読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屈辱の多摩川クラシコ。我々はまだこのレベルなのだ。(アウェイvsFC東京)

フロンターレ

f:id:cleanfuture_big:20170318213007j:image

言い訳だけど、疲れはあったと思います。なぜなら、選手達が動けてたのは前半開始後の15分くらいと後半開始後の10分くらいだったから。その時間は面白いようにボールが回ってFC東京を切り裂いてた。だからこそその時間に点を取りたかったな〜。

 

でも、点が取れないのも理由があると思います。まず、攻撃が単発だったと思う。ピンポイントで合えば得点できるけど、合わなければそのターンは終わり。そんな感じで波状攻撃があまりなかった。

 

あと、FC東京の林選手くらいの高いレベルのGKに対して、あまりにも安易なクロスばかりだった。クロスについてはフロンターレはお世辞にも上手いとは言えないと思います。片っ端から林選手にキャッチされたのも当然だな〜。

 

阿部選手やネット選手が代わってから立て続けに失点したのも、この2人特に阿部選手は守備で効いてるってことなんでしょうね。とは言え勝つためにどういう手を打つべきだったか私にはわからないです。鬼木監督が今日の交代策と結果をどう総括するか、コメントを楽しみにしておきます。

 

まあ、ここまで負けなしで私もちょっと勘違いしてました。フロンターレは鬼木監督のもと新たなフロンターレを構築中。今年は簡単な年にならないってわかってるつもりだった。目を覚まして、あらためてフロンターレと一緒に立ち上がりますよ!

 

(勝って中断期間を迎えたかったなぁ〜)

未完成同士の戦いはフロンターレの勝利!(フロンターレvs柏レイソル)

フロンターレ

f:id:cleanfuture_big:20170311100121j:image

 プレミアムフライデーは毎月最終金曜日のことらしいけど、フロンターレのある金曜日は私にとってのプレミアムフライデーレイソルサポの知人と毎年等々力と日立台を行き来してますが、今年も会社を早退して一緒に等々力で互いのチームを応援しました。

f:id:cleanfuture_big:20170311100139j:image

 去年までは、フロンターレレイソルも互いの戦い方があってそれをぶつけるという印象でした。まあ、レイソルフロンターレに対して赤子の手をひねるように戦うって感じが多かったけど…。今年は両チームともメンバーが変わって、まだ新しい戦い方を構築中。未完成、発展途上同士の戦いでした。

f:id:cleanfuture_big:20170311100159j:image

 結果はフロンターレが2-1で勝利!この試合、フロンターレが早め早めにボールを動かすのが印象に残りました。去年までだと相手のプレスに対して細かいパスワークでかわしにいったのですが、少しでももたついたりずれたりすると相手に引っかかって逆襲されてました。でも昨日はそこを割り切って、早めにボールを大きく動かしてレイソルのプレスをかわしてたと思います。結局前半はレイソルの守備がハマらず、、フロンターレの一方的とも言える展開でした。

f:id:cleanfuture_big:20170311100212j:image

 後半はレイソルがさらに出足良くしてきたので、フロンターレも慌ててましたね。相手に退場者が出ているにもかかわらずパスワークでミスして逆襲されるのは課題です。選手が顔を出せていたらそんなことないはず。しっかり練習で修正していってください。

f:id:cleanfuture_big:20170311100224j:image

でもやっぱり勝つのは大事です。特に昨日は今までいいようにやられてたレイソルに対して、新しい自分達の戦い方が通じたというのは高評価だと思います。攻撃バリエーションを増やしながら、守備の連携も強化していってる最中のフロンターレ。伸び代はたくさんですね!楽しみです!

f:id:cleanfuture_big:20170311101720j:image

レイソルは大谷選手の負担が大きそうだったなぁ。ひとりで憲剛選手と大島選手を見続けないといけなさそうでした。茨田選手の移籍の影響あるかも。(他サポが余計なこと言ってすみません。)

 

ここから積み上げて行くのだ!(フロンターレvsサガン鳥栖)

フロンターレ

f:id:cleanfuture_big:20170306141242j:image

 日頃の忙しさにかまけてて、ブログ更新がすっかり遅くなってしまいました!この間の日曜日、フロンターレJリーグホーム開幕戦、相手はサガン鳥栖でした。

鳥栖と言えばハイプレスとロングボール攻撃。フロンターレはいつも苦戦させられますね。鬼木監督のフロンターレはその鳥栖にどういう戦い方をするのか?注目です。

f:id:cleanfuture_big:20170306141317j:image

 フロンターレはトップ下に大塚翔平選手が入りました。大塚選手がどれだけ動いてボールに触り続けられるか?それとも相手DFに消されるか?

f:id:cleanfuture_big:20170306141354j:image

 鬼木監督の戦い方はACL水原戦と同じだったと思いました。縦に早く、サイドを使い、ショートパスもつなぎ…。多様な攻撃バリエーションを駆使しようとしてました。とてもクレバーだと思います。

f:id:cleanfuture_big:20170306141435j:image

 大塚選手もよくボールを触ってました。でも相手の脅威にまではなれてなかったかなぁ。大塚選手って、ボールを受けて味方にパスした次が面白くないと思います。なんかこう、工夫がないというか。鳥栖のDFがそれだけうまく対応したということかな?それでもあのポジションだったら「何か」を起こさないとレギュラーはきついかな。憲剛選手もいるし。

f:id:cleanfuture_big:20170306141454j:image

 前半早々の小林選手の得点は見事でした!その後の鳥栖の攻撃にはやはり苦しみました。谷口選手と車屋選手の宇宙兄弟CBコンビは頑張りましたよ!あの同点ゴールは、抑えられた見事なボレーシュート。相手の選手を褒めましょう。守備陣は苦しんだけど本当に我慢したし頑張りました。

f:id:cleanfuture_big:20170306141511j:image

結果は引き分け。ロケットスタートとはいってないけど、負けてはいない。ポジティブにとらえられるかな。鬼木監督の多様な攻撃バリエーションは好きだな!あとはしっかり練習して連携取れるようにしてください。期待してます!

2017のフロンターレ初戦はまだまだまだまだな出来(ACLフロンターレvs水原三星)

フロンターレ

f:id:cleanfuture_big:20170222211255j:image

今日は2017初戦ということで、会社を早退!一旦自宅に帰って防寒準備して等々力に向かいました。とは言えさすがは等々力。時間が経つにつれどんどん冷え込んでいき、これだけ着ぶくれしててもジンジンと冷えました〜。そして、残念なことに時間とともに冷え込んで行ったのは気温だけではなかったのです…。

f:id:cleanfuture_big:20170222211327j:image

 前半はフロンターレが攻撃の形を作ってました。そして2017シーズンのゴール第1号はやっぱり小林悠!!!今年のキャプテンのまさに「俺について来い!」というメッセージのこもったゴールでした!すばらしい!!!

f:id:cleanfuture_big:20170222211349j:image

 だけどそこからが…。水原の圧力にフロンターレはどんどんプレーが雑になっていってしまいましたね。後半はぶっちゃっけつまらない試合と思いました。すべてがうまくいかず、ボールを持てず攻撃は単発。う〜ん…。水原に支配されっぱなしだったなぁ。

f:id:cleanfuture_big:20170222211405j:image

というわけで、初戦ということを割り引いても良かったとはとても言えないフロンターレ。土曜日にはもうリーグ戦が始まります。お試し期間は終わったはず。期待して応援していきます!

悔しすぎる準優勝、でもまた立ち上がって挑戦しよう(天皇杯決勝鹿島アントラーズvsフロンターレ)

フロンターレ

自分の気持ちの整理のために、昨日の天皇杯決勝戦の感想を書いておきます。

 

あのアントラーズの強固な守備をキリキリ舞させましたよね!?小林選手の同点弾の時は「崩せる!」って思いました。でも、ビッグチャンスを作れどあと1点が取れず。後半すでに足が止まっていたフロンターレには、延長になった時点で勝負はついていたのかもしれないと、今さら思います。

 

私も、顔を上げられる気がしません。選手はなおさらでしょう。今は落ちこんでもいいと思う。でも、また立ち上がりましょうよ!そして挑戦しましょうよ!

 

フロンターレのおかげで、1月1日まで存分にサッカーを楽しめました。いつもより短いオフのあと、すぐに次のシーズンが始動します。選手同様、私達も新シーズンに向けて英気を養いましょう!

 

賀正コレオ素晴らしかったです!「これが勝負に臨むチームのコレオ?」って思われる方も多いでしょうね。そうです、その通り!でも、これで勝とうとするのがフロンターレです!お正月にサッカーできる3チームのうちのひとつ、日本中のサッカーチームから残った2チームのうちのひとつですよ?日本中のサッカーチームとファンに向かって、NHK地上波使って「あけましておめでとう!」は当たり前でしょう!負けたから揶揄されるけど、勝ったら「天晴れ!」そしてそれを選手もスタッフもサポーターも街も本気でやるのがフロンターレです!

 

もちろん違う考えの方もOK。ふところ深く、いろんなサポーターを受け入れるのがフロンターレです!そんなフロンターレのサポーターになって本当に良かった!

 

こう書いてるだけで、本当に良かったって涙が出そうになります。

 

さあ、しっかり落ち込んで、そしてまた立ち上がって、何度でも超srしてやるよ!いつでも何度でも「前進」!

 

今夜は無冠帝飲もうっと!

エドゥとか谷口みたいなハンサムがあんな気合を見せたらそりゃもうかっこいいに決まってるだろ!(天皇杯大宮アルディージャvsフロンターレ)

フロンターレ

 1-0で決勝進出を決めたぞ〜っ!

 

年内最終出勤日だったけど、午後半休取って日産スタジアムへ。試合終了と同時に戻って納会に参加という弾丸スケジュールだったんです。もし延長になったら、泣く泣く応援を切り上げなければなりませんでした。でも、後半残りわずかというところで、谷口選手が決めてくれたぞ、右足アウトサイドで!

 

この試合、個人的に感じたのはエドゥアルド選手の気合の入り方です。いつもよりボールを持ち上がるのが多くなかったですか?最前線で惜しいシュート放ったり、あのルーレットといい、決勝ゴールにつなげた絶妙ふんわりヘディングといい…。ハンサムが気迫のプレー見せるのは卑怯だと思います!私みたいな一般ピーポーは、どうやったらハンサムに勝てるんだ!?

 

谷口選手もそう。ゴールの後のユニフォーム咥えなんて…。ハンサムが時おり野獣のようなとこ見せるのは反則です!私みたいな一般ピーポーは、どうやったらハンサムに勝てるんだ!?

 

勝とうと思っちゃいけないですね、はい。

身の程知らずでした、はい。

 

 確かに大宮の攻撃を受ける時間も長かったし、ゴールポストが防いでくれたシュートもあったけど、なぜか勝つ予感しかしなかった。それも90分で。そして、エドゥアルド選手や谷口選手を始め、全選手が気迫のプレーを魅せてくれた。そして元日にフロンターレのサッカーを見ることができるという幸せをサポーターにくれました!

 

元日は大阪に行けませんので、自宅のTV前で応援します。そして「その時」をみんなと一緒に迎えます。

 

あと一つ。

 

f:id:cleanfuture_big:20161230184755j:image

f:id:cleanfuture_big:20161230184818j:image

f:id:cleanfuture_big:20161230184833j:image

f:id:cleanfuture_big:20161230184852j:image

「大久保嘉人の使い方」をFC東京に教えてしまいました…(天皇杯FC東京vsフロンターレ)

フロンターレ

天皇杯準々決勝は2-1でフロンターレが勝利し、準決勝進出を決めました!やった~!!

 

今日の試合、やっぱり注目は大久保選手でした。FC東京への移籍が本人から発表されて初のFC東京との試合です。注目が集まるのは当然です。そして今日の大久保選手はチャンピオンシリーズ準決勝の前半と同じような活躍を魅せてくれました!

 

今日の大久保選手、結構中盤に下りてきてボールに絡んだ後、ゴール前に入って再度ボールに絡む、というプレーを継続してくれました。これは、先日公開されたフロンターレHPのピックアッププレーヤーのコメントどおりです。「ああ、こういうサッカーを大久保選手はやりたかったんだな」と思いながら応援していました。そして来年移籍するFC東京に対して先制ゴールをする。もう本当に役者ですね。

 

そして今日のフロンターレは大久保選手の活躍によって、まさにFC東京に「大久保選手はこう使うといいよ!」と教えてしまったのではないか・・・。そう思えるくらい、他のフロンターレの選手と大久保選手は絡み続け連動し続けていました。気持ちのいいサッカーを魅せてもらいました!反面、大久保選手の良さを余すことなくFC東京に教えてしまったのでした・・・。

 

来シーズンの多摩川クラシコは、大久保選手と憲剛選手のマッチアップや大久保選手と大島選手のマッチアップが見られるかもしれない。楽しみなような、つらいような、何とも言えない気持ちになります。でもその前に!天皇杯のタイトルとこのメンバーで勝ち取りましょう!

f:id:cleanfuture_big:20161224210215j:imageフロンターレブルーの空の下、味の素スタジアムへ。

f:id:cleanfuture_big:20161224210234j:image

今年3度目の多摩川クラシコです。

f:id:cleanfuture_big:20161224210256j:image

ビッグフラッグを持ち込んで、端をたたんでサイズを合わせるのも慣れてきました。

f:id:cleanfuture_big:20161224210317j:image

飛行機事故の犠牲となったマイア選手への横断幕、チャントも歌いました。

f:id:cleanfuture_big:20161224210342j:image

F東京もでっかい横断幕を掲出。

f:id:cleanfuture_big:20161224210403j:image

バックスタンドも右半分が水色、左半分が青赤に。フロサポ何人来たんだろう?

f:id:cleanfuture_big:20161224210414j:image

ふろん太とカブも駆けつけました。