読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僚太はフロンターレを救うことができる男になった(フロンターレvsアルビレックス新潟)

f:id:cleanfuture_big:20170505200004j:image

 よっしゃーっ!3-0で勝った〜っ!

 

今日は2つ思ったことを書こうと思います。まずはタイトルの大島選手のことです。ネット選手と大島選手のボランチ組み合わせは去年から培っているだけあって、熟成されてるなぁと思いました。2人は基本的に、ネット選手が下がり気味に、大島選手が前気味にポジションを取ることが多いかな?2人は常に近い距離を保ちながら、お互いの場所を意識しているようでした。今日の前半のネット選手は、非常にミスが少なかったと思います。これはやはり、大島選手が戻ってきたことでネット選手の負担が減ったからだと思います。マークが分散することで、ネット選手は余裕を持ってボールに触れてたと思います。大島選手はもちろん、ボール扱いが上手く、決定的なチャンスを演出するのですが、今日の大島選手出場の最大の効果は、このネット選手が生き返ったことだと思います。後半、大島選手と森谷選手が代わった後は、中盤でのボール扱いがぎこちなくなってしまいました。この辺りからも、大島選手の効果の大きさがわかると思います。

 

2つ目は、ハイネル選手の先制ゴールです。すばらしいゴールでした!ソンリョン選手から、パスを縦に縦につなぎ、あっという間に相手ゴール前に運び、そしてハイネル選手の加入後初ゴール!縦に早い攻撃というと、相手DF裏にロングボールを出すとか、走るスピードを生かしたカウンターなどがあるけど、今日の先制ゴールはそれらと違う、早い攻撃でした。これは、フロンターレの選手が次々と相手選手の間間に顔を出し続けたからだと思います。縦に早いショートパスを繋いであっという間にゴールを陥れる。裏へのパスも、ドリブルの高速カウンターもいいけど、今日の先制ゴールはフロンターレの新しい技として磨いてほしいと思います。

 

後半相手に主導権を握られるなど、まだまだなフロンターレですが、今日は全員が今やれることをしっかりやりきりました。怪我人もまだいるけど、少しずつ戻ってきたし、それよりも何よりも、全員がやりきればフロンターレは勝てることがわかりました。これは大きいですよ!

 

f:id:cleanfuture_big:20170505200024j:image

今日は違うタオマフ持っていきました〜。私も何かを変えなければと思って。

今のフロンターレはただのつまらないチーム(フロンターレvs清水エスパルス)

f:id:cleanfuture_big:20170421214245j:image

「2点目が取れないから勝てない」

そう言ってる人もいたし、私もなるほどそうだな、って思ってました。でも、2点取っても2点取られるじゃん!勝てないじゃん…

 

今年は攻撃力を出来るだけ維持しながら、守備を強くしようとしてたと思います。そりゃ今までならもっと失点してた、とか言うことはできるけど、今のフロンターレは攻撃も守備も中途半端ですよね。ものすごくどっちつかずだと思う。

 

今日なんて、清水エスパルスの守備の周辺でひたすらパスをつなぐだけで、チャレンジも少ない。そしてパスカットされてカウンターから失点。前監督の上手くいかない時のサッカーそのままですよ。見てて全然魅力的じゃない。

 

負けてないのはプラスかもしれないけど、勝ってもいないんです。守備を強くしようとしたら守備も攻撃も中途半端…って、これって前々監督(代行は除く)の時とちょっと雰囲気が似ている。もちろん監督も選手も同じじゃないから、同じようになるとは思わない。でも雰囲気は似てると思ってました。「縁起でもない!」とか、いろいろ言われるだろうから、言わないようにしてたけど。そう思ってるの私だけかな?

 

もちろんあの時のようになって欲しいなんて思ってないです。怪我人が戻れば変わるかもしれない。連携が取れれば劇的に進化するかもしれない。

 

でも、もう8節が終わったよ?

 

こんなこと言ってしまったけど、私はフロンターレが好きだし、試合前には期待でワクワクするし、きっと次のホームゲームも足を運んで応援します。だから、どうかあの時のようにはならないで欲しいと思う。何がって?監督と選手の間の信頼関係をしっかり維持して欲しい。そういうことです。あの時も、最後はこれだったから。

 

よし!そうさせないためにも、フロンターレを応援するよ!これからも。

フロンターレは新体制一年目のチームということを忘れてはいけない(ホームvsヴァンフォーレ甲府)

f:id:cleanfuture_big:20170408232827j:image

 1-1の引き分け。でもこの引き分けは負けに等しいと思います。甲府の守備の固さは織り込み済みのはず。どうやってそこをこじ開けるのか?楽しみにしてました。

 

が、その期待はほぼ裏切られました…

 

どうもやっぱり、ショートパスをつなぐのが今ひとつになってきてないか?雨だったから、すべりやすかったのはあるだろうけど、なんだか普通のサッカーをしてるって感じでした。まるで、崩すイメージを持っていないような。

 

もしかして、この原因のひとつは大島選手と森谷選手の違い?

 

私は森谷選手が大好きです。理由は、上手いから。ボールを受ける、パスを出す、シュートする、どれも上手いと思います。だから、試合に出るときはほぼいつも「森谷選手に期待!」とツイートします。だけど今日は、ボランチとして試合をコントロールすることも、攻撃に違いを生み出すこともあまりできていなかったと思います。

 

前節、森谷選手は途中出場して得点しました。森谷選手はまさに「ジョーカー」なのかもしれません。もちろん全てのサッカー選手は、先発して90分プレーしたいと思ってるでしょう。でも、今日の森谷選手はやっぱり試合途中で入ってきて、リズムを変えて得点に結びつけるのがいいのかな、と思いました。

 

でも私は森谷選手が大好きです。もっとできる選手だと思います。これからも期待し続けると思います。

f:id:cleanfuture_big:20170408232852j:image

今日思ったのは、フロンターレは普通のサッカーチームになったなぁ、ということ。セオリー通りにやろうとしてると言えばそうかもしれないけど。ちょっと今は向かう方向が見えにくいです。つまり、再構築途中のチームだということです。一度勝つとそのことをすぐに忘れてしまいますが、私は新体制で臨む一年目チームだということを忘れずにいたいと思います。

 

こういう試合をしないに越したことはない。でも、こういう試合もやりながら再構築していくということも、しっかり自分の腹に落としてこれからも応援していこうと思います。

ミクニワールドスタジアム北九州に行ってきた!(試合がない日)

一昨日と昨日が福岡出張だったので、さっき足を伸ばして小倉にあるミクニワールドスタジアム北九州に行って来ました!残念ながらギラヴァンツはアウェイでSC相模原と試合のため、ギラヴァンツの試合観戦とはいきませんでしたが、カッコ良さそうなスタジアムでしたよ!

初めて行きましたが、小倉駅から徒歩7分では到着しなかったです。試合の日は人も多いでしょうから、時間には余裕を持って行った方がいいでしょうね。

ギラヴァンツは素晴らしいスタジアムを提供してもらいました。まずはコンスタントに5000人以上の観客を集めてほしい。そのためには、クラブとサポーターと行政が一体になった仕掛けも必要だし、何よりもギラヴァンツが「強い」ことが必要です。本当にギラヴァンツに期待してるし、みなさんも是非ギラヴァンツはじめ、フロンターレやその他のJリーグチームの試合に行ってみてください!きっと引き込まれますよ

f:id:cleanfuture_big:20170401120635j:image

快晴!駅から北に伸びるペデストリアンデッキにはギラヴァンツタペストリー。その先には響灘!

f:id:cleanfuture_big:20170401120652j:image

手前には整備された広場と近代的な建築物。その先に見える工場と空と海。このコラボも北九州の魅力。

f:id:cleanfuture_big:20170401120705j:image

到着!カッコいいよ!見た瞬間鳥肌がたった。ギラヴァンツとギラサポは幸せものだな〜。

f:id:cleanfuture_big:20170401120720j:image

振り返ると山が見える。北九州は海も山もある、実は自然豊かな所です。スタジアムと山のコラボも見られる!

f:id:cleanfuture_big:20170401120739j:image

どうよどうよ?等々力も大好きだけど、ちょっとこの景色は羨ましいぞ!スタジアム、工場、海、山、空!

f:id:cleanfuture_big:20170401120745j:image

いやもう、言葉が出ないです。ギラヴァンツ勝て!ギラサポはチームと一丸となって応援してあげてください!在関東サポの私にはうらやましすぎ!

屈辱の多摩川クラシコ。我々はまだこのレベルなのだ。(アウェイvsFC東京)

f:id:cleanfuture_big:20170318213007j:image

言い訳だけど、疲れはあったと思います。なぜなら、選手達が動けてたのは前半開始後の15分くらいと後半開始後の10分くらいだったから。その時間は面白いようにボールが回ってFC東京を切り裂いてた。だからこそその時間に点を取りたかったな〜。

 

でも、点が取れないのも理由があると思います。まず、攻撃が単発だったと思う。ピンポイントで合えば得点できるけど、合わなければそのターンは終わり。そんな感じで波状攻撃があまりなかった。

 

あと、FC東京の林選手くらいの高いレベルのGKに対して、あまりにも安易なクロスばかりだった。クロスについてはフロンターレはお世辞にも上手いとは言えないと思います。片っ端から林選手にキャッチされたのも当然だな〜。

 

阿部選手やネット選手が代わってから立て続けに失点したのも、この2人特に阿部選手は守備で効いてるってことなんでしょうね。とは言え勝つためにどういう手を打つべきだったか私にはわからないです。鬼木監督が今日の交代策と結果をどう総括するか、コメントを楽しみにしておきます。

 

まあ、ここまで負けなしで私もちょっと勘違いしてました。フロンターレは鬼木監督のもと新たなフロンターレを構築中。今年は簡単な年にならないってわかってるつもりだった。目を覚まして、あらためてフロンターレと一緒に立ち上がりますよ!

 

(勝って中断期間を迎えたかったなぁ〜)

未完成同士の戦いはフロンターレの勝利!(フロンターレvs柏レイソル)

f:id:cleanfuture_big:20170311100121j:image

 プレミアムフライデーは毎月最終金曜日のことらしいけど、フロンターレのある金曜日は私にとってのプレミアムフライデーレイソルサポの知人と毎年等々力と日立台を行き来してますが、今年も会社を早退して一緒に等々力で互いのチームを応援しました。

f:id:cleanfuture_big:20170311100139j:image

 去年までは、フロンターレレイソルも互いの戦い方があってそれをぶつけるという印象でした。まあ、レイソルフロンターレに対して赤子の手をひねるように戦うって感じが多かったけど…。今年は両チームともメンバーが変わって、まだ新しい戦い方を構築中。未完成、発展途上同士の戦いでした。

f:id:cleanfuture_big:20170311100159j:image

 結果はフロンターレが2-1で勝利!この試合、フロンターレが早め早めにボールを動かすのが印象に残りました。去年までだと相手のプレスに対して細かいパスワークでかわしにいったのですが、少しでももたついたりずれたりすると相手に引っかかって逆襲されてました。でも昨日はそこを割り切って、早めにボールを大きく動かしてレイソルのプレスをかわしてたと思います。結局前半はレイソルの守備がハマらず、、フロンターレの一方的とも言える展開でした。

f:id:cleanfuture_big:20170311100212j:image

 後半はレイソルがさらに出足良くしてきたので、フロンターレも慌ててましたね。相手に退場者が出ているにもかかわらずパスワークでミスして逆襲されるのは課題です。選手が顔を出せていたらそんなことないはず。しっかり練習で修正していってください。

f:id:cleanfuture_big:20170311100224j:image

でもやっぱり勝つのは大事です。特に昨日は今までいいようにやられてたレイソルに対して、新しい自分達の戦い方が通じたというのは高評価だと思います。攻撃バリエーションを増やしながら、守備の連携も強化していってる最中のフロンターレ。伸び代はたくさんですね!楽しみです!

f:id:cleanfuture_big:20170311101720j:image

レイソルは大谷選手の負担が大きそうだったなぁ。ひとりで憲剛選手と大島選手を見続けないといけなさそうでした。茨田選手の移籍の影響あるかも。(他サポが余計なこと言ってすみません。)

 

ここから積み上げて行くのだ!(フロンターレvsサガン鳥栖)

f:id:cleanfuture_big:20170306141242j:image

 日頃の忙しさにかまけてて、ブログ更新がすっかり遅くなってしまいました!この間の日曜日、フロンターレJリーグホーム開幕戦、相手はサガン鳥栖でした。

鳥栖と言えばハイプレスとロングボール攻撃。フロンターレはいつも苦戦させられますね。鬼木監督のフロンターレはその鳥栖にどういう戦い方をするのか?注目です。

f:id:cleanfuture_big:20170306141317j:image

 フロンターレはトップ下に大塚翔平選手が入りました。大塚選手がどれだけ動いてボールに触り続けられるか?それとも相手DFに消されるか?

f:id:cleanfuture_big:20170306141354j:image

 鬼木監督の戦い方はACL水原戦と同じだったと思いました。縦に早く、サイドを使い、ショートパスもつなぎ…。多様な攻撃バリエーションを駆使しようとしてました。とてもクレバーだと思います。

f:id:cleanfuture_big:20170306141435j:image

 大塚選手もよくボールを触ってました。でも相手の脅威にまではなれてなかったかなぁ。大塚選手って、ボールを受けて味方にパスした次が面白くないと思います。なんかこう、工夫がないというか。鳥栖のDFがそれだけうまく対応したということかな?それでもあのポジションだったら「何か」を起こさないとレギュラーはきついかな。憲剛選手もいるし。

f:id:cleanfuture_big:20170306141454j:image

 前半早々の小林選手の得点は見事でした!その後の鳥栖の攻撃にはやはり苦しみました。谷口選手と車屋選手の宇宙兄弟CBコンビは頑張りましたよ!あの同点ゴールは、抑えられた見事なボレーシュート。相手の選手を褒めましょう。守備陣は苦しんだけど本当に我慢したし頑張りました。

f:id:cleanfuture_big:20170306141511j:image

結果は引き分け。ロケットスタートとはいってないけど、負けてはいない。ポジティブにとらえられるかな。鬼木監督の多様な攻撃バリエーションは好きだな!あとはしっかり練習して連携取れるようにしてください。期待してます!