読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようやくレイソルに勝った〜

f:id:cleanfuture_big:20131006203517j:plain
レイソルに勝った〜!

超リアリストのネルシーニョ監督にどうしても勝てなかった。それはネルシーニョ監督が相手の良さを上手に消して、フロンターレはまともにそれに付き合って、そしていいようにやられてたと思います。特に大谷選手が憲剛選手をマンマークするなど。そしてわかってるのにそれを打破できないフロンターレ…

今日のレイソルは大谷選手、レアンドロドミンゲス選手がケガで欠場。先発には谷口選手の名が!ちょっとびっくり。正直、茨田選手がくると思いました。

まあ、レイソルは守備的に入ってきた印象。そこをレナト選手と大久保選手がぶち抜いた1点目でした。今日はレイソルサポの知人と観戦したので、アウェイ寄りのSゾーンで観戦したのですが、まさに目の前で見ました。レナト選手のシュートっぽい早いクロスに完全にDF置き去りで走り込んだ大久保選手!すごかったです。

2点目。レイソルの右SBはレナト選手を止めろ、と言われてるんでしょう。(どのチームもそうでしょうが。)そうするとどうしてもああいうリスクがあります。レナト選手のPAへドリブル侵入!ファールでしか止められないときがあるんです!大久保選手がPKをギリギリ決めました。

失点のPKは何が起こったかわからなかったです。でも、明らかにノボリ選手のハンドだったそうですね。まあ仕方ない。

でも、レナト選手のスーパーシュート!横で見てた知人も「お見事!」と脱帽のシュートでした。

スタッツを見てもわかるとおり、決して圧倒した試合じゃない。FK・CKなんてもうヒヤヒヤでした。杉山選手のナイスセーブやゴールポストにも助けられました。

でも、スタッツで負けてても試合に勝てる、って大事だと思います。苦しくてもしっかり守り、そして勝つ。今までできなかったですもんね。それに、スタッツほど苦戦したとは思わなかったです。こんな試合、あまり印象にないです。

試合終了後、武蔵小杉で知人と祝勝会兼反省会。普段1人で観戦しますが、2人で観戦は楽しいですね。お互いのいいところ、改善点を話して盛り上がりました。そして、ナビスコ決勝での再戦を約束して、気持ちよく別れたのでした。
f:id:cleanfuture_big:20131006205636j:plain