緻密だが精度の低いサッカーではどこにも勝てない(ACLフロンターレvs上海上港)

f:id:cleanfuture_big:20180213210228j:image

Jリーグチャンピオンとして臨んだACL第一線は、フッキ、オスカル、エウケソン擁する上海上港をホームに迎えました。寒い平日ナイターとは言え、等々力には12000人以上が応援に駆けつけました。しかし結果は0-1で敗戦。上海に勝ち点3を献上する結果となりました。

 

ゼロックスカップ同様、コンビネーションというか連動した動きが今ひとつかみ合わないフロンターレゼロックスカップの時よりは選手達に動く意思が感じられたけど、今度はそこにパスが少し合わないように見えました。去年から大きくメンバーを変えたわけじゃないけど、時間が開くとこれだけ落ちるとは、どれだけ緻密なことをやろうとしてるんだろう…

 

緻密さはもちろん正確さがないと意味がないですし、スピードが遅いと相手に対応されてしまう。去年の終盤にできたことが今日できなかったのは、キャンプと練習試合では取り戻せないものがフロンターレのサッカーに必要なんだと思います。

 

今日に関しては、前半は上海はあまり追って来ず、結構フロンターレはボールを持ててました。上海の強力な前線もどうにかこうにか押さえてましたが、先制されてから上海は余裕が出たと思います。それは上海の後半の入りに「やれる!」というような意思が感じられたほどでした。フロンターレのサッカーに対して自分達が通用するという感覚を前半で掴んでしまったようでした。

 

フロンターレもチャンスを作りましたが、どうしても散発なもので、決まればお見事だけどそうはいかないよね〜というもの。むしろ散発な攻撃に終わる元となった一つはセカンドボールを取れなかったこと。読みというかポジショニングというか、上海はその辺りも上手かったですね。

 

ゼロックスカップ、ACLとこの2試合だけだと確かに良かった点が少ないなぁ。敢えて言えば、実戦でいろいろ試せたことかな?憲剛システム、嘉人システム、守田選手の連続起用、ノボリの奮闘…。逆に言うと、その他は全て課題だと言うことですね。

 

でも、楽観はできないけど、悲観しすぎもよくない。というか、それだと楽しくない!お試しが通用するようになったら、もっと強くなれるはず!そう期待しながらJリーグ開幕を待つとしましょう!

 

もちろんACL予選は残り全勝でよろしく!

取り戻すのに時間がかかるサッカー(富士ゼロックススーパーカップ フロンターレvsセレッソ大阪)

f:id:cleanfuture_big:20180210155633j:image

いよいよフロンターレが初めてディフェンディングチャンピオンとして臨むシーズンが幕を開けました!2017シーズンのJリーグチャンピオンと天皇杯チャンピオンが争う富士ゼロックススーパーカップフロンターレセレッソ大阪ともに初めてここに立ちました。

 

両チームとも昨シーズンは自分達のサッカーの完成度を高めてタイトルを獲得しました。そのため両チームともシーズンオフの補強は、昨シーズンのサッカーを強化・進化させるメンバーだったと思います。よって、オフシーズン明けとは言え、今回のゼロックスカップはいきなり両チームの完成度の高いサッカーを観れるかな?と期待してました。

 

フロンターレのスタメンはなかなかなメンバーでしたね。大島選手とエウシーニョ選手が怪我でスタメンを外れたけど、森谷選手と田坂選手という、フロンターレでずっと活躍してきた選手が入りました。何より昨シーズンのメンバーがほぼ残ったので、スタート時点では一年前より進化してるはずですよね?

 

結果は…2-3の負け!1点差とは思えない完敗でしたね。セレッソはさすがでしたね。というかユン監督とスタッフの研究がすごいのかな?フロンターレの良さである前線のパスワークを、早くて強いプレッシャーで潰してきました。それでも悠選手、家長選手、阿部選手、憲剛選手はボールを受けてキープできるのですが、ボランチの2人はかなりやりにくそうでした。森谷選手はどうしてもボールをキープしたり前にも出したりしづらく、ボールを戻すシーンが多かったと思います。

 

一方セレッソは前に行く動きを止めないですよね。ここは維持というか、強化されてるように感じました。2失点目、3失点目は、動かないフロンターレに対し、動くセレッソ、という感じでした。

 

負けた試合の中でポジティブな印象を持ったのは、まず守田選手!右SBに入るとそこからゲームを作るかのようなボール捌きでした!自分でドリブルで駆け上がるとかじゃなく、あの位置からパスで相手を崩せるのはおもしろいと思います。田坂選手も同じようにできる選手ですが、今日は守田選手の方が攻守に印象に残ったかな。

 

もう1人は大久保選手!憲剛選手に変わって入ってびっくりしました。てっきり憲剛選手がボランチに入って、大久保選手がトップ下に入ると思った。トップ下でボールを散らすだけじゃなく、ゴールを決めたのが何だかんだで「嘉人が帰ってきた!」って思いました!しかも得点シーンは、かつてフロンターレで何度も見た形でした。

 

ディフェンディングチャンピオンとして本気で連覇を狙うのですから、当然横綱相撲を取れるようにならないといけないと思います。かつて連覇したチームには、確固たるスタイルと強さがあったと思います。今年フロンターレ立ち向かう相手は、皆今日のセレッソレベル、またはそれ以上だと思います。火曜日にはACLが始まります。ACLには日本のチャンピオンとして戦いに臨むし、相手もそのつもりで向かってきます。今日は私にはわからなかったような課題が、きっとたくさんあったのでしょう。鬼木監督やスタッフ、選手はわかってるんだと思います。もうシーンは始まりました。戦いながら、勝ち点を積み上げながら、連覇に向けて進んでいきたいですね!

 

今年も負けからのスタートなのは残念。でも今年もまたフロンターレとの時間が動き始めました。一年間、よろしくお願いします!

 

2017年を終えて。ひとつ謝りたくて・・・

前回ブログ更新したのは、J1最終節でした。フロンターレの試合がないもんですから、すっかりご無沙汰してました。

 

さて、2017年が終わろうとしています。1月1日の天皇杯準優勝から始まったフロンターレは、鬼木新監督のもと、今年は厳しい一年になると思われてました。私もそう思っていた一人です。今日はそのことについてお詫びしておきたいと思います。

 

案の定、なかなか勝てないフロンターレでした。リーグ戦、ACLとも負けこそしないけど勝てない。その状況に私自身もイライラしていたんだと思います。あの相馬監督時の8連敗の時と同じ状況ではないか?そう思いました。その後相馬監督は解任されましたが、当時「監督と選手間の溝」という説明があったと思います。今年の勝てない時期、私は同じ状況ではないかと勝手に思っていました。

 

でも、全く違っていました。憲剛選手はじめフロンターレの選手たちから出てくる言葉は、鬼木監督を信じている言葉ばかり。さらに風間監督時よりもフロンターレのサッカーは確実によくなっているという言葉。私はその言葉すら半信半疑だったのですが、結果はご存知の通りでした。リーグ中盤、阿部選手・家長選手がフィットしてからというものの、フロンターレは美しく勝ち、しぶとく負けを引き分けに持ち込む、魅力的なサッカーを繰り広げてくれました。

 

お詫びしたいのは、あの時に心の底からフロンターレを信じてあげられなかったということです。たとえ8連敗の記憶と重ね合わせていたとはいえ・・・。多くのサポーターの皆さんは今シーズンもフロンターレを信じて、疑わず、そして最終節の逆転優勝を喜ぶことができたと思います。でも、私は実は上述のことがあって、100%では喜べていなかった気がします。あの時期に少しでも疑っていた自分という部分を、そうしても差し引いてしまいました。

 

ごめんなさい、フロンターレの選手・スタッフ・ボランティアの皆さん、そしてサポーターの皆さん・・・

 

大みそかにつまらないブログ更新になりましたが、自分のもやもやに区切りをつけさせていただきたくて、書かせていただきました。

 

さあ、明日はいよいよ2018年の元日。悔しい気持ちを持ちながらTVで天皇杯決勝を観ます。そして、鬼木監督の言った「連覇」という言葉を信じて、2018年は信じ切って応援していきたいと思います!

 

今年もありがとうございました。来年もフロンターレとともに前進し続けましょう!

You are the CHAMPIONS! We are the CHAMPIONS!(フロンターレvs大宮アルディージャ)

 f:id:cleanfuture_big:20171202184327p:image

優勝慣れしてないもんで、この後どうしたらいいかわからず…。結局自宅最寄り駅のHUBでビールとともにひとり優勝を反芻しています…

 

試合は5-0でフロンターレの圧勝!それでもヒヤヒヤするシーンは結構ありました。大宮の強みであるサイド攻撃で何度も破られ、危険なシュートやクロスをあげられました。しかし谷口選手、奈良選手の両CBを中心に集中力を切らさず守りきりました!

 

攻撃面では試合開始早々のチャンスを阿部選手が決め切り先制!その後は前述したように押される展開になりましたが、前半ロスタイムに悠選手のゴールで、後半に向けて一気に押せ押せの雰囲気になりました。大宮はこれでちょっとモチベーション下がったように見受けられました。選手交代などで選手達を鼓舞しますが、後半もフロンターレは得点を重ね、5-0での圧勝!首位鹿島アントラーズジュビロ磐田と引き分けたため、逆転で優勝!初のタイトル獲得となりました!

 

年間の総括というか、感想はまた後日描きたいと思いますが、天皇杯そしてルヴァン杯を敗退した時に感じたのは、シーズン終盤にいかにチームの調子を上げるか?です。そういう意味ではやっぱり阿部選手と家長選手でしょ!?この2人がチームにフィットしたこと、阿部選手にいたっては怪我で離脱中にフロンターレはタイトルを逃し、ギリギリで戻ってきてくれ、そしてJリーグディビジョン1もチャンピオンとなったことは偶然ではないと思います。今日も両選手がいかに攻撃に絡み、いかに守備に走ったか?説明は不要ですよね?

 

そして今日見てて思ったのは、いつもと違い(?)相手を圧倒するという強い意志をもって試合に入っていたということです。これは私が勝手に思っただけかもしれない。でも、過去の「肝心な試合」とは違う思いの強さを感じました。精神論ですね、すみません。でもそう思いました。

 

そろそろ1杯目のハブエール1パイントがなくなるので、今日の感想はこのくらいにしておきます。帰宅したら妻に喜びの報告をし(なんだかんだ言いながらTVで見てたみたいです)、Jリーグタイムで優勝を反芻します!その前にもう1杯飲ませてください!

 

待ち焦がれたタイトル。でも本当に獲ったら、どうしたらいいかわかりませんね!でもこんな気持ちいいものなんですね!本当にフロンターレを応援してきて良かったと思うし、これからも応援していきます!

 

ありがとう!フロンターレ

ありがとう!スタッフのみなさん!

ありがとう!ボランティアのみなさん!

ありがとう!サポーターのみなさん!

 

鬼木監督は「連覇!」って言ったよね!?

最低限だけど必要十分な勝利(浦和レッズvsフロンターレ)

1-0で勝利…ホッ…としました…TVの前で。

 

フロンターレは今日引き分け以下で、鹿島アントラーズのリーグ優勝が決まるという一戦。フロンターレはアウェイで浦和レッズと対戦しました。埼スタでは今シーズンどうもうまくいかないフロンターレですが、果たして今日もその通りとなりました。

 

まあ、正直どっちが試合間隔が短いの?と言いたくなるような、フロンターレの動きの悪さ!浦和レッズはターンオーバーしたとはいえ確かにすごい豪華メンバーでしたよ。でも、フロンターレはあまりにも動きが悪すぎませんか?もしかしていつもの「大事な試合で固くなる」ってやつ?そんなことないですよね?

 

浦和レッズは守備もよくて、というかフロンターレの選手の動きが少ないので容易にコースを切るし、パスコースも切ってるから簡単にパスをインターセプトしてました。いい時のフロンターレそういう守備に対して、ボールと人が動くことで相手の守備を動かしてギャップ突くことができてたと思います。でも、どうもこのシーズン終盤になってから、そういうのが見られないですよね。

 

こう書くと「勝つしかない状況だから、内容はどうでもいい!勝つことが大事!」って言われてしまうのですが、それもその通りだと思います。ただ、私はフロンターレが観客を魅了するサッカーをして且つ勝利する、っていうのが最高に好きだから、今日試合はちょっとなぁ…と思いました。「じゃあタイトルいらないの?」って言われたら、もちろん欲しい!だから悩むんですけどね…

 

面白いサッカーという面を考慮すると、今日の勝利は最低限の結果だと思います。でも、タイトル争いという面では十分な勝利ですね。なんだかんだ言っても、私もやっぱり勝って欲しいし、タイトル争いをして欲しいから。でも少し釈然としないですけどね。

 

これで次は中2日でホームに大宮アルディージャを迎えます。降格が決まったチームとは言え、全く油断できません。ね?いつかの大分トリニータ戦とか…。ましてやこういうときにはガチガチフロンターレですから。だからこそ、最終節は等々力に行って、いつもの雰囲気で選手にいつものサッカーをさせてあげたいです。そうすればその先に求めるものがあると思います。

 

やっぱり勝ってよかったですね!楽しみが続きますもん。勝利が一番!

 

(釈然としない…)

ベストメンバーで負けるわけいかないんですよ!勝ち続けるのがタイトルへの最低条件だから!(フロンターレvsガンバ大阪)

 f:id:cleanfuture_big:20171118185627j:image

感想を書こうと思ったら、前回のブログはルヴァン杯決勝だったのか…orz

 

さてと、気をとり直して!

 

勝ちました!1-0です!よかったぁ〜。ホッとしました…。

 

基本的にフロンターレがボールを支配するけど、撃てども撃てどもシュートが枠に行かない!もしくは相手DFにぶち当たる!または東口選手のさすが代表ってスーパーセーブ!後半のエウシーニョ選手のゴールは本当にホッとしたんだから…。

 

今日はいわゆるベストメンバーだったフロンターレですが、さすがのボール展開だと思いました。ガンバ大阪の守備は固かったけど、そこをかいくぐることはできてたと思います。14分に憲剛選手が抜け出した時は決まった!と思ったよ…。

 

その他もいいシュートシーンはたくさんありました。阿部選手と大島選手のミドルシュート、谷口選手のボレー、小林選手のGKかわし、家長選手の抜け出し…。もちろん東口選手が素晴らしかったけど、どれか一つは決めてよ〜。

 

あれだけ決まらないと「もしかして…」って気持ちになってしまうものです。だから、なぜかエウシーニョ選手が左サイドの最前線でボールに詰めてゴール奪った時は、まずホッとして、しばらくして「YOUはどうしてそこに?」と思いました。

 

ベストメンバーとしての見方だと、このメンバーでの今年の最高のパフォーマンスとは言えなかったと思います。でも、しっかり攻撃して得点できるのはさすがなのかもしれませんね。そうだとすると残り2節、みんなきっとコンディションとコンビネーションを上げるでしょうから、楽しみですね!

 

悲願のJリーグ制覇には連勝するしかないフロンターレ。きっとやってくれると信じて、応援し続けます!

 

ベストメンバーだとベンチメンバーが豪華になりますね。武岡選手おかえり!

 

ここまで来たから、手が届くと思ったから悔しいのだ(ルヴァン杯決勝セレッソ大阪vsフロンターレ)

f:id:cleanfuture_big:20171104180051p:image

0-2

 

とてもじゃないけど、切り替えられません。私ですらこうだから、選手の心境は察するにあまりある…。結果論だし個人を責めてはいけないけど、それでも開始早々の守備のミスと失点が出鼻をくじいたし、90分間ストレスが溜まりっぱなしの試合にしてしまいました。

 

もちろん守備のミスが失点に直結したのですが、この失点シーンで私はカップ戦決勝に必要な攻撃の精度の差を見た気がします。すなわち今年正月の天皇杯決勝との比較です。あの試合、開始早々に小林選手が抜け出してGKと1vs1になりましたが、小林選手はこれを決めきれず。あれを決めていれば天皇杯の行方はわからなかったはずで、小林選手もこれを悔しがってました。(小林選手はその後試合を振り出しに戻すゴールを決めました!)

 

今日の立ち上がり、フロンターレの守備ミスからセレッソ大阪の杉本選手はGKとの1vs1を完璧に決めました。もちろん天皇杯決勝と同じシチュエーションではないけど、この差は大きいと思います。何が言いたいかと言うと、もちろん守備のポカはいけなかったけど、「どうぞ決めてください」というシチュエーションで決めることは本当に大事だし、だからこそ難しいし、でもやっぱりそこを決めないと真のエースとは言えないのではないか?ということです。

 

今日のフロンターレは、その後悪くないフロンターレでした。大島選手が戻ると途端にネット選手がいきいきしたように見えたし、家長選手はどうして日本代表に呼ばれないのか不思議なくらいでした。でもこれは裏返すと、早々にアドバンテージを得たセレッソがゴール前を超コンパクトに守ってスペースを消し、両サイドからのクロスでしか攻撃させないようにしたからだと思います。要は、フロンターレにボールを持たせて、中央を死守しながらカウンターを狙う、という戦術だったと思います。ウンジョンファン監督の周到な準備とクレバーな采配ですね。

 

それでもフロンターレはチャンスを作りましたね!あわや!という場面を作り続けたけどゴールは遠かった。セレッソの守備が上回ってました。さすがでした。圧倒的に攻撃しながら、カウンターでソウザ選手に追加点を許したシーンは、あの2009年の決勝を彷彿とさせましたが…。

 

これでルヴァン杯は4回目の準優勝です。他サポの中には「無冠ターレ」と揶揄する方もいらっしゃるでしょう。事実とはいえ揶揄することは良くないけど、今日は言い返す気持ちにもなれないですね。

 

ただね、やっぱりこの決勝の地に連れてきてくれた選手達には感謝したいです。埼スタのメインスタンドから応援しましたが、パッと見てフロンターレサポーターとセレッソサポーターの数は2:1くらいでした!こんなにもたくさんのフロンターレサポーターが今年ルヴァン杯決勝に来ることができました。タイトル獲れたら最高だったけど、今はその気持ちをグッとこらえます。私は来年も、再来年も、何度でもこの場所に来たいです!そしていつか(出来るだけ早い時期に!)フロンターレがタイトルを獲るその瞬間に立ち会いたいのです!

 

2017ルヴァン杯の冒険は終わりました。フロンターレは間違いなく前進し続けてくれました。ただ、今年もあと少し届かなかった。悔しいけど、その少しはどうしたら埋まるのかわかりません。今日と明日を使って、自分の心を整理して、残りのリーグ戦という冒険を、フロンターレとともに前進したいと思います。

 

最後になりましたが、セレッソ大阪とサポーターの皆さん、優勝おめでとうございます!セレッソの完勝でしたよ!

 f:id:cleanfuture_big:20171104180111j:image

何度相手に「おめでとう」って言っただろう…

帰ったら、今日の試合録画したの消そっと。

←全然切り替えられない…