読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピリピリと引き締まった好ゲーム(vsFマリノス)

f:id:cleanfuture_big:20131208112009j:plain
一夜明けましたが、まだ興奮してます。お互いどうしても勝ちたい試合で、お互いに高い集中力と勝利への執念を見せた好ゲームだったと思います。

マリノスのセットプレーは脅威でした。中村俊輔選手は世界レベルのプレースキックを蹴りますね。直接狙う時も、ゴール前に入れる時も、一番嫌なところにピンポイントで蹴ることができます。

また、斉藤学選手のドリブルにはフロンターレ守備陣はキリキリ舞いさせられました。わかっているけど止められない!見てて「来るよ!来るよ!来るってば!」と何度叫んだことでしょう。

最後はマリノス得意の(?)パワープレーの脅威にさらされ続けました。もう何時ヒヤヒヤしたことか…。

しかし、昨日のフロンターレは集中力を途切れることなく、ある時は出足鋭くピンチを潰し、ある時は体を張ってシュートを跳ね返し続けました。守備陣はもちろんのこと、全員が思いを一つにして戦った証明だと思います。

ジェシ選手は鬼神と化し、井川選手はボールを前へ運び、田中選手は斉藤学選手に食らいつき、ノボリ選手は削られながらも上下動を繰り返しました。稲本選手と山本選手は連携して最終ラインに入ったりピンチの芽を潰したり。憲剛選手、大島選手、レナト選手、大久保選手は積極的にプレスに行きマリノスDFは何度もGKへバックパスしてました。

ちょっと俊輔選手にフリーでボール持たせちゃったかな?でも俊輔選手は結構走ってたし、ポジションを左右前後に変えてたから捕まえづらかったですね。敵ながら本当にあっぱれ選手です。

攻撃もよかったです。まず先取点を取ったこと。この時点で勝たないといけない状況になっていたマリノスは、前がかりになりました。言いかえると、フロンターレよりも最初の一歩が早くなりました!フロンターレはセカンドボールを拾えなくなりました。

でも、ピンチもあったけど前述の通り守備で集中力を切らさなかった。そこから逆にカウンターをしかけて、マリノス守備陣を走らせることができました。

あの辺でもう1点取らないと!

最後はマリノスのパワープレーに対し、伊藤宏樹選手がパワープレー対応、守備がためで登場!決して「顔見せ」ではなかったことは、試合を見た方ならわかりましたよね!でも、宏樹選手のコメントでは「何もしてない」と不満な様子。でもね、他の選手やサポーターは見てわかりました。宏樹選手が入ったことで、確実に安定しました!

まだまだやれるじゃん!ヒロキ…

1-0で勝利し順位も3位。ACL出場権、いえいえ、アジアチャンピオンになる権利を手にしました。最終節まで我々サポーターを魅了するサッカーと展開をしてくれました。

一晩たっても興奮冷めやらぬ状態のため、よくわからない振り返りになってしまった…