読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相手に献上した勝利、でもまだ前半が終わったに過ぎない(ACLホームvsFCソウル)

f:id:cleanfuture_big:20140507221740j:plain
うぎゃ〜っ!悔しい〜T^T

なんちゅう負け方をしてくれたのか。ホームで逆転負けは絶対あってはならないのです。わかっていても連戦の疲れは隠せなかったのか?

ボールを持つフロンターレに対してFCソウルは5バックでゴール前のスペースを消してきました。自由にボールを持ち決定的なシーンもありながら無得点の前半。FCソウルは引き分け御の字というように感じました。

後半試合が動きました。大久保選手が小林選手に「合わせた」クロス。小林選手はこの試合なんだかみんなと合ってないような気がしました。動きだしも、パスも、シュートも。大久保選手のクロスはそんな小林選手に合わせたクロスに見えました。

でもそこからミスが続きます。中澤選手もジェシ選手も普通ならちょっと考えられないミス!2失点目も選手達のポジションがおかしかったように見えました。ミスからの3失点で逆転負けです…。滑稽な負け方でした。

確かにFCソウルは荒いプレーもありました。見ていて首をひねる審判の判定もありました。だけどフロンターレは相手のゴールネットを2回揺らし、FCソウルフロンターレのゴールネットを3回揺らしたのです。

アジアでやる難しさを感じました。連戦で疲れてるのもわかってるし、疑問をもつレフェリングがあることも想定できたはず。それでも勝たないと進めないのがACLですね。フロンターレはあまりにもJリーグの感覚で試合を進めすぎました。セルフジャッジも相変わらず多かったし。

とはいえ、まだ2試合のうちの前半が終了したところ。来週はアウェイで後半を戦います。180分でたくさん点をとってる方が勝ち抜くんですから、そのつもりで臨んでほしいですね。

できれば、もう少しこの連戦をうまく切り抜けることを監督・スタッフには考えてほしいですね…

ああ〜、でもやっぱり悔しい〜