、もういい加減にしろと言いたくなるくらい。全くメリハリがない。セレッソは守ってて「してやったり」だったと思います。結局今年もフロンターレは「勝てば優勝」の試合で「いつも通り」やろうとしていつも通りできなかったと思います。2009年のアウェイ大分戦、2016年のアウェイ福岡戦、2017年のルヴァン杯決勝。有利と言われた状況で「いつも通り」できなくなる、この課題は解決されていないということです。ショートパスをひたすらつなぐ(しかも今日はブロックの周りで)は、フロンターレいつも通りではないです。そういう攻撃も含めて手を変え品を変え攻撃するのがフロンターレの「いつも通り」だと思います。

 

もう一つすごく気になるのは、フロンターレセレッソ対策は何だったのか、です。これだけの完敗ですから、セレッソ対策が機能しなかったということだと思います。そもそもどんな対策を取ろうとしたのか?教えて欲しいと思います。どんな分析をしていたのか?どこを弱みと捉えていたのか?どうすれば勝てると考えたのか?それを知った上で試合を見返すと、何がボトルネックだったのかわかると思います。

 

厳しめになったけど、優勝の二文字に今日の惨敗を隠してはいけないと思います。しっかり反省して、残り2試合絶対に勝って欲しいと思います。

必然の3-0(フロンターレvs柏レイソル)

f:id:cleanfuture_big:20181103222242j:image

フロンターレvs柏レイソルは3-0でフロンターレの完勝でした!

 

今日の勝因は?と聞かれると、答えに困ってしまいます。もちろんフロンターレが攻守に圧倒したことは事実ですが、それよりも正直レイソルの出来の悪さが目立ったと思います。他チームのことをとやかく言える立場じゃないので(フロンターレのこともとやかく言える立場じゃない^^;)、レイソルについて言及しませんが、フロンターレがボールを簡単にバイタルエリアに運べたのは、レイソルの守備のまずさが大きいと思いました。

 

レイソルは5-4-1のような並びできましたね。ちょっとびっくりしました。そして結構引いて守ってきました。ところが、だんだん2列目がボールに食いつき出してきて、2列目と3列目の間スペースができてたと思います。そこにフロンターレの選手たちが自由に入ってボールを受けたので、次々と攻撃することができたのだと思います。

 

こうなるとフロンターレを止めるのは難しいですよね。大外からクロスを入れたり、縦にスルーパスを入れたり。ショートカウンターも効いてましたね。そういう意味では必然の3-0だったと思います。

 

守備も高い位置から効果的なプレスができてました。レイソルの選手の速いドリブルには苦労させられましたが、DFを中心によく守れたと思います。後半にミスが急に増えて相手ペースになってしまったことと、ミドルシュートに対する守備がちょっと怪しいのは反省点ですが、90分間攻め続けることはできないので、こういう時間を減らすよう頑張って欲しいです!

 

これでフロンターレは連覇に向けいわゆる「マジック1」となりました。タイトルは、取りグセをつけなければ次いつ取れるかわからないと思います。必ず連覇しましょう!

久しぶりの勝利にも、山積した課題を感じた試合(ギラヴァンツ北九州vsグルージャ盛岡)

いつ以来だろう?9/8以来でしょうか?だとすると、ほぼ2ヶ月ぶりの勝利となりました!終了間際のミドルシュートでの勝利!ということで「勝った!うれしい!良かった良かった…」となりそうですが、内容は合格点とはいかなかったと思います。もちろん勝利を喜びましょう!そしてしっかり反省して進化しないといけません。

 

私が久しぶりにDAZNでまるまる90分ギラヴァンツを見て感じたのは、「全てがあと少し届かない」というものです。

まず守備。強くボールにプレッシャーをかけることと、自陣ゴール前で体を張った守備で粘ることをやってました。相当ネジを巻かれたのでしょう、選手達が意識してやってるのがよくわかりました。ただ、盛岡のCBが3枚に対してギラヴァンツFWは2枚で行くので、DFへのプレスはあまり効いてなかったと思います。同様に相手FWが3枚に対してギラヴァンツDFは4枚でした。中盤の構成は違えど数的同数となりましたが、序盤はワイドに攻撃する盛岡にいいようにやられてましたね。ただ、そんな中でもプレスをかけ続けることでしのいだのは素晴らしかったです。その甲斐あって、その後はギラヴァンツがボールを支配できたと思います。

 

守備は良かったんじゃん!って言われそうですが、あの失点シーンではプレスに行けてなかったと思います。DF4人はゴール前で網を張ってたけど、MFのプレスがなく自由に打たせてしまいました。気を抜いたとは思わないけど、積極的にボールを狩りに行く守備をするのなら、完遂しないとやられてしまいますね。

 

一方攻撃では、このプレスが効いたのが茂選手が獲得したPKでした。あそこまで気合いというか執念というか、そういうのを見せてくれると嬉しいですね!私はこのプレーで茂選手が大好きになりましたよ!柱谷監督の目指す姿が見えたシーンだと思いました。

 

一方で攻撃が良かったかというとそうでもないです。盛岡のワイドのMFが攻撃時には上がるので、ギラヴァンツがボールを奪ったら3バックの横のスペースを狙うのは定石と言えます。ただFWにおさまらない…。長すぎる、パスが速すぎる、FWが感じてない…。理由は様々でしょうが、もったいないと思いました。もう少しおさめてチャンスを作りたいですね。また、長めの縦パスはスピードが遅くてインターセプトされてしまう。この辺は是非練習でレベルアップして欲しいです。攻撃では、チャンスを作れど決めきれず…というシーンがこの試合でも散見されました。決定力を上げるのは一朝一夕ではできないけど、チャンス構築は練習賜物だと思います。たくさんのチャンスを作って、ちょっと決定力を上げてください!クロスの精度の問題やワンツーでの崩しがちょっとずれるなど、もったいないシーンもありました。これらをチャンスに昇華させて、チャンスをもっとたくさん作って欲しいと思います。

 

プレスをかける守備を完遂する。チャンスをたくさん作る。決定力を上げる。「当たり前じゃん!それができればこんな成績にならないよ!」って言われそうですね…。そうなんですよ、当たり前なんです。私が今日ギラヴァンツに感じたのは、つまり「全部少しずつ足りない」ってことなんです。だから、どこから手をつけようか…となるんだと思います。できそうなんだけどできない。練習して、意識を持って、絶対に打破してください!そして連勝してほしいと思います。

 

いろいろ書いちゃいましたが、まず今日は勝利の祝杯をあげましょう!いやぁ、久しぶりに勝った〜

極上のエンターテイメントはイニエスタの前半、家長の後半(フロンターレvsヴィッセル神戸)

f:id:cleanfuture_big:20181020235452j:image

5-3の逆転勝利!

 

この日の等々力はハロウィンイベントもあり、「トドロキキョウギ城」としてプロジェクションマッピングされたり、DJ KOOさんが選手紹介したりハーフタイムにターレで場内一周したり、陸前高田市からの「川崎修学旅行」もあり、と盛りだくさん。そして試合もイニエスタ選手、ポドルスキ選手擁するヴィッセル神戸が相手で、チケットは早々に完売でした。そして試合も両チーム合わせて8ゴールが飛び交う、これまたボリューミーな試合でした。

 

前半は神戸の試合だったと言えます。キーになったのはやっぱりイニエスタ選手。まあ上手いですよね、やっぱり。イニエスタ選手は結構ポジションレスに動いてフロンターレのギャップを巧みに突くし、嫌な位置どりでパスコースを消したりと、まあ上手かったです。そしてウエリントン選手はプレスかけてくるし、前線でめっちゃボール収めたりフリックしたりで、やっぱり上手かったです。ここにポドルスキ選手がからんで、まあ見事に前半で3失点してしまいました。

 

気になったのは、見事なゴールを2発決められた守備。フロンターレのディフェンスにはシュートコースがあったということです。ゴール前に迫った相手には身体を張った守備で相手を押さえ込めてたけど、ミドルレンジから空いたコースにきっちり決められるとお手上げでした。神戸は、フロンターレディフェンスはミドルレンジに弱点あり、と分析していたのかもしれませんね。

 

立ち上がりオタオタしたフロンターレですが、神戸のプレスが20分くらいで落ち着いてきたらボールを持てるようになりましたね。そしてこの辺りから徐々に家長選手の凄みが出て来たのでした…。

 

私が気づいたら、家長選手が左サイドにいたり中央にいたり、一番前にいたり。トップ下というよりもフリーマンのようでした。前半の2点目もそんな位置どりから。そして前半の主役がイニエスタ選手だったとすると、後半は家長劇場と言えたと思います。

 

前半イニエスタ選手がノールックのヒールパスを見せたかと思うと、後半は家長選手が見せました。僚太選手の4点目のつなぎの中で見せたパスは、あのゴール前の混雑の中でやったのだからすごいと思います。相変わらずボールを持ったら奪われないし、試合終盤では2点リードを考慮して、試合を閉めにいくのか点を取りに行くのか、しっかりとマネジメントしてたと思います。

 

試合間隔が開いたらどうしてもリズムが悪くなるのは大いに反省して修正してほしいところですが、個人技ありチームプレーありで5得点したことは評価できると思います。なによりもクラブをあげて様々な準備をして仕掛けてきたイベントと試合両方で結果を出したことは、フロンターレのファンづくりに大いに貢献したと思います。これがフロンターレのやり方です。ここからもう一度兜の尾を締め直して、連覇に向け進んで欲しいです。