読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精神的に未熟なチーム

フロンターレ
昨夜のナビスコカップ浦和戦。

0-2からの逆転には「精神的にタフになった」と考えることができました。でも、あの前半はとてもそうは思えない試合の入り方でした。

アウェイゴールを恐れたのか、浦和のプレッシャーの早さもあってか、慎重すぎる入り方でした。それはそれで、前半0-0でいければ問題なかったですが、前半終了間際に失点。

躍動感のないフロンターレ、足元に入るパスは浦和に取られまくり。いやもう、大丈夫か?と思いました。

結果的には逆転勝利ですが、果たして精神的にタフになったのか?いや、タフならもっと早くに何とかしたのでは?と思いました。

そしてそれは、フロンターレがまだまだ未熟であるがゆえに、まだまだ高みを目指せるという喜びも感じました。

まあ、それも勝ったから言えることで、負けてたらこういう言い方はしてないですね!